エスケヱプ・スピヰド 伍 (電撃文庫)

【エスケヱプ・スピヰド 伍】 九岡望/吟 電撃文庫

Amazon

最強の兵器“鬼虫”たちは、どのようにして集まり、人間から兵器になったのか―。過去の記憶が交錯する中、黒塚部隊に囚われた竜胆が蘇生する。その頃、“蜂”の修理が進む登坂研究所で、巴は中央の高官から呼び出しを受けていた。これを好機と取った巴は、内通者のあぶり出しにかかる。そしてついに、巴の前に烏帽子が姿を現すのだった。そんな帝都の異常に、九曜は研究所から出動、街で朧に襲われる叶葉たちを見つける。再び朧と戦闘に入る九曜だが、その最中、叶葉と鴇子が黒塚部隊の手に落ちてしまい―?最強の兵器“鬼虫”たちの神速アクション、緊迫のシリーズ第5弾!
うおおおっ、きたきたきた、来ましたぞーー! 凄い激燃えの展開きたーー!!
うむむむ、これは凄い。これまで散りばめられてきた要素が一気に収束、開花、発火して、濃密に加速し出したんじゃあるまいかい。実のところ、この巻の展開ってまさに「火蓋を切った」段階なんですよね。それでこれだけ燃え盛られると、今後どれだけ盛り上がるか想像もつかない、というくらいに期待しちゃうんだけれど、こんだけ期待アゲアゲして大丈夫か?
正直、これまで敵側である黒塚部隊って隊長の虎杖からしてちょっと役者不足というか、敵のボスとしてはいまいちスケールが小さい、というか思想面にしてもいまいち大物感がなかったんですよね。冷徹さや計算高さが逆に深みをなくしているような。実のところ、その印象はこの巻でも変わらず、評価はあんまり上がっていないのだけれど、その周辺が予想外に充実してきたんですよね。黒塚部隊の核となる人物に、朧と烏帽子という中核となる二人がかなりの大人物だったのです。組織の規模や浸透度も、思いの外巨大であり、ここに来てやっと「敵」としての威容と風格が水面上に浮かび上がってきたのでした。そうそう、やっぱり敵というのは強大でないとやっぱり盛り上がらないですよ。これまではどうしても、鬼虫のデッドコピー軍団の体裁しかなかったですからね。それが、鬼虫たちと真っ向から渡り合う実力と、巴をも陥れる奸計を駆使でき、中央にも十分浸透し、その上いくつかの鬼虫を乗っ取って使っているとなると、最強を誇る鬼虫たちに相対するにも十分でしょう。実際、九曜たちが一気に劣勢に追い込まれていくさまは、あまりに怒涛であり、迫力満点ですらありました。
その一気呵成を担ったのが、朧と烏帽子という二本柱。この二人の正体と人物がまた虎杖喰ってるように思えるくらい、圧倒的な存在感なんですよ。特に朧については、叶葉というヒロインを挟んで九曜の敵として振る舞うに相応しい人物でした。まさか、そう来るかー。
クワガタの二本の角で電磁投射砲はドリームですよね、ドリーム(笑
ただ、てっきり九曜が相対するのは敵の隊長である虎杖だと思ってたんですけれど、これだと対応するのはどうてみても朧なわけで……そうなると、どうやら虎杖と決着を着けるべきは竜胆の方なのか。蜻蛉の竜胆復活ですよ!! いや、正確にはちゃんと竜胆として復活しているわけではないのですが、どうやら鬼虫壱番式としての意識は失われて居ない模様で、彼が彼として戻ってきてくれるなら、これほど頼もしいことはないのだけれど、今のところはまだどうともならんからなあ。
彼のみならず、どうやら鬼虫たちは大半がこの調子だと戻ってこれそうな予感。黒塚部隊に在籍していると思しき二人の現状は、どうやら思っていた以上に悪いと同時に完全に思想面からあちらに味方しているようではない分、最悪ではない様子で。過去の回想を見ていると、九曜の思い出にあったようにみんな確かにいい奴らなんですよね。巴が彼らに一番こだわっているのにも納得。思いの外家族的な雰囲気があったんだなあ。納得というと、ようやく巴の背景が彼女の口から語られて、ようやく安心出来ました。どうも巴については、彼女こそホントのラスボスなんじゃないか、という怪しい動きが垣間見えていましたからね。でも、とにかく優先するのは鬼虫の仲間たち、という考えは嘘偽りなかったようで、その考えに則れば九曜たちが大事にしている人たちも蔑ろにする事はないでしょうし、そもそも鬼虫以外の人間はまるで相手にしていないなんてこともなく、普通に情の厚い女性のようで、叶葉たちにも良く接してくれてますしね。とりあえず、巴への不安は解消されたんじゃないかと……思ってたら、その巴がえらいことになってしまったのですが。少なくとも彼女に関してはここまで危機に陥ることはないだろうと、彼女の周到さを含めて信用していたので、ここまで酷いことになるとは予想もしていなかったので、動揺も激しいです。彼女こそ、コチラサイドの要であったのがよく分かる。いかん、このままだと幼女を卒業して妖精さんになりかねないぞ!

この巻は、復活というのがキーワードだそうだけれど、言われてみるとなるほど、あらゆるところに復活という要素が散りばめられている。しかし、その際たるものこそ、やはり1巻で失われていた九曜の相棒である「蜂」の復活でありましょう。覚醒した菘の機械整備の神がかりに端を発した、クライマックス、追い詰められリミットが迫った中での蜂の復活劇。これは、もう盛り上がりの最たるものだった。しかも、九曜の成長とともに1巻の頃とは桁違いにパワーアップしていましたし。
蜂無双、が痛快すぎた。
そして、そのパワーアップした蜂をして伍すのがやっとという最強の敵クワガタの真髄。叶葉をめぐって、という意味で男としても相対するべき敵との邂逅。まさに宿命の出会いでありますよ。

そして、激戦の跡に降り立った地で再会する氷の花、冬の少女。叶葉の独壇場と思われていたヒロイン戦線において、突如颯爽と出現したもう一人のヒロイン候補。鬼虫八番式<蜉蝣>無明の柊。さあ、もう一人のヒロイン、来よったぞっ!!
次回も、為す術無くやられてしまった菊丸の復仇戦を含め、鴇子の存在に関わる出会いといい、見どころは今から満載予想できるわけで、さあさあこっからブーストですよっ。

シリーズ感想