最弱無敗の神装機竜《バハムート》2  (GA文庫)

【最弱無敗の神装機竜《バハムート》 2】 明月千里/春日歩 GA文庫

Amazon

<黒き英雄>VS.<王国の覇者>

「あなたには私の恋人になって欲しいの。それが、私の依頼よ」
機竜使いの王立士官学園に、唯一の男子生徒として入学した、亡国の王子・ルクスは、
とある一件により、ユミル教国からの留学生・クルルシファーの「恋人」になることに!?
遺跡調査の任務が出される一方で、神装機竜《アジ・ダハーカ》を駆る四大貴族の実力者・バルゼリッドが、
クルルシファーの前に婚約者として現れ、波乱が幕を開ける。
お祭り騒ぎから始まった二人の契約と、動き出す世界。
謎を秘めた遺跡と少女を巡り、ルクスは『王国の覇者』と対峙する!
王道と覇道が交錯する、“最強"の学園ファンタジーバトル第2弾!
あれれ? クルル先輩の設定とかキャラクターって、普通これメインヒロイン・タイプじゃないかしら。ただの外国のお姫様ならまだしも、これだけ複雑な背景と過酷な境遇に、神装機竜の秘密に……ひいてはルクスの特殊な体質に関する秘密に直接関わってくるような関係性もあり、さらにはお互いの痛みを伴う過去を共有し合い、となると、これは普通なら思いっきりメインヒロインとしてルクスの傍らに寄り添うのが当然、みたいな立ち位置なんですが。リーシャさん、リーシャさん、ただでさえ貴女、博士枠で序列からいうといつも四、五番目くらいに辛うじて引っかかるくらいのポジでありながら、メインヒロインに座ったんだから、希少種として頑張らにゃぁ!
クルル先輩の積極性は、もはや凶暴と言っていいくらいのパワー・クールなので、生半可な対応じゃ完全に置いてけぼりにされてしまいますよ。ラストの攻め攻めは凄かったからなあ。不意打ちのキスは一回だけなら事故だけれど、ああいう有無をいわさず二回、三回とチュッチュと畳み掛けてくるような手合は、往々にして尋常じゃないやり手です。ってか、二回目以降は避けられなかった方が悪いに決まってるでしょうっw

しかし、思いの外早い段階でルクスが黒き英雄であることを、かなりあからさまにしてしまったんだけれど、いいんだろうか。身内だけならともかく、今回のケースだとかなりの不特定多数に知れてしまったようなんだが。一応、箝口令が敷かれたようだけれど、この手の情報が噂にならないはずもなく。黒き英雄については政治も絡むだけに、情報はしかるべき所に浸透することは間違いないでしょう。彼の正体は、ある意味新王国の王家の重要なカードでもあったはずで、今後ルクスのみならず、リーシャも難しい舵取りを強いられるんじゃなかろうか。
そもそも、この新王国、圧政を敷く旧帝国を打破して新体制を確立した、というわりに四大貴族に代表されるような旧帝国の権力構造がかなりの規模で残っているっぽいんですよね。新王家への集権化はあまりうまく行っていないようで、旧権力派はがっちり中枢に食い込んでおり、彼らの意見を新王家はかなりの注意をもって汲み取らないといけないような権力バランスになっている模様。
まあ、ルクスの兄がどういう働きをしたのか、とか政治勢力の詳しい状況はまだ記されていないので、予断は禁物なんですが、どうも旧帝国を滅ぼした戦いは革命というよりも、かなりの妥協の産物か、表看板を変えただけで貴族勢力が中央から権益をもぎ取った状態、と見たほうがいいのかもしれない。本来皇太女となるはずだったリーシャの従姉妹が内乱時に亡くなっている事も、新王国の王権が弱体化してしまった要因の一つなのかもね。だとすると、その女性の死にも色々と複雑な背景がありそうだ。
いずれにしても、クルスが黒き英雄として行おうとした革命は、現在の様子を見る限りとてもじゃないけれど、成し得たとは言えないのだろう。だとすると、彼が新王家と密接につながっていることも、理解が及ぶ部分である。
どちらにしても、ルクスが何と戦っているか、という構図はそろそろ明確にした方が全体像がスッキリしてくると思うんですよね。今のところだと、ルクスを裏切った兄の行方を探しているだけで、具体的に明確な行動にうってでているわけじゃないので、ちょっと全体にモヤが掛かったような印象があるので。逆に考えれば、それだけ今の段階では様々な要素を種付けしている段階で、それらが一斉に芽吹きだした時の盛り上がりは、なかなか想像するだけで楽しくなってくるのですが。
ともあれ、次回以降に期待ですね。

1巻感想