さまよう神姫の剣使徒 2 (富士見ファンタジア文庫)

【さまよう神姫の剣使徒(デュエリスト) 2】 すえばしけん/H2SO4 富士見ファンタジア文庫

Amazon

探索士・ユウキが拾ったのは、世界の守護者“六番目の神姫”ティナ(ただし、奇跡の力を失ったダメ神姫)。ひょんなことから、主(ユウキ)従(ティナ)契約を結んだふたりだが。ティナは「困った人を救うは神姫の使命!」と進んでトラブルを引き寄せ、ユウキはその後始末に奔走する毎日。しかし、ティナの存在が、他の五柱の神姫に知られることとなり―六番目の神姫が現れるとき、神姫・剣使徒たちの戦いが始まる。ティナに迫る“月の剣使徒”の凶刃を“かつての”月の剣使徒・ユウキの刃が受ける!―「迎えにきたぞ。ティナ」絆が織りなす“世界を護る”剣戟の迷宮ファンタジー!

うええ、ちょっとこれ、1巻で明かされた情報だけでも相当に酷い話だったのに、実際の所凄惨どころの話じゃないじゃないですか。かつての月戴く神姫の身に起こった事と言い、そもそも剣使徒がどのような人物から選ばれ召喚されるのかという事実と言い、どうも凄まじい悪意が世界の背景に見え隠れする。
そもそも、神姫同士を争わせて一番抜けた存在だけが女神に昇格出来る、というバトロワみたいなルールが存在するわりに、仮に神姫が死んでしまったら新しい神姫が誕生する事といい、そもそも神姫の性格が争いに向かず自ら敵意や悪意を以って他人を害する事が出来ない事といい、たった一組の勝者をつくり上げるシステムとしては随分と不備というか、穴がある……或いは歪な状況設定だなあ、と思っていたんですよね。
ティナやユウキの回想に出てくる神姫だけじゃ、そもそも神姫の性質が本当に争いを好まない存在なのかわからないので、このバトロワシステムが機能しない、とまでは全然思っていなかったのですけれど、作中でも触れられているのですが、実際神姫同士の争いに関してはかなり停滞しやすいものになっているようで。
だったら、そもそも神姫の性質をこんな争い事に向かないものにするな、という所なんですが、それを敢えてそう設定したところに、優しく他者を傷つけることに痛みを感じる娘たちにお互い傷つけ合わせようというシステムを作ったところに、悪意を感じるんですよね。しかも、状況が動かなくなった場合、無理やり停滞を破壊し破綻させるような仕掛けまで施して。先代月戴く神姫とユウキを見舞った災厄は、正直筆舌しがたいもので、彼女の心や尊厳を根こそぎ踏みにじり、ユウキが剣使徒として喚ばれた理由をそのままひっくり返して冒涜するような出来事でした。
こんな仕掛けを施しているような存在が、まともなはずないですよね。だからこそ、最後のユウキの決断はストンと腑に落ちるものでした。こいつは、ルールに則って勝利を目指すゲームなどではなく、根本的に土台からひっくり返し、悪意をもってほくそ笑んでいるモノの思惑に反逆すべき……そう、プレイヤー同士が争うのではなく、プレイヤーの立場からゲームマスターに喧嘩を売るべき展開なんだよなあ。

とはいえ、勿体無いのはわりと話を畳み掛けているところですか。微妙にストーリー進行をまいている気がするんですよね。なぜティナが神姫は五人しか生まれないなかで、無銘の第六の神姫として誕生したのか、という謎が見事に回答されたのは良かったんですが、星撒く神姫のエルフリーデや空支えうる神姫のキャラ見せがいささか慌ただしかったんですよね。特にエルフリーデなんか、事前の態度や言動と本来の素の性格のギャップがかなり面白いことになってて、このあたりじっくり攻めてたら相当に可愛いことになっていたかもしれないのに。空支えうる神姫も、登場から正体バレが相当急ぎなんですよ。彼女の素性については、引っ張ればかなり引っ張れたでしょうに。この段階で新たな神姫が出てくるとは思っていなかったこともあるんですが、それ以上に全く彼女がそうだとは気づいてなかったもんなあ。
カーヤなんかは、ジャハルとのうまく行っていなかった主従関係が、ちゃんと向き合って噛み合うまでの過程が良く描けていただけに尚更に。
今までティナしか登場していなかった神姫、幼い彼女と違って他の神姫はもっとちゃんと女神然とした戴かれ君臨するに相応しい人格の持ち主ばかりだと漠然と思い込んでいたのですが、カーヤと来たらティナにも増して弱キャラで、精神的にも考え方にしても未熟なくらいで、むしろティナの方が神姫としての風格と心意気を持っていたのが意外だったんですが、他の二人もあんなんだったとすると、神姫と言っても殆ど人間と変わらないんだなあ、というのがわかったのは良かったです。成長の余地があり、またどこまでも人と対等足り得る存在だったわけだ。だからこそ、こんな悪意に満ちた戦いの渦中に置かれるには、あまりに不憫で理不尽な存在たちでもあるわけで。
うん、改めてユウキの決断と、それに対する神姫たちの呼応には胸がすく思いでした。
この人の描く物語には、理不尽さや本来どうにもならない現実の重たさに対して、敢然と立ち向かおうという意志と、それを支えあう為の人と人との繋がりがきっちり描かれるのが、本当に好きなんですよね。
今回も、挫けかけていたカーヤの奮起や、ユウキが闇堕ちしかけた時のフランカの身を呈した気配りや、シュテファンのフォローなど、人間関係の機微を丁寧かつ絶妙に描いてるシーンが度々あって、何度もうんうんと頷くことになりました。
この人は、それだけじっくり書けば書くほどいいものを仕上げてきてくれる感のある作家さんなので、尚更にまきまきに捲いて話を畳まないで欲しいなあ、と願うばかりです。

1巻感想