人生 第6章 (ガガガ文庫)

【人生 第6章】 川岸殴魚/ななせめるち ガガガ文庫

Amazon

理、文、体、美。相談相手は何系女子?

「勇樹には聞こえないの? クリスマスに対する生徒たちの怒りの声が!」

12月初旬。第二新聞部の部室内で、いつものように赤松勇樹(あかまつ・ゆうき)に演説をぶつ、部長の二階堂彩香(にかいどう・あやか)。どうやら、宿敵の生徒会長・白河香織(しらかわ・かおり)が、今年も開催するリア充クリスマスパーティーが気にくわないらしい……。
お悩み相談コーナー一同もクリスマスパーティーを開き、対抗することに。

しかし、理系代表の遠藤梨乃(えんどう・りの)、文系代表の九条ふみ(くじょう・ふみ)、体育会系代表の鈴木いくみ(すずき・いくみ)、美術系代表の村上絵美(むらかみ・えみ)の四人が考えるクリスマスパーティーは相当にヘンなもので……。うん、餃子は食べないよな……。一同は、キングオブネガティブ・矢野くんの考える、非リアなクリスマスパーティーに乗っかることにしたが……。

社交、格差、赤点、正義、餃子のこと……。クリスマスパーティーは誰のもの? 祈☆祝祭・人生相談6回目!!
彩香と香織がまれに見る低レベルないがみ合いをしている脇で、梨乃と勇樹の甘酸っぱい恋模様が、見ていて微笑ましい限り。良い恋を、していますね。
別に告白なんかしていないのだけれど、お互いに相手への好意が溢れちゃってて、傍目にも好きあってるのが一目瞭然なんですよね。あんまり柄じゃないくせに、勇樹に喜んで欲しくて普段と違う自分を見せようと努力するところなんて、可愛くて仕方ない。サンタコスを誰が着るかについて、果たして梨乃があれだけ頑張って自己主張するなんて誰が想像できただろう。好きな人の視線を気にする女の子が、可愛くないはずなんてないのですよ。もう照れ照れの二人の様子は、素晴らしいです。眼福です。こういう可愛らしいカップルに、爆発しろとかは思わんですねえ。見てるだけでこっちまで幸せな気分になりますし。
だから、いくみは空気読め!! 超空気読め!! おまっ、この二人がどれだけ勇気出してデートの約束したと思ってるんだ。邪魔してやるなよぉw
しかし、いくみは回を重ねるごとに頭悪くなるなあ……いや、最初からこのくらいだったか。果たして、どうやって高校に合格したのかわからないレベルだぞ。というか、もはや日常生活に支障をきたすレベルで頭悪そうなんですが。心配なんですが。真剣に、進級出来ないんじゃないか? 授業もまともに聞いてなさそうだし。

今回は全体的にリズムも小気味よく、小さなネタも結構キレてて読んでいて楽しかったです。まあ、何よりも初々しいカップルの甘酸っぱさが一番のごちそうでしたが。あれ? こんな作品だったっけw ちょっとアニメの方も楽しみですよ。

シリーズ感想