ストライプ・ザ・パンツァー (MF文庫J)

【ストライプ・ザ・パンツァー】 為三/キムラダイスケ MF文庫J

Amazon

姫川響子は交通事故で瀕死の状態になったところを、心優しい宇宙生命体のストライプに寄生されることで助けられる。心に直接話しかけてくるストライプに、響子は二週間前に家出した兄の礼二を探していたことを明かす。実は記憶喪失だというストライプと共に、響子は二人で互いの“探しもの"を見つけることを約束するのだった。そんなとき、響子の学校で大量のパンツ消失事件が起こった! 響子はストライプと協力し、パンツ泥棒の宇宙人を追うことになるのだが――!?
審査会騒然のハートフル・ピュアコメディ、堂々優秀賞を受賞して登場!
なるほど。
よくネタを練り上げられたコントか漫才を観覧したような印象でした。人格を持つパンツ型宇宙人が主人公、という馬鹿げたシチュエーションを、ふざけずひたすら真面目に描くことで、明らかに変な状況を当人たちはシリアスな顔をして受け入れている、という所謂シリアスな笑いを導くように、丹念にネタを織り上げているんですね。お陰で、まともな子の方が、「あれ?これって私のほうがオカシイの?」と良識を揺るがされ、いい具合に狂った状況に鳴らされいつの間にか疑問を感じなくなっていく。
いや、明らかに頭がおかしい状況だから。意志を持つ男性人格のパンツを履いてるのが平気になっていく時点で、響子も相当おかしくなっているのがよく分かる。

うん、でも巧いよ、これは。パンツが主人公だったら、というアホな状況をこれだけ妥協せず真剣にシミュレートして、茶化さずに真面目に巫山戯倒すのはなかなか根性と技巧がい名言の数々は、思いついても物語上に俎上出来るものではない。これを、巧いことストーリー進行に合わせて、此処ぞという場面場面で放り込んでくるのだから、お見事という他ない。
ストーリー自体も、おおよそ見当がついていたとはいえ、紆余曲折を経て真相が明らかになっていく謎の隠された、自分の失われた記憶の奥に秘められた真実を追い求めていくお話にもなっていて、結構読むに応がある作品でした。少なくとも、パンツなんかが主人公だから、と適当だったりノリだけで転がしたりするような物語ではなく、本当に真面目にストーリーを構築していたのは、好感が持てました。普通に面白かったです。

ただ……そう、この作品は巧くはあっても、それ以上ではないんですよね。あまりに馬鹿馬鹿しいテーマを用いている事に目を引かれますけれど、その実体は非常に良識に則って、良識を踏まえた上でそれを外す技巧に長けている、という方式に思えるんですよ。あくまで、マトモさの範疇に根ざした作品だと感じました。

つまり、狂気が感じられない。

あ、こいつ本気で頭がおかしい!! という狂人を感じさせるぶっ飛んだ、イカレた、ネジが抜けた、常人が決して触れられない逸脱した危うさ、がまず見受けられなかったのです。いや、それが悪いというわけでは全然ないんですけどね。ネタの練り具合、使い方と言い職人芸に近い技巧を感じさせるほどの秀作だったのですから。
漫才なんかでも、天才の尖ったそれよりも技術の巧みさを好む人も沢山いるでしょうし。まあ、そういう好みのお話。
ちなみに、絵師のキムラさんの方はこれ、尖ってるタイプの方だと思われw