魔法少女育成計画 limited (後) (このライトノベルがすごい! 文庫)

【魔法少女育成計画 limited (後)】 遠藤浅蜊/マルイノ このライトノベルがすごい! 文庫

Amazon

追う者と追われる者。狩る者と狩られる者。結界で限定された空間を舞台に、魔法少女達の命を賭けた“追いかけっこ”が繰り広げられる。次々と倒れていく魔法少女達。刻々と近づくタイムリミット。状況は常に変化し続け、三つの陣営の思惑は入り乱れる。敵味方の立場さえも激しく入れ替わる血みどろの戦いの果てに、最後まで生き残るのは、そして目的を遂げるのは誰なのか?話題のマジカルサスペンスバトル、第三幕の完結編!
やっぱり、前半は嵐の前の静けさでした。
考えてみると、前2幕と比べて今回は「ゲーム」ではない分、「死」が前提として準備されている環境ではありません。最初のバトルロワイヤルにしても、二回目のデスゲームにしても、ゲームマスターが居てそのGMが用意し強要してくる「死」という脱落をどうやって回避するか、という状況でした。ところが、今回はゲームではないのでGMが(一応)居らず、参加者全員が状況をコントロール出来ないまま渦中にあり、さらに「死」が目標ではなくあくまで結果に過ぎない以上、生存したままこの状況をくぐり抜ける手段や可能性は幾らでもあったわけです。
つまり、どれだけ陰惨で血生臭く悪意に塗れていても、今回の状況は限りなく普通のバトルものに近しい設定でした。前半の死者ゼロという展開は、第三勢力の乱入という要素がまだなく、状況が定まっていなかったとはいえ、死んでいくことが前提の状況ではなかった、というのが大きいと思われます。
だからこそ、ちょっと迂闊にも心に油断を持ってしまっていたんですね。普通のバトルものだと、どれだけバタバタと死人が出たとしても、大切な人を喪ってその遺志を継いだり、辛酸を嘗め外道を目の当たりにしたことで心を改め強い決意を秘めるようになった、などといった生存フラグを立てたキャラは最後まで生き残るものなのだと、思い込んでいたのでした。この作品が、悪名高い【魔法少女育成計画】であることをつい忘れてしまって……。
この三幕、通常のバトルものの枠組みに則って話を進めておきながら、最後にまとめて生存フラグなぎ払いやがった!!
お陰で、魔法少女の死に対するショックは、先の2幕よりもかなりグサリ、と深く突き刺さった気がする。第一幕の、まだ魔法少女の死に様に慣れていなかった頃のショックにかなり近いものを喰らってしまった。もう生き残るだろう、と安心していた所に死角からクラッシュ、だったからなあ。
しかも、今回の一件、ゲームマスターは存在しないものだと思い込んでたら……居たよ、居やがったよ。ある意味、これまでで最も練達の指し手だったかもしれない。彼女、これをゲームにせずにあくまで目的を達するための作業に徹していたからなあ。ちょっと前二幕までのGMとは役者が違ったんじゃなかろうか。立ち位置からして全然違うのだけれど。彼女にあるのは、悪意でも享楽でもなく、善意ですら無く、純然たる理性と秩序と公正さ、なんですよね。ライトスタッフ、とすら言っていいかもしれない。恐るべきは、自身駒としてゲームに放り込まれた経験がありながら、他者を駒として消費し、必要に応じて抹消することを厭わない冷徹さか。
これで、ちゃんと情のある人でもあるので、ちゃんと「身内」の保護については注意していた、と思いたいけれど、さてどこまで手が届いていたものか。実際、ちゃんと生き残っているのを見る限りは……どうなんだろう。
そして、あの人物の生存は彼女の唯一の瑕疵であり、あとあと致命的な事になりかねない最悪の見逃しであったんじゃないかと危惧せざるを得ない。

そして、ラストの展開は喜ぶべきなのか、戦慄するべきなのか。かなり複雑な心境になってしまった。まだ、道が途切れず続いている、というのはきっと喜ぶべきで、実際道が途切れたと思った時にはかなり凹んでいたので、良かったと言えばよかったんだけれど、思いっきりルート変更しちゃったからなあ。
それでも、まだ可能性が続いていると思えば。助けて、スノーホワイト!!

シリーズ感想