放課後四重奏 3 (GA文庫)

【放課後四重奏 3】 高木幸一/ぜろきち GA文庫

Amazon

……恋って、いいね……。

「だけど必ず、いつか、誰かだけが特別になる。……その人しか、見えなくなる……」

草ヶ部の告白から数週間後、SL会と峰は西京路に旅行に来ていた。
にぎやかに西京路観光を楽しむ灰堂、菜花、草ヶ部、空上、峰だったが、
時折、灰堂をめぐり、火花を散らす状況が増えていく。
そんな中、うつむいている、ひとりの少女のことが、灰堂は気にかかっていた……。

そして、灰堂は忘れていた過去の記憶をも思い出す。
「……俺の昔のあだ名が、あーくんなんだよ」

人間嫌いだった灰堂は、SL会による出会いで、何を学び、何を選ぶのか!?
青春ラブコメ四重奏第3弾!
恋って、いいもんだなあ。
ライトノベルにも名作・傑作と呼んで過言ではない青春ラブストーリーは幾作も生まれていますが、この【放課後四重奏】もそんな青春恋愛小説の傑作に見事に名を連ねた、と言ってもいいんじゃないでしょうか。素晴らしかった。恋、という事象がどれほど素敵なものなのか。この五人の男女の一生懸命精一杯の恋模様を見ていると、思わず読んでいるこっちまで胸がいっぱいになってしまうほどでした。なんて、瑞々しい恋なんだろう。
ラブストーリー、恋物語というと良く炎や熱に例えられますけれど、本作はそうした熱量よりもむしろ水を連想させる恋模様でした。弾けそうな気持ちの瑞々しさ、心の器を越えて溢れ出しそうな決壊寸前の想い、止めどもなく踊り続け抑えられない好きという気持ち。これらは炎に例えるよりも、常に形を変え動き続ける流体のようで、手で救い上げても指の隙間からこぼれ落ちていってしまうような儘ならなさ、泥々と停滞しない胸の透くような清涼さは、読んでいてピチピチと弾けそうな瑞々しさを強く感じさせるものでした。
内に想いを溜め込んで燻らせてしまうのではなく、素直に思いの丈をぶつけることを恐れない少女たちの勇気、それを真正面から受け止めて誠実に向き合う灰堂の愚直さがひたすら爽やかであったのも、大きな要因だったのでしょう。好き、という気持ちに突き動かされ、精一杯目一杯にぶつかっていく彼女たちの姿は、恋という感情の勢いの凄さを、キラキラと煌く眩しさをこれでもかというくらいに突きつけてきます。好き、という気持ちに身も心も埋め尽くされることがどれだけ幸せなことなのか、その恋が叶うか否かを抜きにして、ただ恋をしているという今こそが、幸せの極地だったのでしょう。もちろん、恋が叶う事こそ最高だったのでしょうけれど、そうでなくても恋をしていられる、という事こそが幸せそのものなのだと、彼女たちを見ていると思うことが出来ました。
良く、好きな人と一緒に居られるわけで幸せ、なんて文句を聞きますけれど、その本当の実感をこれを読んで分かった気がします。建前じゃないんですよね、一緒に居られるだけで幸せって。何もしてない無くても、何も喋っていなくても、黙ったまま何もしなくて同じ場所にいるだけでも、幸せでいられる気持ちこそ、恋。いや、究極的には一緒にすら居られなくても。ただ、想えて居られればそれだけでも……。そんな風に思えるくらい、彼女たちの恋は、瑞々しく弾けて輝いていました。
灰堂が誰を好きになったか、誰を好きだったかは、彼の言動を見ていると自ずと理解できてしまって、薄々この旅先で他の三人も気づいていたんでしょう。だけれど、彼女たちは全力でした。諦めずなりふり構わず、全力でぶつかっていきました。カッコ良かったなあ、惚れ惚れしたなあ。あれだけ、全力で気持ちをぶつけられる機会が、果たして人生にどれだけあるでしょう。草ヶ部も空上も峰も、とても素晴らしくて良い恋をしていました。そして、その恋は敗れてもいささかもくすまず曇らず乾くこと無く、瑞々しいまま彼女たちの中でなおも育まれています。頑張れ、頑張れ女の子たち。いつまでもその恋を胸に踊らせ、全力で幸せに在れ。
最高で最幸の、青春恋愛ストーリーでした。ビバビバ♪

1巻 2巻感想