はたらく魔王さま! (10) (電撃文庫)

【はたらく魔王さま! 10】 和ヶ原聡司/029 電撃文庫

Amazon

恵美と芦屋を連れ戻すためエンテ・イスラへやってきた魔王と鈴乃は、アルバートと合流し、皇都蒼天蓋に近づいていた。しかしアシエスとうまく融合できなくなった魔王は、鈴乃から戦力外通告されてしまう。仕方なく千穂へのお土産を物色していると、アシエスに異変が起こる。同じイェソドの欠片であるアラス・ラムスに危機が迫っているのではと考えた魔王は、地球から持ち込んだスクーター「機動デュラハン参號」を爆走させ、力を行使できないことを知りながらも、恵美たちのもとへ向かうのだった!緊迫のエンテ・イスラ編。悪魔と勇者、そして天使と人間の戦いの行方は!?
パラリラパラリラ〜♪
いやあ正直、ここまで行き詰まった段階からどうするんだ、と危惧していましたけれど裏から表から皆がそれぞれの立ち位置から事態を打開するために動いたことで一気に停滞が吹き飛びましたね。天使とオルバが見誤ったのは、新生魔王軍の絆の深さだったのでしょう。まあ、まさか彼らも魔王たちがあれだけバラバラにバラけた状態から一致団結して同じ方向に向かって協力するとは思っていなかったんだろうなあ。利害が一致しているから協力し合っている、というレベルでは成し遂げられない事でしたし、まさか人間と悪魔がこれほど密接に繋がっているとは、傍からしか状況を見ていなかったオルバや天使では思いもよらぬ事だったのでしょう。
今回に関しては謀略に絡め取られていたエミリアとアルシエルサイドからも積極的に動かなければどうにもならなかったでしょうし、鈴乃に至っては世界中駆けずり回っての大活躍。一番のMVPは彼女で間違いないよなあ。一方で魔王は何をしていたかというと……スクーターで武装してパラリラパラリラ〜、である。なにやってんだ、こいつわ(笑
いやしかし、これで彼の登場こそが溜めに溜め込んだ堰を切る為の一番肝心な要なんだから、彼こそが皆にとっても一番重要、というのは間違いないのでしょう。エミリアなんか、今回で完全にデレたっぽいもんなあ。あそこまで精神的に縋るとは。あの瞬間、人質になっていた父親との思い出も、新たに得た日本での平和な生活も、その両方を放り捨てても構わない、という気持ちにまで感情を高ぶらせたのは無視できない心の動きですよ。特に、日本での生活すらも諦められる、というのは父親の畑のように過去の郷愁に根ざすところではありませんからね。彼女はもう自分が完全に勇者として在れなくなった、と自答していましたけれど、それ以上に女っ気の萌芽が出てしまったんじゃないでしょうか、これ。
そして、エミリア以上に大暴れしてしまったのが鈴乃。元々暗部とはいえ権力サイドの人間だけあって、握った権限の使い方に躊躇がない。訂教審議会筆頭審問官と新生魔王軍大元帥の立場を両方自在に使い分けて、あっちこっちの跳ねっ返りを叩いて回る暴れっぷり。ほぼ現状、大法神教会の首根っこを掴んだ上で、勇者の仲間として世界的にも名声を得て、さらには新生魔王軍大元帥としてアルシエルに並んで魔王軍にも睨みをきかせる形となり、と今現状において世界でもっとも権威と権力を握ってるのって、この日本では家事手伝いの娘さんなんじゃないだろうか。本物の天使を公式に異端指定してしまったことで、大法神教会の宗教としての在り方を根本からひっくり返してしまったんですよね、これ。日本に来たことで改められた彼女個人の宗教観が、まんま公式のものとして大法神教会に反映されそうな勢いで、これって単に大法神教会の権力を掌握したという以上にえらいことになりそうだ。

ともあれ、これで公の形で人間と悪魔が真っ当な交渉を持ち、停戦に合意がなされた、ということで交渉の余地無く潰し合う形しかなかった人間と悪魔の交流に、これで本当に新しい道が提示されたわけです。
真奥の戯言に近かった新生魔王軍が、なんやかんやで本当の意味で稼働し始めてしまった、ということでもあり、悪魔サイドも日本で暮らしている三人以外の魔界在住組でも、新生魔王軍体制がこれで機能し始めてしまいましたしね。リヴィクォッコあたりなんぞ、鈴乃の下についてもおかしくない感じでしたし。
そういえば、アルシエルがなんかえらい人に見込まれてたなあ。あれって、重要な伏線になるんだろうか。

さて、天使のさらに上位に存在する「ナニカ」とデウス・エクス・マキナというにはドギツすぎる大家さんの登場によって、事態は混沌を迎えつつも一先ず沈静化。停戦がなり、鈴乃とエメラダの暗躍でエンテ・イスラの混乱も一応の決着がつき、一行はなんとか日本への帰途につくことが成ったわけですけれど……迎えてくれたちーちゃんは、なにか厄介な真実を知ってしまったようで、胸に重たいものを抱えてしまった様子でやや心配。ってか、それも彼女の明晰さがなければ突けない「真実」だったみたいだから、新生魔王軍筆頭大元帥としての試練ですね、これは!
一方で一番ショックだったのは、やはりエミリアのテレアポの仕事がクビになってしまったことでしょう。そりゃ、無断欠勤続けてたら仕方ないけどさ!! 生活レベルからしても、あの割のいいお仕事を喪ってしまうのは痛すぎる。もう、あのマンションぐらしも続けていけないんじゃないか。となると、彼女もアパートに越してこないといけなくなってしまうのでは。みんな一緒に暮らすのは悪くないけれど、あのマンション暮らしからあのボロ屋に都落ちは辛いぞぉw
しばらくは、恵美さんの求職三昧と生活苦がテーマになるのか。可哀想に。
鈴乃みたいに、エンテ・イスラの資産を持ち込むとかいうずるはダメなんだろうかw

シリーズ感想