現代日本にやってきたセガの女神にありがちなこと (電撃文庫)

【現代日本にやってきたセガの女神にありがちなこと】 師走トオル/KEI 電撃文庫

Amazon

東京は羽田にある穴守稲荷神社。ある日そこの跡取り息子である菅原勇雄のもとに、見知らぬ少女がやってくる。一見普通に見えるゲーム好きなその少女は、実は八百万の神の一柱。ドリームキャストの神様だった!夢実と名乗るその女神様は、勇雄の家に居候をして現代日本のゲーム事情について調べるのだという。それからというもの、勇雄のもとには様々なセガ歴代ハードの女神様が訪れることになるのであった。「ニコニコ連載小説」「電撃文庫MAGAZINE」に掲載された短編に書き下ろしを加えた、セガ公認のハードなガールズ・ストーリー!
セガ神さま、みんな沸点低すぎ!!
いやあ、ドリームキャスト持ってましたよ、ドリームキャスト。ドリキャス!! 別にセガファンということは全然なかったんですが、何のソフトを目的にドリキャス買ったんだったかなあ。ちと忘れてしまったのですけれど、あの当時はまだドリキャスも決してプレステに劣る趨勢ではなかったのでした。極々一般的なゲームユーザーだった自分が手を出すくらいでしたし。
しかし、ここがピークだったのも確かなんだよなあ。
というわけで、セガ神さまの降臨であらせられる! バーチャファイターを友達の家でやった時には本気で感動したものです。いや、自分ゲーセンは殆ど全くと言っていいほど行かない輩でしたので、コンシューマ専門だったのですが、それでもあのこれまでの格闘ゲームとは隔絶していたポリゴンは驚いたし感動したんだよなあ。
まさにセガここにあり、の時代でした。とまれ、そのセガマシンのツッコミどころについては、さっぱり知らなかったんですけどね。
まったく、セガ神さまたちはみんなメンタル弱すぎ!! 普通にハードの歴史を語っているだけでナチュラルに祟り神と化していくセガ神さまたち。いや、それ全部史実だから、紛れも無い事実だから。事実を指摘されていくだけで流れ作業的に祟り神化してしまうあんたたちの来歴そのものがネタみたいなもんだから!
わざとやってるのか、と思うほどのネタまみれのセガの歴史は、しかしそれだけセガという会社の在りようそのものを愛する信者をわんさと産んでいく事になるんですよね。セガがハード事業から撤退してもう長く経つのに、未だに語り継がれ笑いのネタにされ続ける、というのも愛され続けている証拠なのでしょう。何より、セガネタ一本でこうして本が出てしまうくらいなんだから折り紙付きです。
いわば自虐ネタになってしまうんでしょうけれど、セガ女神さまたちのセガ語りは読んでてもお腹を抱えて笑ってしまうものばかりで、いやあ楽しかったです。主人公の妹ちゃんの知識が明らかに偏ってるというか、十歳か二十歳ほど鯖読んでるだろうお前、というくらい変な所に精通していて、こんな幼女が居たら怖いよ!!
個人的にはドリキャス女神さまよりも、セガサターン女神さまのほうが色々と微妙で好きです。キャラ的に。

しかし、このイラストのキャラのテカリっぷりは、てっきり女神様たちがポリゴン的なデザインで現世に降臨しているからこんなにテカってるのかと思ったら、特にそういうのは関係なく絵柄としてテカってるのですね。人形めいていて正直キモいんだけど(苦笑

これだけぶちこんでまだネタがあるのか、と次巻以降も予定がある事に驚いてたら、あとがき読んでびっくり。ええ、作者の人、元々関係者だったの? それはそれは、ひたすらゲームをプレイするシリーズを手がけてたのにも納得。そして、自虐ネタもイキイキと弾んでるはずだわw


師走トオル作品感想