俺、ツインテールになります。5 (ガガガ文庫)

【俺、ツインテールになります。5】 水沢夢/春日歩 ガガガ文庫

Amazon

ツインテール部の夏合宿! 異世界の戦い!

待ちに待った夏休み!しかし、ツインテイルズの戦いに休息はない……と思っていたら、アルティメギルもまさかの夏休み宣言!? せっかくなのでこの機会に旅行をかねての強化合宿を行うことになったツインテール部。行き先は――異世界!
ちょうどその頃、首領から裏切り者エレメリアンの抹殺の命を受けたダークグラスパーは、 配下である戦闘部隊<貴の三葉>を追っ手として差し向け、自身もまた異世界へと旅立つ。そして、小型戦艦スタートゥアールに乗り込み異世界へと出発した総二たちツインテイルズだったが、トラブルに見舞われ、目的地とは違う未知の異世界へと放り出されてしまう。そこで総二が出会ったのは、異世界のツインテール戦士だった……。
僕らのツインテイルズが、今度は異世界を舞台に大暴れ! 孤独な戦いを続ける異世界のツインテール戦士とは?
そして、ポニーテール属性を持つ反逆のエレメリアンの正体とは!?
敵味方入り乱れ、かつてない戦いが始まる!
これって、ノリ的は劇場版ぽいなあ。
そもそも、このシリーズって戦隊物とかヒーローものというよりも、プリキュアタイプなんですよねえ。いや、あまりにも隅から隅まで余すところなく変態と変人しかいないものだから認識障害が働いていたけれど、今回はじめて女性形エレメリアンたちが出てきて、彼女たちと戦うことになって、そういえばツインテールズって性別で言うなら一応女に分類されるんだった、と思い出した次第で。もっとも、女だからプリキュアというわけじゃないんですけど。
前回、女性化して非常のツインテールだけではなく、日常におけるツインテールをも体感し習得した総二は、もはやツインテールについては隙の一欠片も存在しなくなったようで、ツインテールに関してはさらに一皮むけて鋭敏に、繊細に、行き届いた感性を手に入れたようだ。書いていて意味不明だが、そうとしか言い様がないのだから仕方がない。
しかし、ことツインテールに関しては愛香だって引けはとってないんですよね。そのツインテールは与える愛のツインテール。彼女のツインテールは、並み居るツインテールを極めし者たちが軒並み絶賛して惜しまない絶品なんですよね。総二は愛するが故にツインテールになってしまったツインテールだけれど、愛香は言わばツインテールそのもの、と言ってイイくらい不可分になってるんじゃないだろうか。
まったく、これで蛮族でなければ。まあ、蛮族系ヒロインという未曾有の存在だからこその、この恐ろしいまでの存在感なんですけどね!! ついには双眸を光らせながら口から怪光線を吐く段に至ってしまって、もう言い訳不能でただの大怪獣じゃないかっ、死ぬほど笑ったわ!! イメージ映像じゃなく、ガチでこんな地獄の光景を現出させてしまうヒロインとは一体w
そりゃ、アルティメギルという敵組織全体が、テイルブルーに対して恐怖症どころかPTSDを発症するのも仕方ないわ。今回に至っては、異世界の人たちにまでトラウマを絨毯爆撃してしまっていましたし。
でも、でも今回は可愛かったよ、ちゃんとヒロインしてましたよ、愛香さん。いやね、痴女な黄色やもうどうしようもない狂人である白と比べると、どれだけ蛮族であっても愛香が元々一番ヒロインしてたんですけれどね。
にしても、あれだけ血みどろの戦いを繰り広げていたトゥアールと、微妙にガチで友情をかわしつつあるこのイカレた現実はなんなんでしょうw トゥアールに対して本気でデレても、誰得だよ、とか思うんだけれど、トゥアールも愛香のガチの裾を摘むようなデレに対して茶化すでも悪乗りするでもなく、こちらも本気で照れたり戸惑ったりしている姿にはちょっと安心しました。心の底まで腐ってはいなかったのか、こいつw
敵の乙女エレメリアンとの戦いの果てに結ばれた刹那の友情といい、今回は愛香さんの見せ場多かったです。

さて、今回の見所の一つはついにツインテールと双璧をなすポニーテール属性のエレメリアンの登場だったわけですけれど……こいつ、微妙にサラリーマンレッドみたいな鬱陶しさだな。
まだ顔見せ、という段階であんまりいいところのなかったポニテだけれど、どうやらアルティメギルを裏切り反逆に打って出た背景にもいろいろあるようですし、何より最初にテイルレッドの正体に気づいた感性といい、アルティメギルの怪人たちの限界だった部分を突破した可能性を見せてくれましたし、これから本格的にメインに飛び込んできそう。それにしても、ツインテール信者である総二がポニテについてどう考えているかは気になっていた部分だったのですが、そうか、むやみに敵視せずにちゃんと敬意を持って捉えているあたりに、総二のツインテールへの愛情が狂信ではないことが実感できたり。頭はおかしいけれど、心根はいつだってまっすぐで熱い。それが、主人公の総二のみならず、アルティメギルの面々を含めた総じた在りようだからこそ、これだけ変態揃いの変態的な内容にも関わらず、さっぱりと清々しく、気持ちのよい熱さを感じられる理由なんだろうなあ。

で、巨大ロボはいつ稼働するんですか? あれって絶対ネタ振りだよなあw

シリーズ感想