非モテの呪いで俺の彼女が大変なことに (このライトノベルがすごい! 文庫)

【非モテの呪いで俺の彼女が大変なことに】 藤瀬雅輝/荻pote このライトノベルがすごい!文庫

Amazon

「俺は那須谷繭香が好きだ!」
ある日の授業中、唐突に自分の恋心を自覚した宮岡貫平は、さっそく告白を決意する。なぜか告白を邪魔しようとする担任の月影先生を謎の“コウカンゴジョカイ”のメンバーたちの協力のもと振り切って、晴れて繭香と恋人同士となった貫平。バラ色の学園生活が広がると思っていた矢先、学園に伝わる「非モテの呪い」の試練が襲ってきた…。呪いに負けずに最後まで彼女を愛し抜けるのか!?
第4回『このライトノベルがすごい!』大賞・優秀賞受賞作!

うわぁ、これは主人公尊敬するわ。なんという性格イケメン。学園に伝わる呪いによって、カノジョになったばかりの相手の女の子が、計4回にわたって筆舌しがたい有り様になってしまうのですけれど、この貫平と来たら一切ブレずにこの繭香という娘への恋心を失わないのである。いや、スゴイわ。普通に考えて、これは多少とも恋心にゆらぎを生じさせそうなものなのに、事態そのもの、繭香を見舞った呪いに対しては動揺を露わにするものの、恋心に関してはホント、不動なんですよね。これで全く動揺せず受け入れてしまうのならこれほど感心はしないのですけれど、普通に度肝を抜かれて慌てふためいているんですよね、彼。彼女に対する一途さは、ほんとに尊敬に値する。これは、繭香さんもさらに惚れるわー。見放されても仕方ない状態になりながらも、こんなに一心に想いを寄せられたら、女性としてたまらんですよね。この繭香もまた凄くイイ娘で、そんな二人が健気に一途に必死になって呪いをはねのけようと頑張る姿は、素直に見ていて応援したくなる素晴らしいカップルでした。リア充爆発しろじゃないよ、この素敵なカップルの邪魔する奴こそ爆発しろ!!
特に、2番目の呪いはちょっとどころじゃない決意がないと耐えられないですよ。なんか、変な方向に目覚めかけてた気もしないでもないですけれど、可愛くさえあれば性別なんて関係ないよね!!を地で行くとは思わなかったぜ。
個人的には、三番目の呪いはもう解けなくても良かったんじゃないかとすら思ったり。いやあ、普段の毒のない綺麗な繭香もいい子で可愛いけれど、あの性格改変された繭香は、あれはあれで可愛すぎるでしょう。同類属性のキャラの中でも、あの可愛さはなかなか見られないレベルですよ?

三十年前から続いている学園の呪い。実際に呪われたまま、という実例があるのはかなり厳しい設定ですよね。ただ、呪いはカップルが破綻すると解かれるという話なので、呪われたままというのはそのカップルが別れる事無く続いた、という事でもあるわけです。月影先生の旦那さんは、正直スゴイと思う。だって、この先生が学生時代に呪われたお陰で元の姿や性格からどれだけ変わってしまったかを思うと、これを愛し続けたというのは猛者も猛者ですよ。旦那さんは登場しなかったけれど、尊敬するわー。

呪いを解くため協力してくれる先生や友人たちも、ほんとにいい人達ばかりで、その援護に答えてひたむきにお互いへの想いを貫こうと頑張る貫平と繭香のカップルは、見ていて微笑ましく甘酸っぱくなるような素敵な恋人ぶりで、これほど心から声援を送りたくなる相思相愛のカップルはなかなかいないですよ。まさに、本年度のラノベ業界見渡しても、指折りのベストカップル、と呼ぶに相応しい二人でありました。
最高に素敵なハートフル・青春ラブコメでした、ご馳走様。