オレのリベンジがヒロインを全員倒す! (スーパーダッシュ文庫)

【オレのリベンジがヒロインを全員倒す!】 八薙玉造/雛咲 スーパーダッシュ文庫

Amazon

物理法則を超える力、オリジン。伊原迅は地球上に存在する全てのオリジンを操る万能にして最強の“星”のオリジンの使い手だった。“流星事件”の夜、迅は地球を救ったが、直後、仲間だったはずの少女たちに裏切られ、“星”の力を奪われた。二年後、迅は力を持たないただの高校生になっていたが、諦めてはいなかった。裏切りの少女たちに復讐し、“星”の力を取り戻すため、迅は手段を選ばず、エロい手も辞さず、最強無比のヒロインたちに迫る!全てのヒロインを倒すバトルアクション!
さ、さすが落ちぶれて身を持ち崩してクズになってしまったダメ人間を描かせたら天下一品だぜ、八薙先生!!
全然褒めてない気もするけれど、もうねえ、この人ダメ人間書かせると素晴らしく輝くんですよね。想えばデビュー作のエミリーもあれ、相当に落ちぶれて堕落しきってたもんなあ。現在も続いているもう一つのシリーズの【獅子は働かず 聖女は赤く】の主人公なんか、幼女に働かせて自分はニート決め込んでる怠惰の極みだったし。その最低っぷりが、どのキャラもホントキラキラと煌くように腐ってるんですよね、あんなイキイキと全力で腐ってるクズはいないぜ、って勢いで。
本作の伊原迅も、それはもう拍手喝采で讃えたいくらいの惨めな落ちぶれっぷりで、もう未練がましさが見っともないわ目も覆わんばかりの有り様だわ、性根のネジ曲がり方の清々しいこと。かつての英雄が狡っ辛い卑怯な手蔓と、浅ましい欲得と、口から出任せの虚言を駆使して、ほの暗い復讐心を満たして悦に浸る小悪党っぷりが、もう素晴らしく輝いてるのであります。腐りっぷりがキラキラ輝いてる、というのは変な表現だけっれど、迅くんの場合はもうそうとしか言いようがないもんなあ。これだけ腐りきってるのに、見ていて微笑ましいというか愛嬌があるというか、あまりにチョロい小悪党すぎてついつい応援したくなってしまうほどである。
彼にくっついている幼なじみの神那がまた、迅の外道働きの制止役になってるのか煽り役になってるのかわからない、かなり訳の分からないキャラで……、てか煽ってるよね、これ煽ってるよねw 実はこいつが黒幕なんじゃ、と思えてくるくらい無邪気にはしゃいでおります、この娘。

で、肝心の裏切り者への復讐劇なのですが、かなりシリアスに進行するのかと思ったら、変に深刻にならずに思いっきりコメディ進行で突き進むのですね。小悪党に落ちぶれた迅に成り代わって、新たに正義の味方な主人公役は風のオリジンの持ち主である樹が務めて、迅と真っ向から敵対していく流れなのかと思ったら、全然予想外の方向にキャラが突き進んでいってしまって……待て新主人公、おまえ神那と同類の煽り役になってるぞ! あかん、この子はこの子で立ち位置が面白すぎる。真面目で正義感の塊である主人公枠は変わってないはずなのに、アホの子であることが明らかになった途端、その主人公キャラのまま迅の外道働きを全力で後押しする煽り役にハマっちゃってるんですが。一緒になってサラさん弄りまくってるんですがw 子分か!
クールで感情を見せない鉄面皮の従者キャラとして登場したはずのサラさんからして、途中から凄まじい勢いでキャラが崩壊してしまってるし。カラー口絵とか登場時と全然キャラ変わっちゃってるんですけど!! 
……ニャンニャン(爆笑

あかん、すっとぼけた掛け合いが面白すぎる。
迅くんもほんと性根腐りきってしまっているのですけれど、彼の復讐はある意味正当ですし、オリジンを失った彼は卑怯極まりない外道な手練手管で復讐相手に挑んでいくんですけれど、ほんとやり口ゲスなんですけれど、いい感じにノリノリなので嫌悪感とかは感じなくて、いいぞもっとやれ!! という感じで思わず声援を送ってしまうノリに……。だって、周りの連中だって煽ってるしw
本当に越えてはいけない一線はこえてませんですしね。小悪党には成り下がってますけれど、ちゃんと良心とか自分を省みる視点とか他人への思いやりとかは失ってませんし。単に落ちぶれて腐って歪んでしまっただけなんですよぅ。ダメじゃん。
まあ、エロ方面については軽くこえちゃってる気がしますが。若干アウトです。こいつ、自重しねえ。やるな、基本ヘタレっぽいくせに、エロに関しては益荒男だったぜ、尊敬。
まだまだ裏切り者に対する制裁は半分が済んだばかり。残る二人に対する復讐劇がいかなる目を覆わんばかりのついつい指の隙間からガン見したくなるような酷い惨劇になってしまうか、期待が募るばかりです。
いい具合のバカ小説でした、グッジョブ!(笑