魔法の子 (富士見ファンタジア文庫)

【魔法の子】 入江君人/NOCO 富士見ファンタジア文庫

Amazon

七十年前突如発現した人類の新しい力、魔法。ときを同じくして、のちに“特殊災害指定生物”と名付けられる化け物達が現れ始めた―。魔法を疎む相馬アキラは召喚領域の復活が認められ、防衛型教育都市“時島”へ連行されてしまう。そこで妹の凛と五年ぶりの再会を果たし、自身の世話係となる桜田ノアと出会う。しかし魔法の復活を祝福するノアと衝突し、決闘することに…。そんな中、巨大な災害が島に近づいてきて―!?魔法の力がもたらすのは繁栄か、災いか?少年少女の想いが交差する、現代ダークファンタジー!!
作者の作風や、このシンプルかつ牧歌的なタイトルからもっと観念的なお話か、童話風の物語になるのかと思ったら、思いの外昨今風味の異能学園モノでした。いや、むしろ入江さんがこういうの書くと新鮮だなあ。
そもそも、この人は【神さまのいない日曜日】というシリーズしか手がけていなくて、本作が初めての別シリーズになるのだから、新鮮なのは当たり前なのかもしれないですが。
でもやっぱし、読み応えはそこらの類型とは違うんだなあ、これが。話の筋立て自体はそれほど突飛でも抜けているわけでもないのだけれど、いっそ無造作なくらいに情に訴えかけてくる筆致は威力抜群です。個人的にはノアとの交流の密度とクライマックスの信頼関係の醸成の度合いのバランスが取れていなくて、やや性急さが垣間見えた気がしましたし、あのちょっとくせのある先生の描写や久方ぶりに再会した妹とのぶつかり合いも足りてなかったように思うので、全体的に巻きが入っていた感がちと勿体無くて、もっとじっくりと味わい舐りたかったのですが、それはシリーズ進めていく上で巻き返して欲しいところかな。
しかし、あのシーンは良かった。アキラが約束通り謝ろうとして、しかしノアがそれを保留したシーン。いくら二人の交流の量も密度も足りていないと感じたとはいえ、ある意味この時の交感だけで十分結実しているとも言えるんですよね。あれだけすれ違って、誤解もあって、事情も背景も知らないままでお互いの在り方に反発と許せなさを抱いて対立していながら、マイナスのところから一番大事な部分で歩み寄れたんですから。お互いの事情や考え方さえちゃんと腹を割って話し合えば、そりゃあ打ち解けますし心も開けますし絆も生まれるでしょう。理解が及び、お互いを許すことも叶うかもしれません。事実、叶いましたし。でも、それ以前にノアがアキラの正しさを歪ませずに尊重し、アキラがちゃんとそれを分かって心から感謝の念を抱いたからこそ、二人の関係は特別なものへと辿り着き、またアキラがノアという少女の正しさを歪ませないようにブレることなく意思を貫き、彼女の本心に手を届かせることが出来たのでしょう。
そうした、理屈に基づく手順で築き上げる人間関係とはまた別の、核心に無造作に踏み込んで物語そのものの芯となるようなものを掴みとっていくあたりは、何だかんだとこの人らしい書き方だなあ、と思わずニヤニヤしてしまいました。やっぱ、この人のお話って好きだわ。今回は【神さまのいない日曜日】よりも分かりやすくボーイ・ミーツ・ガールしていますし、凛みたいな兄に頭を挙げさせない妹キャラは大好物なので、読みやすさもあってか余計に美味しかったです、ご馳走様でした。
タイトルはちょいと地味すぎて、短いのはいいんですけれどガガガ文庫で最近見るような短く端的なタイトルのと比べても、どうも華がなくてどうなんだろうと思うのは思うんですけれど、内容を読んでしまうとこの【魔法の子】という言葉にはかなり意味が込められていて、作品そのものの主題とも言えますし、これぞという感もあり、うむむむ、これは譲れんか。
いずれにしても、続きもこれは大いに期待、です。

入江君人作品感想