棺姫のチャイカVIII (富士見ファンタジア文庫)

【棺姫のチャイカ 8】 榊一郎/なまにくATK 富士見ファンタジア文庫

Amazon

禁断皇帝アルトゥール・ガズを討ち滅ぼした『八英雄』のひとり―シュテファン・ハルトゲン公王。彼が統べるハルトゲン公国で開催される武闘大会の賞品は、なんと『皇帝の遺体』そのものであるという。しかも公王の傍らには、双子のようにそっくりな二人の“黒き”チャイカが付き従っていた―。優勝して『遺体』を手に入れるために、大会への参加を企図するトールたちは、それぞれ同じ目的で集った紅チャイカとダウィード、そしてジレット隊のヴィヴィとニコライと、因業深き再会を果たす。三者三様の想いと、仄暗き策謀が渦巻く武闘大会の“戦場”で、命を賭した争闘の幕が切って落とされた!
なるほど、少なくとも禁断皇帝が死ぬ以前から「チャイカ」が存在したのは事実なのか。もっとも、その皇女が真実の意味でガズの娘なのか、それとも前巻で明らかになった「チャイカ」と同じモノなのかは定かではないのだが。
そう言えば、ガズ皇帝が討たれる場面が描かれたのはこれが初めてになるのか。これを見る限りでは、少なくとも八英雄の方に純粋にガスを討伐する以外の裏の意図を持って動いていた輩は居ないように見えるけれど、あくまでシュテファンの視点からだから窺い知れない部分もあるかもしれないし、暗躍していた者もいるかもしれない。結局はわからないわけか。
何にせよ、前回のヴィヴィの「変容」に端を発して明らかになったチャイカの真実には度肝を抜かれたもんなあ。いや、チャイカの真実はそこまで驚かなかったけれど、仰天させられたのはそこにヴィヴィが入ってたということで。まさか、彼女がここまで重要キャラになるとは思ってなかったですし。さらには、彼女サイドからトールにチャイカの真相の情報がここまで早く流れるとはなあ。
まあ腐らせる情報でもないか。早めにトールに流して、彼を悩ませる材料として活かしてこそ、先の展開が生きるわけですしね。少なくとも、これまでのようにトールはチャイカの願いを叶えるため、という風には動けないはず。彼女のため、という理由は揺れなくても、サバターとしての範疇を超えた判断、或いは決断が必要とされ、主のチャイカの命令ではない、彼自身の意思が重要となってくるでしょうから。となると、この時期に純然たる
乱破師であるトールたちの先達であるシンを登場させ、トールやアカリに乱破師たるべきの何たるかを問う状況をスムーズに持ってくるあたりは、さすがベテラン作家という滑らかさ。
しかし、主人公サイドはいいんですけれど、赤チャイカがやっぱり思いっきりフラグ立てまくってるのは胃に差し込むなあ。白チャイカと違ってちょっとツッパっている性格といい、一応敵対している立場であるけれどついつい一生懸命懐いちゃうあたり、ほんと可愛いんですよね。ダウィードじゃないけれど、つい生暖かい目で見守ってしまいたくなる。白チャイカとは違う庇護欲を掻き立てるキャラなんですが……明らかに作品上の立ち位置が不穏を通り越してアウトの所にいるんですよね。魅力的になればなるほど、いざというときのダメージが計り知れないことになりそうで、今からダウナーw
できればフラグちゃんと折って欲しいんだけれどなあ。

シリーズ感想