魔弾の王と戦姫〈ヴァナディース〉8 (MF文庫J)

【魔弾の王と戦姫〈ヴァナディース〉8】 川口士/よし☆ヲ MF文庫J

Amazon

トルバラン率いる海賊の残党によるレグニーツァ襲撃を受け、双剣の戦姫サーシャは病身を押して決死の出陣をする。普段は敵対するエリザヴェータとの共同作戦の下、消えゆく命の灯火を燃やしながら壮絶な戦いを繰り広げるサーシャの美しい姿は、見るものにある“伝説上の生物”を連想させた。一方、ティグル行方不明の報を受けて傷心を引きずるエレンは、サーシャの危機に駆けつけようと戦地へと急ぐが―。そして、静かに暗躍するヴァレンティナの企み。海賊の残党が潜んでいた海岸でエリザヴェータが出会った“ある男”とは…?時代を揺り動かす大きな波に呼応するように、新たなる伝説が生まれていく!大人気最強戦姫ファンタジー第8弾!
戦姫サーシャ、最後の戦い!!
登場当初から死病に冒されていたサーシャ、死亡フラグというにはあまりに頑強で塔のようにそそり立ったその死へのカウントダウンは、だからこそ逆死亡フラグになるんじゃないかと、仄かな期待を抱き続けていたのですが、彼女の目前の死に対する静謐にして凄絶な覚悟は、そんな甘い期待の届かないものでした。生きたいと願いながらも死から逃げず立ち向かい、最後まで戦い続けたその姿は荘厳ですらあり、心震わせる雄姿でもありました。それだけに、子供を産んでみたかった、という願いがあまりにも切ない。
この時代の海戦は、いや海上戦はこの時代に限らないんですけれど、逃げ場のない船上ということもあって、敵も味方も死にまくる殲滅戦になるんですよね。帆船の海戦もえげつないですけれど、今回のガレー船同士の壮絶な潰し合いも凄まじかった。本格的な戦記モノとなると、こうした海戦も手を抜いていないというか、よっぽど力入れて書かれていたのが伝わってくる迫力満点、或いは血みどろの戦いでした。作品通じても、屈指の一戦かも。
その最後を飾る、死戦に立つが故に余人の及ばぬ高みへと至ったサーシャの、トルバランとの決戦。これまで戦姫の並外れた戦いっぷりには見慣れていたつもりですけれど、今回のサーシャは格が違ったようにすら思います。武器の格ではなく、彼女自身の純粋な業が神懸かりの域にまで達していたのでは、と。それは、死の瀬戸際に立ったからこその、蝋燭の炎が燃え尽きる最後の輝きだったとしても。

そんな彼女の最後の戦いを共に戦った戦友が、彼女の最期の戦いを目の当たりにしたのが、エレンではなくエリザヴェータであったというのは、サーシャやエレンではなく、エリザにとってここは大きな意味を持って欲しいものです。
エリザもねえ、この娘は前から色々と不器用な娘だとは思ってたんですけれど、こうして本格的にその性格や戦姫としての努め方、周りの環境なんかを見る機会を得てしまうと、凄く同情心が湧いてくる。生真面目なんですよね、エリザって。義務や責任を必要以上に背負ってしまうタイプみたいで、先代から受け継いだものをそのまま活かそうとして、自分の色を出せないまま四苦八苦している様子が、ちょっとかわいそうになるくらい。そこは、戦姫としてもっと自分の思うとおりにしたらいいだろう、と思ったりもするのだけれど、生真面目な分自分に対しても凄く厳しい見方をしていて、自分の方に理が薄いと感じるとどうしても強く押せない、つまりワガママを言えない、という窮屈な性格で。
そんな彼女が唯一ワガママとして身近に置こうとした記憶喪失の男に、ついつい拘って縋ってしまう姿にもついつい情が湧いてしまうのです。
死んだと思って、諦めてはいないけれど覚悟はしていた相手が目の前に現れた、というエレンたちの気持ちも痛いほど分かるんですけれどね。
しかし、記憶もないまま堅物で余裕のないお嬢を一発で魅了してしまうティグル御大は、さすがです。不在になることで、決定的にエレンに対しても意識を変えさせてしまうあたりも。エレン、ティグルが生死不明になるまでは、無意識にはどうかわかりませんけれど、少なくとも意識に浮上するまでティグルを男として認識はしていなかったと思うんですけれど、一度死んだと思わせたことで果たしてどこまで存在の楔を打ち込んでしまったのか。
ともあれ、エリザがかわいそうなのは、そうやってはじめてのワガママでティグルを帰すまいとすると、自動的に戦姫の過半数を超える四人の戦姫とブリューヌ王国を敵に回して熱狂的に袋叩きに遭いかねないところなんですよね。なんという無理ゲーw
これまでずっと我慢して我慢して堪えて耐えてきて、そうしてようやく初めてワガママ言って一人の男を身近に取り立てようとしたら、その一回で破滅コース一直線直滑降とか、可哀想すぎじゃありませんかw
許してあげてぇ。

どう拗れて、どうほぐれるかわかりませんけれど、これでエリザが報われなかったらちょっと悲し過ぎます。さすがに味方サイドに加わってくれると思いますけれど。
しかし、サーシャが亡くなってしまったことで、戦姫全員がティグルの元に集う、という展開はやはり望まれないようで、ヴァレンティナも自動的に完全敵サイドということか。今回の暗躍っぷりなんぞ、黒幕としては凄まじいと言っていいくらいの手練手管だもんなあ。あの政敵二人に対する接し方なんぞ、本気で間を取り持とうとしたのか、と思ってしまったくらいに表向きには仲介役として完璧ななさりようでしたし。
まさか、あそこからこんな拗れることになるなんて。両者とも並み以上の好漢だっただけに、悪辣さが半端ない。問題は、国王陛下がどこまで関わってるか、なんだよなあ。まったく無関係ともとれるし、最初から謀っていたとも可能性としては考えうるし。どちらにせよ、この国王の考えや目的が見えてこないことには何もわからない。エレンの見方はどうやら一方的すぎて参考にならないようですし。

シリーズ感想