甘城ブリリアントパーク3 (富士見ファンタジア文庫)

【甘城ブリリアントパーク 3】 賀東招二/なかじまゆか 富士見ファンタジア文庫

Amazon

高校生なのに遊園地の支配人代行・可児江西也は悩んでいた。当面の資金難からは脱したものの、集客を伸ばさなければ待っているのはゆるやかな廃園だけ。しょぼいと評判のパークを立て直すにはゲストが夢中になる新要素が必要だ!!そう夢と音楽が詰まったド派手でブリリアントなミュージカルショーが!!「消火班!消火班!どこ行ってるぴー!?消火班―!」…リハーサルをすればボヤ騒ぎ、新入りキャストへの執拗な可愛がりによる人材不足、さらには出席日数不足に伴う支配人代行留年危機問題など、トラブルが次から次へと頻発!やっぱりダメダメな「甘ブリ」を西也は三度救うことができるか!?
中の人が居ないのって、別段秘密でもなかったんだっけ? そりゃ遊園地で働くスタッフ(キャスト)には教えておいた方がいいんだろうけれど、あっさり教えるんだなあ。ネット上に情報ポロポロこぼれていきそうなもんだけれど。まあ情報漏れの問題は中の人が居ない事じゃなくて、キグルミ連中が夢も希望もない薄汚れたおっさん的なキャラクターだという所なんじゃなかろうか。外で結構問題も起こしてるみたいだし。ティラミーのクズっぷりは、もうこの時点で処刑レベルでしょう。死なせ。
これは、実はモッフルたちが人間化したら渋かっこいいイケメン親父だった、というのは全然関係ないよね。というか、着ぐるみ連中の下品さが売りだったのに、ろくでもない言動をしているのが実はイケメン、というのは……いや、ブサイクなオッサンというのもそれはそれでものすごく嫌やけどさw
ミュースがはしゃいでるのはキャラ的にもわかるんだけれど、いすずがあんなに興味津々で齧り付いていたのは正直意外だった。情動が少なそうに見えて、彼女わりと揺らぎやすいんですよね。
それは、西也の身代わりでみんなが順繰りに高校に通うお話でも如実に現れていて、西也にラブレターが送られたと勘違いした時、恋愛トラブルに巻き込まれた時、そしてラティファと西也が打ち解けているのを見た時、それぞれ顔に出ない部分でいすずって動揺しまくってる上に、そうした感情と思考を切り離そうとしてバタバタしているのです。考えまいと必死にグルグル考えこんでいるんですな。この手の娘は、一歩一歩が非常にゆっくりだけれど、踏みしめた足が沈み込む深度がやたらめったら深いんで、一線を越えた時の激しさはパないのです。賀東さんって、ドタバタ大騒ぎさせるわりにこの手の思考が迷走しがちな重たい女をねっとり書くのが好きというか上手いというか。フルメタのかなめもテッサもネガティブ方向がやたら重たい女だったもんなあ。それだけ情が深いとも言えるんだけれど。

さて、新たに雇われた三人娘、前巻では登場と同時にフェードアウトしてしまって、なんぞ!? という感じだったのだけれど、この巻でようやくそのうちの一人、椎菜にスポットがあたるわけですが、これって内向的で自信の持てない引っ込み思案の娘が、モッフルにシバかれながらも頑張って成長する、というお話になるんだろうけれど、単に心がスレてしまった、という身も蓋もない話になるキワキワスレスレですよねw いや、モッフルはあれで悪くない指導員なんだろうけど。個人的には、ああいうスパルタ系は簡単に心が折れるので勘弁ですが。その意味では、椎菜が簡単にポッキリ折れてしまいながらも内気さから逃げるに逃げられずにのたうちまわっている内に段々慣れてくる、というのは嫌な生々しさがあって苦笑い。逃げ出すにも何気に勇気は居るものです。それでも、最後には自分でやっぱり頑張ろうと思えるだけでも、この娘は偉いんですけどね。

今回は短篇集ということで、切羽詰まった事案はなく、おおむね日常編といった感じでしたけれど、変に長編で煽るよりもこっちのタイプの方が安心して読めるなあ。というか、西也がメインじゃない方が落ち着いているべきか。この男、主人公としては難しいタイプな気がする。
ともあれ、年間動員300万人という非常識な目標設定を強制されて、どうやったって無理という状況が彼には迫られているわけで、さてちゃんとスカッとした痛快な展開になるのか、はたまたドロドロのダーティーで後味の悪い結果になるのか、どちらにも転びかねないので、ある意味ドキドキの次回である。

1巻 2巻感想