リーガル・ファンタジー 1 勇者弾劾裁判 (ファミ通文庫)

【リーガル・ファンタジー 1.勇者弾劾裁判】 羽田遼亮/三弥カズトモ ファミ通文庫

Amazon

世界を救った勇者が訴えられた!?

勇者の功績により聖魔戦争が終結して三百年。
正義の弁護士を目指す少女フィオナは名門法律事務所の門を叩くも、守銭奴である所長への反感から、事務所を鞍替えすることに。だが、法廷デビュー戦で対するはかつての師スミオ・マリアヘル、その人だった!
彼女は敗れ、結局はスミオの元でこき使われることに。そんなある日、事務所に持ち込まれた依頼は――アノ勇者の弁護!?
駆け出し弁護士と最強の『法廷の魔女』が挑む裁判ファンタジー、ここに開廷!!
ライトノベルで法廷ものというと、思い出されるのは今は亡き富士見ミステリー文庫から出ていた【タクティカル・ジャッジメント】が浮かんでくる。書いてた師走さんは、今も現役バリバリですけれど。
でも、他にあるかというと全然思い浮かばないんですよね。法廷ものというのはそれだけ珍しいものらしい。とはいえ、決してニーズが少ないジャンルだとは思わないんですけれどね。でも、見応えのある裁判モノとなると、やはりそれだけ書き込むには法知識や法廷戦術の盛り上げ方、真相を紐解いていくミステリー要素など様々な要素が必要なだけに難しいんだろうなあ。
それだけに、本作も裁判モノという看板だけで、実際の裁判はお為ごかし程度で結局バトルに走って普通のファンタジーものになるんじゃないかと眇めて見てたんですが、これがどうしてどうして、徹頭徹尾ちゃんと裁判を軸に据えて人間の複雑な情念を描き出すドラマになってるじゃないですか。もちろん、本格的な裁判モノとして見るには突き詰め方が足りていないのは確かなんですが、それでも通常の裁判を行うプロセスはきっちり守っていて、いきなり裁判所内で戦いだしたり、意味不明なルールの逸脱をし出して裁判がメチャクチャになったりという理不尽な展開は一切なく、あくまでファンタジーなのは世界観が異世界風(DQっぽい?)なだけ、前提としてこれは法廷という場を通して描かれる人間ドラマ、という点を貫いていたので、腰を据えてじっくり読む事が出来ました。いやあ、意外とファンタジーというのに溺れてそっちにかまけてしまわず、料理なら料理、医療なら医療、これの場合は裁判なら裁判、と主題を蔑ろにせず敢然と描こうとする作品って案外希少だったりするので、未成熟なりともちゃんと描こうとしている作品を見るとなんだか嬉しくなってきてしまいます。
一方で、ファンタジー世界が舞台、という点もまた決して蔑ろにしてはおらず、今回の事案は「勇者」という特異な存在がもたらしている理不尽が問題となっていて、これはやっぱり現実世界では起こりえないこのファンタジーな世界特有の問題なんですよね、このあたりの勇者の取り扱いについてはネタも含めて面白いなあ、と思う所。それにしても、この勇者が悪気はないにしろ、いや悪気がないからこそクズもいいところで、現実に悲惨な出来事が多々起きているのを鑑みると、早急に理不尽な目にあってる子孫への救済措置を、というか勇者に対しての損害賠償請求とか慰謝料請求とか、不妊処置とか、勇者に纏わる法の全面改正とか、色々やることあるんじゃないだろうか。まあ、一番手っ取り早い方法として、今回の一件が持ち上がってしまったんだろうけれど。同情の余地が全然ないもんなあ、勇者。
で、肝心の裁判シーンなんですが、スミオの答弁はあくまで詭弁の領域で、そこにぐうの音も出ないほどの説得力とか、反論を封じてしまうような一発逆転の威力とかは、やっぱり足りなかった気がするんですよね。対する検察側も最初から言いがかりが発端なので、そこまで説得力を持ち出せなかったので、スミオが押しきれていましたけれど。論点がずれていったり、証人を求めて駆けずり回ったり、というあたりはそれらしくてよかったんですけれど。
ただ、一番あれ?と思ったのは、フィオナってそんな素振りありましたっけか。彼女の父親についてはすぐに気づきましたし、話の流れと収束していく方向からして途中から「んん?」と違和感は感じていたんですが、それにしてはフィオナの態度にそれらしいところがなかったんで、首を傾げていたんですが。フィオナが主体となって描かれてるシーンで描かれている彼女の心情と、実際に裏で動いていたときの彼女の心情が噛み合ってない気がするんですよね。ウガの面倒を見ていた時とか、ねえ。度々、過去の回想なども介して思い煩っているらしい場面はありましたけれど、むしろ負の方向に引っ張られまい、としているようでしたし。主人公が犯人でした、という感じのパターンは全然ありだと思うんだけれど、描かれていた内面描写と実際の本心がだいぶ違ったように思えたのは、読み終わった時にちと腑に落ちない感じでしたね。
他にも全体的に拙い部分、ちぐはぐで読んでても混乱したり躓いたりするような部分が散見されて、そのあたりは慣れていない感じが見受けられてしまったのですけれど、これはまあ新人作品としては常あることですからね、そこまで気になるものではありませんでした。それよりも、まず根幹として裁判ものをちゃんと描く、という軸さえブレさせず、そのまま掘り下げて深みを得ていけば、その分だけ読み応えのある面白い作品になりそうな土台を大いに感じさせてくれるお話でした。熱っぽい正義感の持ち主でめげないタフさ、横暴な雇い主にもへこたれずに毎度口答えして反抗する負けん気の強さを持ち、しかし心の奥底にやさぐれた負の感情、暗い呪詛めいた想いを秘めている。フィオナの主人公としてのキャラクターの複雑さは、良かったですよ。彼女に対して色んな想いを向けているスミオとの仲の進展も含めて、続きも期待したいと思います。