マグダラで眠れ (5) (電撃文庫)

【マグダラで眠れ 5】 支倉凍砂/鍋島テツヒロ 電撃文庫

Amazon

炎を吐く竜を使い、カザンの町から脱出した騎士団とクースラたち。港町ニールベルクで各地から逃れてきた騎士団と合流し、起死回生を図ることになる。しかし、ニールベルクにはある問題があった。神の祝福を授ける教会の鐘楼が無いのだ。製造が上手くいかず、作る度壊れてしまうのだと言う。そんな中クースラは、フェネシスの一族の手掛かりを得る。新たな発見に高揚するクースラだが、騎士団から呼び出され、鐘を作るよう命じられてしまう。鐘の製造の失敗、それは即ち、“破滅”を意味していた―。眠らない錬金術師の本格ファンタジー、神に見放された町を舞台にした第5弾!
やはり前回で、一人で生きるよりもたとえ死ぬかもしれなくても二人で居る事を選んだことで、クースラとフェネシスの「二人で生きる」という在り方がより顕著になった5巻でした。ほんとうの意味で相棒になった、と言う事なんでしょうネ。クースラの考え方の前提条件が最初の頃とまるで違っているのです。何をするにしても、まず自分とフェネシスが一緒に在る事を大前提として物事を考えるようになってきていて、同時にフェネシスの扱いも対等に近い扱いに変わっているのです。勿論、彼女の無知な部分や危ういところ、ダメな部分については前と同じく躾けていってる感じなんですけれど、彼女の考え方や発想、自分には理解が及ばない行動についても、非常に信頼を置いているのが随所に見て取れるのです。もう自分と対等の、自分の身を預けることも出来る相棒として認めている言動が常に見えるようになってきた。
それに呼応するように、フェネシスも自分の言動に対して自信を持つようになってきて、面白いというか可愛いことに彼女の場合、その自信が過信になるのではなく、よりひたむきに努力を重ねるようになるのと同時に、クースラに対してうまく甘える事が出来るように繋がってるのです。クースラの反応を怯えながら伺うのではなく、純粋に楽しみ、擽ったがるように噛みしめるようになってきた。
結果として、出来上がるのはイチャラブカップルである……激甘である。
フェネスシを自分の膝の上に座らせて、一緒に読書とか……どれだけやねん!!

ただ、クースラの場合はフェネシスという守るものが出来てしまった分、姿勢に守りが入ってしまい、それが余計に事態を悪化させてしまう、というこれまでの彼ならばまず選ばないだろう悪手を選んでしまうんですね。危険を回避して慎重に立ちまわったところ、逆に進退の効かないところに追い込まれてしまうという形で。
奇跡は、起こらないからこそ持て囃されるものであり、一度現実に起こしてしまえば、それはもはや消費されていく代物に成り果てる。
結局、クースラは自分たちが作り上げた奇跡のあまりに上手く行ってしまったことに調子に乗っていたのだろう。というよりも、自分とフェネシスが二人で生きて行く事に対して、すべての物事が祝福してくれたかのようにうまく回り出したことに、浮かれていたというべきか。
しかし、浮かれたしっぺ返しは順当に彼らを見舞い、しかし彼らが築き上げたものはすべては空虚な代物ではなく、確かに積み上げられ、祝われたものがあったのだという事実も浮かび上がってくる。
冷徹に自分たちを道具として消費し、使い捨てるだろう立場であり人物であったはずの騎士団の上司アイルゼンが、損得勘定とは別の好意をクースラとフェネシスに示してくれたことなど、その最たるものだろう。彼のよううな人間の好意なんて、それこそ神の奇跡に近しいものに見える。
そして何より、守られる存在だったはずのフェネシスこそが、窮地に陥ったクースラを支え、さらに二人で生きる道を拓いてみせた事でしょう。彼女は、クースラの相棒としての自分への信頼に見事応え、さらに二人の間に芽生えているものが、愛情というものなのだということを、この錬金術士に認可させたのです。ほんと、大した女ですよ、このお嬢さんは。イイ女になったなあ。

さすがに最後の詐術は色々と言い訳がきかないものになってしまっただけに、今度は街を離れて旅の空、となりそうだけれど、イリーネとウェランドはどうするんだろう。

シリーズ感想