剣刻の銀乙女6 (一迅社文庫)

【剣刻の銀乙女(ユングフラウ)6】 手島史詞/八坂ミナト 一迅社文庫

Amazon

ヒースたちのもとへと帰還したエステルは、新たな魔王となるとともに、最初の皇禍、初代魔王の記憶を継承していた。エステルが語るエストレリャとプレギエーラの建国にまつわる悲劇、皇禍と罪禍の誕生の謎、魔神を倒した十二人の騎士たちと聖女、そして聖剣伝説の真実とは。これは、時代をさかのぼること千年前、槍の達人プルガトリオ、北方からの旅人サクヤ、呪われた少女マーリン、聖女イリア。すべての始まりとなる四人の出会いと別れの物語。苛烈を究めた剣刻争奪ファンタジー、すべての謎が明らかとなるシリーズ第六弾がついに登場!
一千年前の真実と悲劇。千年前に剣刻誕生の当事者となった人たちが、今のヒースやエステルたちに生まれ変わった、という証拠はどこにもないんだけれど、いざ過去の悲劇と悲恋を思うとかつて叶わなかった恋が、千年後に改めて成就しようとしているという風にも見たくなるもの。それこそ、千年前のサクヤやマーリンの夢なのかもしれないけれど、そういう運命ならあってもいいじゃない。
ただ、女性陣が大幅に逞しくなりすぎているような気がしないでもないけれどw マーリンさんは、もっと薄幸の美少女という感じでしたよ? それが、ルチルみたいな随分とクレバーなお姫様になっちゃって。サクヤの方もアグレッシブではあったけれど、エステルはそれにもまして傍若無人になってるし。イリアだけですよ、シルヴィアという全力全壊で弄られ系に成り果ててるのは……w
しかし、剣刻という聖剣伝説に基づく存在はクラウンによってねじ曲げられ、今回の呪われた事件を起こしてしまったように捉えていたけれど、千年前の発端を見る限り、そもそもからして濃厚な呪詛の産物みたいなものだったんだなあ。最初から、聖剣の使い手を贄として喰らう仕組みになっていたようだし。血統一族まるごとを呪って皇禍なんていう存在に変貌させてしまった上に、罪禍という完全な化け物として扱っていた存在だって、その正体が明らかになってみれば、これも呪詛の賜物みたいなもんだし。
つまるところ、ほぼ何もかもが魔神を発端にしているわけか。千年前から続く悲劇を総決算してここに精算するには、やはり魔神を綺麗さっぱりぶち倒して、エステルとルチルがハーレムを完成させてこそ、なんだけれど……改めてみても、これってヒースのハーレムじゃなくて、エステルとルチルのハーレムだよねえ。ヒースの意見は端から考慮されてなくて、完全に二人の管理に基づいちゃってるしw ここまで男に主導権のないハーレムも珍しい。ってか、ほとんどこれ添え物扱いなんじゃないのか、という疑いすら浮かんでくる(笑

決意を新たにして千年前の人たちの思いを受け継ぎ、この救いのない呪いの連環を打ち壊そうとするエステルやルチルを、千年前の一部始終を、あの人達の人生そのものを実際その目で見守っていた黒い竜はどんな思いで見つめてるんだろう。あのラストシーンは、なんだかジーンと来てしまったなあ。

シリーズ感想