引きこもりたちに俺の青春が翻弄されている2 (一迅社文庫)

【引きこもりたちに俺の青春が翻弄されている 2】 棺悠介/のん 一迅社文庫

Amazon

強く美しかった幼馴染・紫羽と再会し、重度の引きこもりに変わり果てていた彼女を救い出した春哉。顧問・犬養先生の下『引きこもり対策部』として本格的に活動を開始した彼らだが、部員のひとりで中二病をこじらせた少女、ハリエット・ミューカスこと田中和美には、人には決して見せない素顔があって…!?引きこもり学園ラブコメ、待望の第2弾!!

あれ? 四人目の新入部員こと<紅の魔女>塔崎先輩は、ほんとに登場しただけで後回しにしちゃったよ? うん、まあ確かに順繰りに一人のひきこもり問題を解決したら次のキャラが現れて、みたいなベルトコンベアー式の展開はどんなもんか、とも思うんだけれど、塔崎先輩を一応部に参加させつつ、田中さんのお話に殆ど絡ませなかったのには驚いた。塔崎先輩については、かなり変なキャラクターである程度事情に踏み込まない限りは何考えてるのかさっぱりわからない、コミュニケーション取れているのかも定かではない人なので、田中さんのお話に絡ませようにも今の段階だと、確かに今回みたいに一言二言、意味があるのかないのかわからないような発言で差し込んでくる以外なかったと言えるんだけれど。ちょいと構成のバランスが悪い気がするのは否めないなあ。
そもそも、肝心の紫羽が田中さんの話になった途端にやっぱりというか、あんまり目立たなくなってしまったわけで。彼女の強烈なキャラクターがシリアスな展開になっても場を引っ掻き回して落ち着くに落ち着かない「迫」を演出していただけに、彼女が脇に回っておとなしくなってしまうと、途端に話自体も落ち着きすぎてしまった気がする。田中さん自体、中二病全開というわりに不思議と上品に落ち着いている女の子なところも大きいんだけれど。田中妹も、我を通すキャラのわりにお姉ちゃんそっくりでさらりと落ち着いてたからなあ……ん? いや、よく考えると田中さんが云々じゃなくて、作者の筆致自体が柔らかく落ち着いてるのか、これ。紫羽のキャラがあんまりにも強烈だったし、掛け合いの会話もテンポよく軽妙だったので気が付かなかったけれど、そう言えば主人公だってわりと熱い前向きなキャラのわりに妙に品のよい緑茶みたいな良い男だもんなあ。
この涼やかでしっとりとした感じの作風は、後半の展開、結構青臭いくらいの姉妹愛、青春劇ってな感じの流れだったのに、鼻につくような青さを感じさせずにふんわりと胸に落ち着くような優しい柔らかさを感じさせる話へと仕立てあげるに至る強い要因になっているような気がします。
一方で、前半の益体もないドタバタコメディのノリも悪くなかったし、前半と後半の感触がうまいこと混ざり合ったら、かなり良質の青春モノになりそうなんですよね。それが見事に完成されていたのが1巻だったのですけれど、2巻は紫羽の扱いがどうも活かしきれていなかった感じもあり、前半と後半のノリもうまく混ざりきれずに斑になってしまっていたような。1巻で感じた、物語の構成の基礎部分がふらふらとして心もとない、という点が解消されないまま浮き上がってきてしまってる感があります。とかく注目は、このやたら脱ぎたがる発情メインヒロインをどれだけ活かしきる事が出来るか、に掛かってるのかなあ。何だかんだと、紫羽と主人公のイチャイチャも足りなかった気がしますし。お互いこれ以上無く両思いなんですから、もっとイチャイチャして欲しいのですよw
というわけで、次回にこそ大いに期待したいところです、そのへん。

1巻感想