東京皇帝☆北条恋歌13 (角川スニーカー文庫)

【東京皇帝☆北条恋歌 13】 竹井10日/高階@聖人 角川スニーカー文庫

Amazon

「みんなで、新しい世界を作ったんだよ。だから、また、会えるよ」
進化の塔の最終到達点で急成長した衛梨珠(主に胸が)と再会した恋歌と一斗。北条皇斗としての人生、新世界や進化の塔で垣間見たもの、そして彼らを待ち受ける未来。すべてを受け入れた一斗は彼にしかできない決断を下すため、帝国暦82年10月へと舞い戻る。恋歌も来珠もゆかり子も夕鶴も四菜も雪絵も!オールキャラ総出演で贈る、これが最後の東京こうていわっ!
東京こうていわ!! 全然関係ない話なんだけれど、「ブラック・ブレッド」のアニメ第二話で聖天子さまが画面に登場したシーンで、「皆さん、東京こうていわ」と聖天子さまが挨拶するシーンが思い浮かんでしまって、独りでウケていました。もう聖天子さまが登場するたびに「東京こうていわ」が思い浮かんじゃうじゃないか、どうしてくれる。
そんなこんなで、東京こうていわは永遠です。この挨拶、竹井作品で永遠に続けられそうな気もするけれど。
さて、ついに長きに渡った東京皇帝☆北条恋歌もこれにて最終巻。死んだ魚みたいな腐った目をした主人公、一斗も今となっては立派な一廉の男になってしまい、いやもうどうしてこうなった、と唖然とするばかり。本気でちゃんとした立派な男子になったもんなあ。
それだけ人格が変わるほどの成長を促されるには、相応の人生の変転が彼には起こったわけだけれど……終わってみてこれまでのこの作品の足跡を振り返ると、とんでもない壮大な物語が繰り広げられてたんですよね、なんか振り返るたびに唖然としてしまう作品だったと言わざるをえない。はっきり言って、これだけ紆余曲折あると、細かく何があって、どの出来事に何がどう関係しているのか、とか全然把握できていないんだけれど、クライマックス入ってからの怒涛の伏線回収を眺めていると、どうもあらかた本当に回収してるっぽいんですよね、伏線。精神が入れ替わったり、過去から未来へと時間を飛び回った挙句に、無数のパラレルワールドを何人もの一斗があっちこっち世界を跨いで行き交ったり、と果てしなく複雑な肯定をたどりまくった挙句に、人間関係も錯綜しまくっているものだから、大筋にしがみついているのが精一杯。一度、改めてシリーズ最初から全部通して読んでいないと把握は難しいかもしれない。しかも、いちいち細かくチャート、誰がどのシーンで誰と出会い、どんな言葉を交わして、どんな関係を紡いだのか、というのをチェックしないと全体の掌握は難しいかもしれない。何しろ、どう考えてもギャグシーンでしかないだろう、というユルユルの展開も何気に重要なシーンだったりするんだから。
でも、前巻あたりからの伏線回収で、概ねスッキリ謎らしい謎は解明されていっているので、ちゃんとチェックすればわからない、ということはないはずなので、純粋にワクワクしながら読み通せるんじゃないだろうか。十三巻も竹井節を一気読みしたら頭おかしくなりそうだけれど。

しかし、最終巻に至って一番瞠目させられたのが、何よりも来珠のデレ期到来である。マジで来珠がデレてるのである。世界が滅んでも絶対に素直にならずにあまのじゃくに拗ね倒すと思ってたあの来珠が、マジでデレデレなのである。それを見れただけでも、ここまで東京皇帝にお付き合いした甲斐があったかもしれない。
そして、巴御劔のなんという便利キャラ(笑
それでも、この人はこれだけ世話好きで友好的にも関わらず、手を貸す場面と手控える場面を心得ている人なので、全力で支援してくれるにはされる側、この場合では一斗にちゃんとした自身の足で踏み出す意思と力がなければ、おんぶにだっこの子供扱いの支援はしてくれなかったと思うので、これだけ手をつくしてくれたということは、一斗がちゃんと対等の独り立ちした友人としての立ち姿を見せた、ということでもあると思うので、非常に価値がある事なんだと思うよ。

ちなみに、やっぱり圧倒的ヒロインだったのは雪絵でした。一斗ちん、完全に特別扱いじゃないか、雪絵のこと。なんという愛人属性(笑
いやでも、ほんとに雪絵たち八田姉弟がちゃんと報われてくれたのは良かったよ。
そして、一際包容力をみせたのが、あの落ち着きのない恋歌さんだった、というのは彼女もあれでまたちゃんと成長していたんだなあ、と……唖然とさせられるところでありました。ゆるふわ恋歌も成長するんだ、バカな。まあ、四菜のどう頑張ってもヒロイン力が湧き上がってこない可哀想なキャラの不憫さに比べれば、恋歌が成長しようがしまいがわりとどうでもいい話。恋歌の読み方もかなりどうでもいい話だった気がするんだが、もしかして重要だったのか、あれw

最初の頃から、本作は西園寺一斗が東京皇帝になるまでのお話である、とされてきましたけれど、随分と終盤までどうやってこんな少年が東京皇帝の座に就くんだか、と眇めて見ていたものですけれど、まさかこんな立派な形で皇帝位に就くことになるとは、なんか感動すら湧いてきましたよ。絶対、もっとイレギュラーな形、或いは突飛なシチュエーションで無理やり収まってしまうんだろうなあ、とか、辻褄合わせ的な意味合いの普通の意味とはズレた形で皇帝になるとか、そういう想像ばかりしていましたから、こんな真っ当な形で即位できる話になっていた、というのは正直、凄いと思った。
まさか、この作品そのものが、あとがきで書かれていたようなシロモノだった、というのは想像の埒外でしたけれど。ってか、本作の書き方がそういう形のものだった、というのなら作者の他のシリーズはなんなんよ(笑
もしかして、全部安藤さんが書いてるのか!? それはそれで、ちょっとワクワクしてしまうのですけれど。

ともあれ、超大作となった【東京皇帝☆北条恋歌】もこれにて見事に完結。終わってみると、やっぱり感慨深いです。あー、楽しかった。

シリーズ感想