ノーゲーム・ノーライフ6 ゲーマー夫嫁は世界に挑んだそうです (MF文庫J)

【ノーゲーム・ノーライフ 6.ゲーマー夫嫁は世界に挑んだそうです】 榎宮祐/榎宮祐 MF文庫J

Amazon

ゲームで全てが決まる世界【ディスボード】――を創った唯一神テトは、エルキアの路地裏で、ひっそりと……空腹で行き倒れていた。いづなの施しで生き存えたテトが語るは、「六千年以上前の物語」――天を割り地を裂いた『大戦』を“ゲーム"と断じ、世界に挑んだ男とその傍らに寄り添った少女。
「――なぁ、またゲームしようぜ……今度こそ、勝ってみせるから、さ……」
記憶にも記録にも遺らない、それでも“僕"だけは忘れない物語――
“最も新しき神話"へと至る“最初の神話"――大人気異世界ファンタジー、第6弾!!
アニメ化に合わせてこの話を持ってくるというのは、なかなか心憎いよなあ。この過去編を踏まえて、このシリーズの最初から見直すとまた新たな気持ちで見ることが出来ますし。
というわけで、第6巻は一旦話を止めて、過去のお話に。そう、この「ゲームですべてが決まる世界」の始まり。暴力と悲劇が渦巻いた、力ですべてを決する戦乱の時代を終わらせた、ある夫婦の語られざる神話。人類が「イマニティ」となるに至った知らざれる伝説。一度として勝利を知らずに終わった比翼の男女の物語。
一応これ、テトが語った物語は意図的な嘘が混じった真実ならざる物語、とされているのだけれど、少なくともあのアクセサリーに三人の名前が刻まれていて、ジブリールの記憶にそれらしき存在が残されているということは、概ね史実に基づいているんでしょう。輪廻転生はこの世界にはない、とされていますけれど、さて、さて、さて、この世界には無くても、元の世界にあったかなかったかもわかりませんし。
でも、テトの言うとおり、現実というゲームに屈していた空白と、生きるために大戦の中人類を率いて、最終的に大戦を終わらせるに至ったリクとシュヴィとでは明確に違いがあるんですよね。さて、テトにとってその差はどのように見えているのか。いずれ、自分に挑んでくるであろう空白は、未だ成長しきっていない駒なのか。なぜテトがいづなの前に現れ、彼女にこの話をしたのかも定かではないんですよね。いづなの直感によれば、この物語を伝えたことにもちゃんと理由があるんじゃないか、意図が込められているんじゃないか、という事ですし。
それに、この語られぬ神話が確かなら、位階第十位の機凱種(エクスマキナ)は人類種に対するスタンスがどうなるのか気になるところ。シュヴィと連結したことで彼らの中に芽生えたものは、リクのいなくなったあとも果たして引き継がれているのか。継がれているとして、それがどのように作用し、機能しているのか。ある意味、人類種と共にあの大戦を終わらせたのは、機凱種でもあるわけですしね。
今回のお話で、実は一番泣けたのって、シュヴィの想いを引き継いだ機凱種の献身であると同時に、コロンの正体、というか素性が明らかになった時なんですよね。あの瞬間、過去と現在がはっきり繋がったのを感じて、思わずウルウルと来てしまった。どこか遠い関係のない昔話ではなく、誰に語られなくても、今もなお生きて引き継がれている想いの形を、コロンの血統を通じて、実感させられたわけです。
ステフって、正しく見守る者の系譜だったんんだなあ、と。ずっと傍で「二人」を見続ける者だったんだなあ、と。かつて、一番大切な人たちが負け続けているのを見続けなかった人が、今、ひたすら勝ち続けるのを見守るに至っている。幸福なありようを、傍で笑って見ていることができている。ステフが空だけじゃなく、白にもぞっこん惚れ込み、二人のことを大好きになってしまったのも、きっと正しい運命だったのでしょう。そう思うと、なんだか泣けてきたわけです。

さて、今回はある意味今の世界の仕組みを説明する回でもあり、テトの意図から外れ、大戦の名残を引きずりこの世界のありようを歪めてしまっている存在を指し示す回でもありました。次の相手は、その頂点でもある神霊種。元はテトと同じ神々の地位に居た存在、それをどのように倒すのか。神をいかに殺すのか。再始動の第七巻、実に楽しみであります。

シリーズ感想