剣刻の銀乙女7 (一迅社文庫)

【剣刻の銀乙女(ユングフラウ) 7】 手島史詞/八坂ミナト 一迅社文庫

Amazon

皇禍たちの王に即位したエステルを王都に迎えたエストレリャでは、ルチルら王族を中心に会談を重ね、人間たちと罪禍たちと不可侵協定の締結に向けて動き出していた。その頃、協力関係構築の一環で辺境の砦を視察していた皇禍フランの前に、国王暗殺の嫌疑をかけられ行方をくらましていた王国最強の騎士ヒネーテが現れる。ヒネーテはかつての高潔かつ勇猛な騎士の姿を失い、尋常ではない力と剣刻でフランを圧倒し…。時代を超えた剣刻をめぐる戦い、ついに完全決着のとき!
いつ、死んだかに見えたクラウンが現れて、またぞろ悪辣な陰謀でこちらを追い詰めてくるかと恐々として待ち構えていたんだが……あれ? 最後まで現れなかったぞ、クラウン。ほんとに、あの時やっつけてたのか!?
どれほど殺してもしぶとく復活してきそうな質の悪い悪意の塊みたいな敵だったので、それをあそこでちゃんと討ち取っていた、というのはむしろルチルたちを褒めておくべきなのだろう。実際、あの戦いではクラウンを完全に手球にとって陥れる事に成功した上で、油断もなく完膚なきまでに殲滅してみせるという凄まじい謀をキメてみせたので、あれで仕留められてなかったら、どうやって仕留めればいいんだ、という話になるんですよね。
ただ、問題はあまりにもクラウンという敵が邪悪で悪辣すぎたせいで、それを上回るラスボスを用意出来なかった、ということか。過去の長き歴史に決着をつけるべく倒さなければならない敵である「魔神」は、どちらかというと現象とか災害に類するもので、個としての意識を持った存在じゃなかったので、強大ではあってもなんというか、精神的に心を折ってくるような絶望感を強いる敵ではなかったんですよね。災害みたいなとんでもない敵なら、その強大さだけで打ちのめされそうなものだけれど、これまでの戦いを通じて絆を深め、壁を克服してきた主人公たちは、もう言わば最終決戦仕様になってた為に、いまさら絶望感に打ちのめされるような可愛げもなかったですし。言うなれば、もう倒されるべくして倒されに来たラスボス、みたいな感じでした。
むしろ、その最終決戦仕様の主人公たちに立ちふさがるべく現れたのは、ヒネーテの方だったのだけれど、彼も王国最強の騎士という触れ込みに対して、それを実感させるイベントがあんまりなかったせいか、ちょいと立ちふさがる壁としてはインパクトに欠けたかなあ。忠義の士であり、先の世に希望を託すために全てを捧げた騎士、というなかなかグッとくる役どころだったのに、その点についてはちょっともったいなかったかも。
人間関係の方も、千年前の出来事を踏まえて、概ねルチルとエステルの間でヒースの扱いやらなんやらはほぼ固まってたからなあ。あとは、ヒースがどれだけ覚悟を決めるか、というよりもはっきりとどうお持ち帰りされるか覚悟するか、という話になっていたので、まあ全体的に消化試合、という雰囲気になってしまったのは少々物足りなかった部分かもしれません。
それでも、エステルとルチルが一致団結して牽引してくれたせいか、話も嫁取りの話も滞りなく進んで、千年前の因縁もすべて決着し、気持よく幕引きと相成ったのではないのでしょうか。フランちゃんの可愛さがどえらいことになってて、もっと早くこの子渦中に投入しておけば、とか思ったりもしましたけれど。
なんだかんだと最後までお気に入りの物語で楽しかったです。ヒースそっちのけでのルチルとエステルのラブラブっぷりは、ごちそうさまでした。

シリーズ感想