聖煉の剣姫と墜ちた竜の帝国 (一迅社文庫)

【聖煉の剣姫(ソーディア)と墜ちた竜の帝国】 瀬尾つかさ/美弥月いつか 一迅社文庫

Amazon

魔王が60年周期で赤い月からやってくる。人間と竜、妖精、そしてエルフやドワーフといった多種多様な種族は、強大なちからを持つ竜を中心に戦い、都度、魔王を討ち果たした。しかし60年前、魔王は現れず、共通の敵を失った人々は互いに争い、いくつもの国が滅びた。それから60年。豊かな自然に囲まれた辺境の町に住む狩人の少年グレイのもとに、浮遊機動島ネクサス・シティにある賢者の学院から一人の少女が現れた。少女の名はアリシア。賢者の学院に留学したグレイの妹フィーネが失踪したこと、各地に伝わる遺跡や聖遺物を彼女が破壊している疑いがあり真偽を問うべく、フィーネを追いこの地にやってきたという。魔の森、その奥深くにある遺跡へ向かったというフィーネを追い、アリシアとともに旅立ったグレイは、かつてないほど殺気立つ魔物の群れ、そして自らの血に隠された秘密を知る―アリシアとグレイを待つ運命とは、そして赤い月からやってくる魔王とは―
これまでから引き続き、イラストは美弥月いつかさんとのコンビで。今となっては一迅社ではこの絵師さんとでないと、みたいな安心感があります。さて、イラストレイターの人は前作から引き続いたとはいえ、作品自体に繋がりがあるかというと……あれ? 無いとは言い切れないのか。【銀閃の戦乙女と封門の姫】や【魔導書が暴れて困ってます】は、三千世界との行き来が可能な世界観なので、完全な異世界モノである本作とも繋がりが無いとは言えないんですよね。まあ、その三千世界は前作の敵によって殆ど滅ぼされてしまっているのですが。
とはいえ、この60年周期で魔王が赤い月からやってくる、という話と、竜という存在が色々と想像はさせてくれます。特にこの魔王と敵対していた「竜」という存在は、どうやらその単語から思い浮かべるトカゲの王様、ドラゴン的な存在とはちょっと違うみたいなのですよ。少なくとも、作中で描写された「竜」の姿は全部人間形態ですし、「竜」特有の言葉や表現ってのが……完全に現代日本で使われてる「スラング」だったりするんで、あれ?となってしまうわけです。
でも、妖精が爆発するのは宇宙的真理なので、この際共通項として挙げるにはいささか根拠が弱いですよ?

「竜」の正体も「魔王」の正体も今のところまだ不明なままですが、この60年周期の魔王の襲来という設定は面白いなあ。特に、前回の60年前には魔王は襲来せず、その為に種族間や国家間の結束が崩壊してしまった、というところなんぞは。
強大な敵に対する備え、というものは、必ず来るとわかっていたならば万全を期して待つことが出来ますけれど、来るぞ来るぞと待ち構えていたものをスカされて空振りさせられてしまうと、どうしても次も同じように備える、という事は出来にくいんですよね。
論理的に考えて、もしもの時に備えて準備しておくことは当たり前なんでしょうけれど、60年という世代が1つ2つ更新してしまう年月や、その準備の為にかかる予算や労力のことを考えると、もし次も空振りならば、という何もなかった時の方のリスクへと意識が行ってしまう。
根拠はなんにもないけれど、前回は大丈夫だったんだから、今回だって大丈夫だよ。これまで大丈夫だったんだから、今後だって大丈夫なんだよ、という気分になってしまうのが人間であり、これだけ準備したのに今回も何もなかったら誰が責任を取るんだ! と言い出してしまうのが人間というものだったりします。
その意味では、この作品における魔王サイドの戦略というものは急所を穿ちまくってるんですよね。結果的に見れば、60年前に攻め込まなかったことで、むしろ攻めこむよりも多くの被害、損害、損失をこの世界に及ぼしているのですから。しかも、自分たちの戦力を費やすことなく。それどころか戦力の蓄積増強にすら成功している。人間サイドは、もう魔王の侵攻の可能性自体を無視している状況だし、開戦の段階でもう殆ど戦略的に詰ませた、と言っていいくらいの状況を作り出している。これで負けるとか、あり得ないよね〜〜。

めっちゃやられとるやん!!
ちょっ、せっかく60年掛けて準備してきた侵攻計画が、たった一人の為に半壊状態じゃん!!
魔王サイド、これ涙目じゃないですか?(苦笑
これはもう、妹ちゃんを褒めないとしようがないのか。
前作もそうだったけれど、妹という存在は優秀すぎてたまらんなあ。兄のシスコン振りも、前作に輪をかけてひどくなっているけれど。酷いどころじゃなくて、もうこれ唯一妹神として絶対信仰しているんじゃないか、というレベルでシスコンなんですけど。あかん、この主人公、瀬尾さんの作品の中でも頭ひとつ抜けておかしなことになってるw
あまりにも妹絶対主義の狂信者になってしまっているせいで、肝心のヒロインのはずの、表紙も飾っているアリシアの扱いが微妙に目立たなくなっちゃってるような気がするのだけれど、グレイは妹に対してはイカレてるけれど、それ以外に対しては生真面目で愚直なくらい素直なので、相棒として、ヒロインとしての接し方はかなり丁寧だし対等に尊重している上に距離感に遠慮もないので、今後なかなかよいコンビになっていきそうです。
というか、このアリシアも多分にもれずお姫様としてリーダーシップに溢れているタイプなので、なんかグレイとの関係はお姫様とワンコになりそうだ。グレイって賢い忠犬みたいなところがあるし。
ともかく、まだ物語もスタートしたばかりで、舞台を整えて人員を揃えている状態。本格的に動き出すのは次回以降になるんでしょう。ブースターに火がついてからが本番かな。

瀬尾つかさ作品感想