エスケヱプ・スピヰド 六 (電撃文庫)

【エスケヱプ・スピヰド 6】 九岡望/吟 電撃文庫

Amazon

永遠の冬に眠る《鬼虫》八番式・蜉蝣の少女、柊。
二十年の時を経て、少年と少女は邂逅する――!

永遠の冬の街《落地》。二十年前の戦争で《鬼虫》八番式・蜉蝣の柊が自らの生命を賭して核爆発を止めた街だ。蜉蝣の力により、今なお氷漬けのまま、その時を止めている。
叶葉達をさらった黒塚部隊の目的地は、落地であった。氷に眠る少女・柊を目覚めさせ、蜉蝣と共に配下に置くためだ。
九曜は黒塚部隊の計画の隙を突き、蜉蝣と柊を奪い取ろうとする。しかし二十年の永きにわたる眠りの中で、柊は自我を失っていた。
九番式の少年と八番式の少女、二十年の時を経た邂逅の行方は――。そして、黒塚部隊の手に落ちた蟋蟀の庵と蟻の楓、そして蜻蛉の竜胆の運命は――。
最強の兵器《鬼虫》達の神速アクション、クライマックスに向けて加速する第六弾!
蜉蝣とは裏腹の明るくて元気いっぱいの柊。堅物の九曜にいつもお姉さん風を吹かせ、常に笑顔を絶やさなかった少女・柊は、だけれどやはり、蜉蝣のように儚く淡い人だった。
泣いた。ショックはなかった。けれど、泣いた。救いはあると信じていて、確かに救いはあったのだけれど、それは思い描いていた救いじゃなかった。それが哀しくて、でも悔いはない。悔いを感じないことが、少し辛い。
しかし、敵キャラに対してこれほど噴き上がるような怒りを感じたのはいつ以来か。虎杖に対しては、これまでも空虚な理論を正義のように振り翳してさも泰然とした大物のように振る舞うその姿にジリジリと焦げるような苛立ちを感じていたのだけれど、鬼虫たちを、九曜の大切な家族たちを、あのかつての大戦で身を尽くして戦い果てた英霊たちを、こんな尊厳を踏みにじるやり方で道具扱いして、使い潰そうとするやり口には憤怒を抑えきれない。もう、メチャクチャ腹立たしい。たとえどんな正義があろうと、信念があろうと、彼なりの理由があろうともう絶対に許せない。眠っていた柊を利用しようとし、庵と楓にあんな酷いことをして、許せない許せない。人を、なんだと思ってるんだ!!

これは過去と未来の戦いである。過去にしがみつき世界を引き戻そうとする輩と、過去から未来に希望を託して送り出そうとする人たちの戦いである。
私はね、大戦から二十年という時を経て、過去から目覚めた鬼虫たちを含めた様々な事情を抱えた人たちが、改めて過去を乗り越え未来を歩き始めることが叶う物語なのだと、この作品について思っていた。でも、小さな女の子に希望を託して送り出して去っていった万字だけじゃなく、現在に目覚めながらも既に過去において終わっていたという事実を振り切ることが叶わず、未来へ……先へと九曜を送り出し、その場から彼が行くのを見送り、去っていった鬼虫たちを目の当たりにして、胸が締め付けられるようだった。
ああ、この物語はみんながみんなで先へたどり着ける話ではないのだ、と。過去の軛から脱して、新たな未来に歩み始めることが出来るのは、多分一握りなのだと感じてしまったのです。
送り出す人たちに、悔いはないでしょう。過去において思いを遂げられずに半ばにて果て、潰え、或いは諦めた者達に、もう一度機会が与えられるということは、今度こそ託せる、やり遂げられるというのは、救いなのかもしれません。
でも、託された方はやっぱり哀しいよ。別れは、辛いよ。泣いちゃうよ。

虎杖は、そんな前へ進み送り出そうとする願いと、後ろへと留まり回帰しようとする祈りの相克の、そのどちらからも外れた、独り善がりの異物であるかのようだ。彼だけは、過去の中から既に自分だけのルールの上で満悦し、他と何も共有していない。そんな輩が、他者が大事に抱え込んでいる神聖な領域に、無造作に手を突っ込み、かき回し、一切の呵責なくそれらを汚していく。竜胆と九曜の戦いと理解を汚し、万字の託した希望を汚し、日足の純真を汚し、柊の眠りを汚し、叶葉の思い出を汚し、鴇子の決意を汚し、井筒の信念を汚し、巴の家族への愛情を汚し、庵と楓の想いを汚し、一体どれだけの人の魂を汚せば気が済むのか。それを声高に、正しいと宣うのか。こいつばかりは、本当に憎くてたまらない。
竜胆兄さん、こいつはもう思う存分バッサリやってください。敵中に囚われながらの、蜻蛉のなんと頼もしいことよ。さらりと、逃亡中にも関わらずかつてなく悩み苦しむ叶葉の前に現れて、助言を与えて去っていくところなんぞ、かっこ良すぎて濡れるかと思った。頼れるお兄ちゃんというのは、こういう人を言うのだ。血統的には弟なのかもしれないが、竜胆兄ちゃんこそ皆の兄貴分だよなあ。

次こそは、九曜に溜まりに溜まった鬱憤を晴らして欲しい。この怒りを、吹き払って欲しい。この哀しさを、優しい思い出に変えて欲しい。今の九曜なら、絶対に出来る。頑張れ男の子!

シリーズ感想