スチームヘヴン・フリークス (ガガガ文庫)

【スチームヘヴン・フリークス】 伊崎喬助/凱 ガガガ文庫

Amazon

そこは、蒸機と神秘、怪人の街。

時は1961年、アメリカ。
正体不明の霧・ミアズマによって発展した街ビザーバーグは、蒸気天国の異名をもつ世界有数の工業都市である。そこでは、ミアズマを重蒸気に変換し動力源としたクラフト技術が発達し、ミアズマの影響で超能力に目覚めた新人類《ミスティック》や、体細胞の変質を遂げたクリーチャーなどが跳梁する“何でもあり”の街として名を馳せていた。
ビザーバーグで何でも屋を営むスチームシーカーコンビ、《奇術師》ニコラスと《真鍮男》ザジは、あるとき怪しげな探偵の依頼を受ける。それは、かつて世界を闇に陥れた悪の秘密結社《ディスコルディア・リーグ》に関わる、とある男を保護することだった。だが、男の確保に乗り出したとたん、ディスコルディアの遺産を狙うマフィア、世間を賑わすクラフト犯罪者とぶつかり合うことに。さらにはビザーバーグ市警や、この街を守る正義の少女ミスティック・チーム、《トライデント》まで動き出し――!?
いま“夢の街”を舞台に、盛大で壮大なバカ騒ぎが幕を開ける!
第8回小学館ライトノベル新人賞にて“優秀賞”を受賞、怪人跋扈のスチームヘヴン・ファンタジー!!

これ、ラストシーン。あのラストシーンで、このどんちゃん騒ぎ馬鹿騒ぎが、すごく情感あふれる読後感になってるんですよね。過去に縫い止められ、後ろを振り返りどうしても前へ進めなかった男が、過去を思い出として胸に抱きかかえ、愛する人が待っている未来へと帰っていく……とても優しい決別のシーン。
勢い任せだけでは導き出せない、人間の心の機微を描き出す繊細な筆致が感じられて、素晴らしいラストシーンでした。こういう情緒的なシーンをドラマティックに描ける情景描写、心理描写をしっとりと描ける一方で、この本作の肝は勿論ド派手でごった煮なスチームパンクなのですから、引き出しが多いというべきか、盛り合わせに長けているというべきか。
アメコミばりのヒーローものであり、様々なクリーチャー紛いの怪人たちが跋扈するロックなオカルトであり、一連の事件からかいま見えた謎を追いかけ、様々な人間たちが一つの真実へと集まってくる追跡劇であり、と楽しむ要素は目移りするくらいにたくさんあって、これはなんというか……素晴らしく楽しい!!
シンプルに正義のヒーローとして走り回る役は「トライデント」の面々に任せて、主人公はダーティーに立ち回り、美味しいところを掻っ攫っていく、しかし何だかんだと情に厚くて気持ちのよい何でも屋のコンビというのがまたいいんですよね。過去に根ざした仄暗い背景を持ち、精算と失われた自己の探求の為に舞い込んでくる仕事をこなしながら、アンダーグラウンドに埋もれている真実を掘り起こそうと跋扈する、正義や秩序とは一線を画した一癖も二癖もある男たち。これがまた、美味しいんだ。
正義の味方として活動している「トライデント」の少女たちも、これはこれで癖がありすぎてトンデモヒーローに片足突っ込んでる面白い連中で、彼女たちが主人公でも何ら欠けることなく楽しそうなんだけれど、やっぱり秘密を抱えながら暗躍するダークヒーローたちはカッコいいですよ。
一方で、こういう目立つ連中とは裏腹の、一般人に近い脇役たちも、そして大いにイカレ狂った悪役たちも、それぞれに目一杯舞台上を走り回っていて、それぞれにそれぞれなりの信念、想いを胸に駆けまわり、或いは逃げまわって主役を張ってるんですよね。その意味では、本作は群像劇の様相もきっちり呈しているんじゃないでしょうか。
個人的には、狂気に侵されたマッドサイエンティスト、と目されていた今回の事件の大本であり元凶であり黒幕であった博士の、その仮面の下に必死に隠した哀惜と無力感がなんか胸に来たんですよね。ただの狂った天才科学者、という形骸ではない、人間の弱さが押し詰まったキャラクターが、ただの悪役、やられ役に留まらないものを感じさせて、印象に残ったのでした。
しかし、トライデントは女の子ヒーロー三人組、と標榜しているくせに、残る一人のシルフが最後まで出てこなかったんですけれど! 出てこなかったというか、明らかにサボってたんですが、一人! サボタージュしましたよ、残る一人!!(爆笑
サラマンダーはもうどうやっても矯正のきかなさそうなアホの娘で、戦闘力100,知力は1、というタイプで、これはもう参謀にしてリーダーであるウンディーネさんのご苦労が偲ばれる。サラマンダー一人相手するだけで、頭おかしくなりそうだぞ、これ。まあ、ウンディーネさんもあれで図太いというか、イイ性格してる、正義のヒーローというよりも、悪の組織の女幹部みたいなキャラクターなんだが、一応これヒロイン枠なんだろうか……多分、そうなんだろうなあ。鉄板ヒロインは、もうちゃんと居るわけですけれど。

なんにせよ、エンターテイメント性とドラマ性、演出に世界観に、とどれも両立し、引き立て、盛り上げることに成功している素晴らしい逸品でした。これは、今後の成長拡大に大いに期待が見込まれます。面白かった!