異界の軍師の救国奇譚 (角川スニーカー文庫)

【異界の軍師の救国奇譚(フェアリーテイル)】 語部マサユキ/明星かがよ 角川スニーカー文庫

Amazon

「アンタを召喚したのは、この世界に定住させる為じゃない!!」器用貧乏すぎてモテない大地耕は、ある日謎の声に導かれ異世界転生。なんとか王宮庭師として働きはじめ、ドジっ子メイドのティアや麗しき護衛師キリカとゆったりライフを満喫していたのも束の間。自称女神の幼女に「救世主として世界を救え」と宣告され!?金なし・コネなし・チートなしの主人公が挑む、異世界救国奇譚が開幕!第19回スニーカー大賞“特別賞”受賞作!!
これ、軍師というよりもプロデューサーですよね。軍事については全然関係してないですし。それでも、姫様は軍師として耕を持ち上げるのですけれど。軍師は軍師でも、王佐の才として見ればいいのか。
というわけで、女の子にモテる為にあらゆるスキルを磨きあげた結果、お助けキャラ・便利屋・いい人としてモテまくり、しかし男としては全く相手にされないという可哀想なありさまになってしまっていた主人公が、異世界に呼ばれた先でその多彩なスキルを擁して、役立たずの姫と呼ばれた女の子を助けていく、というお話。
もはや供給過多と言っていいくらいの伊勢回転性もの……じゃなくて異世界転生もの。その中でどうやって埋没せずに浮き上がっていくかと方策を考えれば、まず他に類を見ない着眼点や発想で勝負、ということになるのだろうけれど、そもそも簡単に突飛で個性的な発想が生まれるかというと生まれないから個性的なのであって、これがなかなか難しい。と、同時に別にほかと差別化を計ったからと言って、それが面白くなるかどうかは別問題なんですよね。
要は話が面白いかどうか、なわけだ。それは文章のセンスだったり、盛り上げ方の妙だったり、語り口の引き込み方だったり、構成の巧さだったり。そういうのがしっかりしていたら、ベタな展開だって王道として見事に仕立てあげられるわけです。
さて、本作はどうかというと、今のところさほどハッチャケた展開もなく、主人公や姫様たちの境遇もそこまで過酷なハードモードではなく、そこはかとなく緩く和やかな雰囲気で描かれる温めのお話なのですが、これがまた面白かった。
さすが、その多種多様のスキルを用いて元の世界では恋愛脳の女性陣の相談役となり、尊敬と人望を集めまくっていた主人公である。自分の恋愛については全く縁がなかったけれど、女性から相談を受ける、困った女性の手助けをするという意味では、まさに辣腕。女の子に物怖じせずに、ガンガンとアドバイス出来るのは、それまでの経験あってこそなのでしょう。周りから評価されず、自分自身も自身を失ってその輝きをくすませていた姫様に、自信を与え、勇気を与え、その輝きを磨き上げて彼女自身に皆を振り替えさせる力をもたせた上で、彼女一人ではどうしようもない部分を見事にフォローし、手助けし、幅広く策を練り上げ、舞台を成功させるための仕込みを忍ばせていく。
まさに、辣腕プロデューサーじゃないですかw
姫様と自分と極身近な人間だけの閉じた関係の中でそれらを醸成させていくのではなく、むしろ人の輪を広げて皆の姫様として縁を取り持っていき、彼女の輝きをみんなが憧れ、手を差し伸べて、仰ぎ見る輝きにしようとするのも素晴らしかった。まさに縁の下の力持ち、裏方の極みでしたなあ。
そりゃ、元の世界でも頼りにされるわ。

何気に、ちっちゃな女神さまと耕くんのやりとりが好きでねえ。この女神さま、途中から主人公にまったく頭が上がらなくなってしまうのですけれど、彼女は彼女で非常に未熟な存在であり、それでありながらその未熟さを踏み越え、分不相応な領域に乗り出して必死になんとかしようとしている姿が、後半に行くにつれて垣間見えてきたんですよね。これは、主人公としてもお助け甲斐のある神様じゃないですか。
ゆるい雰囲気のお話に見えますが、ここで道を過てばかなり過酷で悲惨な顛末が待っているようですし、女神さまサイドの方もなかなか予断を許さない状況で、他所からの介入も予想されるようなので、このまままったりほのぼのとした空気を保つにはそれだけ主人公に最悪の未来を回避するために奮闘してもらわなければならないわけですから、プロデューサー活動頑張ってくだされ。