のうりん 9 (GA文庫)

【のうりん 9】  白鳥士郎/切符 GA文庫

Amazon

忙しい忙しい。…あ、どうも。木下林檎です。農業高校生やってます。今はもうすぐ始まる緑園祭の準備で大忙しです。この学校に来て半年たちました。自分がどれだけ変われたのか、それはわからないけど…毎日がすごく楽しいです。このままずっと、耕作たちとこの学校で―えっ!?あ、あなたは…どうしてここに…!?いやっ!帰りたくなんてない!!林檎を連れ戻しに東京から訪れた最強の相手を前に、田茂農林に集いし仲間たちが立ち上がる!懐かしいキャラクター総出演で農業高校の本質に迫る、友情と祝祭の第9巻!これぞ史上最大の農林一揆!!

前半の体育祭は、悪ノリばかりで勢い任せ、コメディとしてもギャグとしてもパロディネタと、絶叫ネタばかりで正直品質に問題在りだったように思います。なんか、アニメの悪い影響を受けてしまったような感すらあり。原作サイドがそっちに寄り添ってはいかんでしょうに。
ギャグパートにしても、前はもっと緩急というか、間合いや溜めが絶妙だったのに、今回ばかりは雑だった気がするよ。
あと、先代四天王の渡辺カルテットが、本当に渡辺ばかりで作中でも区別できなくて困った!!

本番は後半の緑園祭なんだろうけれど、こればっかりは農業学校特有のお祭なんだろうなあ。ってか、農業学校ってのはどうしてこんなに食べ物が美味しそうなんだろう。
各専科がそれぞれの特色を活かして繰り出してくる商品が、ホントに学生レベルのそれをぶっちぎっている上に、発想やら何かがすごくチャレンジャーなんですよね。銀の匙で、学生だからこそ出来ること、という話をしていたけれど、このいろんな企画にチャレンジして、しかし利益は出すぜ、という根性が素晴らしい。林科と造園科の合作商品には、作中での仰天の叫びに「な、なにーーーっ! そんなんありなんかー!?」と完全に同調して、びっくりしすぎて笑ってしまいましたがな。
こういう学園祭は、ほんと面白そう、というだけじゃなくて実際に美味しいものが食べれて、面白いものが手に入るわけで、こんなに実際に行きたくなるイベントはなかなかありませんよ。これ、モデルとなった学校では実際に行われてるそうなのですから、地元の人達がこれは羨ましい。

あと、あのベッキーは絶対に偽物ですね。いまさらそんな方向で本気出されても、信じられるかー!! クリーチャーのくせに、モンスターのくせに、今更まともな教師っぽく弁舌されても、作中の皆さんみたいに素直に感動とか出来ない!w
しかし、林檎ってまだ笑えなかったのか。あれだけドタバタに馴染んで過ごしていたものだから、未だに表情が固まってしまっている事なんて全然忘れてたよ。多分、これは耕作含めて田茂農林の面々全員の心証だったんでしょうね。ほんと、初期の頃と違って今は誰も林檎のそんな事について言及してなかったし、自然に接して笑いながら彼女を囲んでたんだから。もう、一緒になって笑っているのかと思ってた。
でも、誰も問題に思ってないなら、それで構わないのでしょう。林檎当人も、焦っている訳でもないみたいだし。
農業高校の実態についても、もうこれだけの巻数付き合っていると、ジェニー社長の認識って本当に今更の古臭い認識なんですよね。今回は、そういう今更に思えていることについて一回振り返ってみて、今の時代の農業学校についてスポットを当てよう、という話だったのかもしれない。
じゃあ、ゴールはどこに設定しているんだ、という疑問も湧いてくる頃だけれど。林檎の離脱リミットがこういう形になってしまうと、普通に卒業までこのままの形で、というのもありそうだし、さすがに今から卒業までは長い気もするし。だからといって、ベッキーの結婚が幕引きというのは、純粋に嫌だぞw

……ところで、マネー金上が、なんか今一番乙女している気がするんだが、いいのか?w

シリーズ感想