死線世界の追放者 (富士見ファンタジア文庫)

【死線世界の追放者(リジェクター)】  ミズノアユム/カスカベアキラ 富士見ファンタジア文庫

Amazon

「シィーッヒャァァァァアーッハハハハハハ―!」
山道に響き渡る男の哄笑。男は、襲いかかってきた女王の特務騎士たちを圧倒的な力で薙ぎ払い、無造作に殲滅する。男の名は、ウルズナ。暴君“破戒王”直属の四天王にして、十年前、“破戒王”ともども英雄に討伐されたはずの男。平和な時代に蘇ってしまった彼は、己を討った英雄へ復讐すべく、女王として即位した英雄の元を目指す。彼の復活の瞬間に立ち会ってしまった少女シアリーに案内をさせ。しかしシアリーには、暴虐非道のウルズナ以上に世界から忌避される秘密があり―!?破壊と蹂躙の異世界バトルファンタジー!第26回冬期ファンタジア大賞・金賞受賞作。
この品のない笑い方からして、絶対に「あいつは四天王の中で最弱!」とか言われる程度の小物キャラだと思ってたのに、思いの外まとも……というには少々アレか。でも、暴虐ではあっても小物とか小悪党の類ではありませんでしたね。むしろ、外面が悪いだけで根っこは忠義に厚い軍人みたいなところのある男だった。そして、死ぬべき時に死にそこねた男とも言えるのだろう。
正しく旧時代の遺物であり、戦後の平和に浸りきっていた者たちにもう一度あの凄惨だった時代を直面させる存在だった。つまるところ、四天王ウルズナという過去から蘇った当時そのままの亡霊は、戦後十年が経過した今現在であったからこそ、あの必死に駆け抜け戦いぬき生き残った戦争を、冷静に振り返り総括する、そのきっかけになったのかもしれない。破戒王という、圧政を敷く非道の暴君にして、倒さなければならない悪逆そのもの。戦いの当時はそれで良かったのかもしれないけれど、戦後となり時間が経過し、過去が今を蝕む事を辞め、人々に暮らしの落ち着きに一段落ついた時期にこそ、区切りとするべく一度振り返るべきなのである。すなわち、破戒王とは何だったのか。それを色眼鏡抜きにちゃんと把握しておかないと、気がつかないうちに同じ道を歩んでいるかもしれない。今の政権、王政に正当性があるのだと確信を得るためにも、総括というのは必要なもの。
面白いことに、この平和になった時代を目の当たりにして、誰よりもその事を痛感したのが当事者である元英雄たちや国の連中ではなく、蘇ったウルズナの方だったというのが興味深い。
幸いにして、本当に幸いにして破戒王を打倒した英雄や国民たちは、平和をつかみとるだけではなく、ちゃんとそれを維持してさらにそれを未来に続けていくだけの才覚と見識、何より意思の持ち主だったようで。実際問題、革命家やクーデターなんかで政権を転覆させた場合、往々にしてまともに政権運営できずに破綻してしまう、破壊者は破壊者以外になれない、というケースが多いのですが、彼らの場合、十年という時間で歪むことなく健全に国を運営していたようで、てっきり女王様の倦んだ様子からかつての英雄様も平和の中でだんだん腐って来て、崩壊の火種が散乱しているのかと危惧してしまったのですが、国の上から下まで清濁偏らずにバランスの取れた形で安定していて、ちょっと感心したくらい。それこそ、破戒王という存在を悪の象徴として祭りあげて、相対的に現政権を正義と位置づけて基盤を安定させる、その必要がないくらいにしっかりと国政がなされてるようなんですよね。でなければ、まずウルズナが選んだ道に国の連中は率先して乗ったでしょうし。まあ、それに乗らなきゃいけないほど基盤がユルユルなら、それこそ破戒王に関連する者の存在を許す余裕なんてなさそうなので、そもそもウルズナがあの選択をするかどうかが怪しいのだけれど。彼が、平和という今まで経験したことのなかったモノの価値を感じたからこそ、あの選択をしようとしたわけですしね。果たして、都合の悪いものは全部消してしまおうとするような、エゴと権力欲剥き出しの乱雑さによって保たれようとしている平和では、かつて彼が生きてきた時代との差異を、あんまり感じ取れなかっただろうし。
とにもかくにも、なんやかんやで平和を築き上げてきた苦労人さんの苦労は、平和になる前の悲惨な時代や戦争当時そのものに直面してなお揺るがないほど、きちんと報われていたんだよ、というようなお話。
あと、ちゃんと婚期は気にしてあげないと、今度はトップからぶっ飛びかねない気がします。ストレス相当溜まってるみたいだし。バトル脳は、恋愛脳でイチャイチャしとけばそれなりに落ち着くと思うんだ。

色々と設定も敷き詰めて、過去から現在、脇を固めるキャラクターにもちゃんと歴史や事情を込めて描いている作品ではありましたけれど、微妙にこう……隙間が散見される、という印象から逃れられないんですよね。このへん難しいところなんだけれど、多彩な情報に密度と繋がりが少なくて、その分隙間が多い中途半端な感じになってしまっていたのが、ちょともったいなかったかな。まあこの辺りのバランス感覚は、経験次第でしょうし、話のコンセプトは面白かったです。ただこれ、続けるとそれはそれで次、どういう方向の話にするか難しい気がするぞ。