ストライク・ザ・ブラッド (11) 逃亡の第四真祖 (電撃文庫)

【ストライク・ザ・ブラッド 11.逃亡の第四真祖】 三雲岳斗/マニャ子 電撃文庫

Amazon

大晦日の絃神島。雪菜や浅葱たちと一緒に新年を迎えようとしていた古城を、思いもしない出来事が襲う。帰省のため、父・牙城とともに本土に向かった凪沙からの連絡が途絶えたのだ。さらに些細な偶然から、凪沙が魔導災害に巻きこまれたと知ることに。そして時を同じくして、雪菜と獅子王機関の通信も遮断されてしまう。動揺を隠しきれない古城と雪菜は、凪沙を救出するために絃神島を出て、本土へ向かうことを決意する。
しかし、第四真祖である古城は、魔族特区の絃神島を簡単には離れることができない。なんとか本土へ密航しようと画策する古城たちだったが、そんな彼らの前に、敵として立ちはだかったのは、思いも寄らない人物だった――!
世界最強の吸血鬼が、常夏の人工島で繰り広げる学園アクションファンタジー、新展開の第十一弾!
那月ちゃん無双すぎ!! いやいやいや、マジで反則級に強いんですけれど。なんでこんな時に限って本気出してるの!? なんか、今まで本気出したことなかったみたいじゃないですか。ってか、なかったのか!? あの監獄結界編ですら、那月ちゃん自分の「守護者」出したことなかったのに、なんでこの場面で出してくるの!?
それだけ、古城くんと姫柊のコンビが強力だった、と思いたいところなのだけれど、正直言ってこの二人では、霧葉を加えた三人でも、殆ど太刀打ち出来てなかったような……。眷属使っても守護者転輪王に力でねじ伏せられるとか、どんだけ。
教師やってる攻魔官の中でも那月ちゃんは別格扱いらしいけれど、それでもこれだけ格が違うと他の先生も強いんだろうなあ。笹崎先生もこれまだガチで戦ってるシーン見たこと無いけれど、仮にも拳仙級らしいし実際べらぼうに強そう。そういえば、笹崎先生、アニメだと先生なのにチャイナ服常備だったけれど、本編読むと別に普通の服着てたような…。
というわけで、シスコンを拗らせた古城くんが、妹が行方不明になったことを知って発狂したのを、寄ってたかって煽ったり諌めたりして大騒ぎ、と言ってしまうと身も蓋もないか。
南国の絃神島だけあって、大晦日と言っても冬の風情なんぞどこにもなく、振り袖着るのは殆ど拷問と変わらないという状態なのが、何とも独特の大晦日イベントである。それでも着るあたりに、浅葱の意地が垣間見える。
しかし、凪沙が行方不明という事態に古城くんが動転するのは、こいつのシスコンを知っているとさほど驚きでもないのだけれど、雪菜が獅子王機関が暗躍していたと知ってあれだけパニックになるとは思わなかった。孤児であることを若干気にしていた素振りはあったけれど、思っていたよりも獅子王機関に帰属意識というか、マイホーム的な意識が強くあったんだなあ。てっきり、もう暁帝国にべったりと思ってたんだが。ってか、ほんとこの娘、硬い分ポッキリ折れやすい娘よね。メンタル弱い(笑
まあストーカー気質でヤンデレ風味で酔うとすぐに心中したがるあたりで、メンタル強いとは全く思ってませんでしたけど。挙句、今回の一件でなんか、余計に拗らせちゃったというか、彼女の中で変な結論出てしまった気もしないでもないですし……危ない娘だなあw
しかし、夫婦揃ってこれだけあわあわあたふたされると、心配を通り越してホントに大丈夫か、この二人、となってくるなあ。いや、古城くんは普段はそんなに動転するタイプでもないので、めったに揃ってこんな有り様になることはないはずなんだけど。こりゃあ、やっぱり浅葱さんにちゃんと面倒見てもらわにゃあ。
一応、こっからの話、メインヒロインはカインの巫女たる浅葱っぽいんだけど。渦中に置かれるのはどう見てもこっちなんですよね。なのに、肝心の二人がこの調子というのは……(苦笑
浅葱がカインの巫女と呼ばれる存在なのは、どうやら彼女の父親も承知の上みたいだし、知っている人の間では周知の事実なのか、これ。獅子王機関といい、浅葱の親父さんといい、なんでそんな娘さんを嫁に出したがるんだw

サブタイトルでは、逃亡編と銘打っているにも関わらず、未だに絃神島から脱出も叶っておらず、足止め役が今までの出し惜しみがなんだったのか、という豪華ラインナップなだけに仕方ないといえば仕方ないのですが、なんか本気で逃亡失敗するんじゃないのかと心配になってきた。これだけ古城くんが理を説かれても、それを踏まえてなお押し通ろうとするのは珍しいと思うんだけれど、ガチで通れなさそうというのはさすがに予想してないぞw
最後に立ちふさがった人、以前からこっそり準レギュラー格で出まくってた人だけれど、ここまで規格外だったとは。矢瀬っち、どんな相手に粉掛けてんだw

シリーズ感想