艦隊これくしょん -艦これ- 鶴翼の絆 (2) (富士見ファンタジア文庫)

【艦隊これくしょん -艦これ- 鶴翼の絆2】 内田弘樹/魔太郎 富士見ファンタジア文庫

Amazon

数々の出会いと激戦の末に、“艦娘”として戦う決意を新たにした正規空母・瑞鶴。その一方で、榛名ら金剛型四姉妹を擁する主力艦隊は、“陸棲型”深海棲艦「飛行場姫」を攻略するためにルンバ岬海域で死闘を繰り広げていた。敵味方の鉄屑が海底に沈み、「鉄底海峡」と呼ばれる戦況になってもなお打破できぬ事態を重く見た“提督”は、瑞鶴にある命令を下す。だがそれは、艦隊決戦の切り札である戦艦・大和のみならず、多くの艦娘にとって過酷すぎるものだった―。“幸運の空母”瑞鶴の視点から大人気ブラウザゲーム『艦これ』の世界を描く本格“戦記”小説、発艦!
「アイアンボトム・サウンド」やべえw
1巻では瑞鶴や翔鶴の内省的な話に全体が偏っていて、【艦これ】の戦記としての部分も、キャラクター主体としての部分の両方のバランスがあんまり良くなかったんですよね。前世の艦艇としての記憶を持っていることも、その記憶に艦娘としての人格が引きずられていることも良い設定だとは思うんですけれど、余りにもウジウジと形骸に拘って内に篭もり、或いはムキになって暴走し、自分の存在についてのアイデンティティを確立できずに迷うさまを見せられ続けるのは正直しんどかったのです。
そういうお話が非常に面白く感じる作品も、少ないどころかむしろ多いくらいなのですけれど、これはバランスなのかなあ。実際、この2巻でも懊悩し迷走し内に篭ってしまう艦娘は幾人も登場するのですが、むしろそうやって立ち止まり動けなくなってしまう少女たちが、再び立ち上がり戦いに立ち向かっていく様がこの巻では、大きな溜めと盛り上がりを伴って成功しています。
艦娘とは、兵器なのか、はたまた少女としての人格を持つ人間なのか。この辺りの設定は、取り扱う作品によってかなり違うようですけれど、本作はその軍艦としての記憶と誇りと、少女としての精神性を兼ね備えた、自分が求めていた「艦これ」という作品のスタイルに非常に近くて、その意味では満足感が大きいですね。
彼女らは人格としては女の子ではあっても、まず何より空母「瑞鶴」であり、戦艦「榛名」であり、「大和」である、という意味と意義と歴史を喪って欲しくないですから。名前だけ一緒、というのはまた違いますからね。
だからこそ「前の戦争」の記憶を、惨劇を覚え引きずっている、という設定はむしろ美味しいもののはずで、今回のかつてのソロモン海の戦い、「鉄底海峡」を彷彿とさせる激戦、大苦戦はその辺りをうまく活用した手に汗握る展開になってて、非常に面白かった!
さすがは本職の仮想戦記作家というべきか、泥沼の消耗戦に引きずり込まれていく悲壮さと、その中での奮戦の描写は思わず柏手を打ってしまうくらいで、うんうん、こういうのを読みたかったのよね、と頷くことしきり。
それに、登場艦娘を少数に絞るのではなく、片っ端といっていいくらい大量に登場させることによって、キャラを堪能できると同時に、総力戦という切迫感も醸し出していて、これまた満足感が高かった。
いや、作戦的にはなし崩しもいいところで、先の戦争の見通しの無さを思い出させるもので、こっちの上層部もろくでもないんじゃないのかと、不安は募るばかりなんですけれど。大破撤退を徹底させていたお陰で、喪失艦が出なかったのは幸いだけれど、ヘタすれば本当に鉄底海峡化しかねない海戦ばかりだったからなあ。
でも、だからこそ、彼女らに自分たちが戦う事が本当に銃後を守ることに繋がっているのだ、と信じさせてあげる展開はとても良かった。そして何より、沖縄特攻で大和に従った矢矧たち二水戦の面々が大和を迎えに来るシーンは泣けたなあ。もう矢矧がヒロインでしたよ、このあたりw
しかし、これだけ面子が揃っていながら、やっぱり【金剛】が一番みんなのお姉さましてるんですねえ。まさに精神的な支柱という意味で総旗艦に相応しい。