アルティメット・アンチヒーロー 常勝無双の反逆者 (講談社ラノベ文庫)

【アルティメット・アンチヒーロー 常勝無双の反逆者】 海空りく/Nardack 講談社ラノベ文庫

Amazon

神代焔はかつて世界中の軍隊を滅ぼした魔界からの侵略者《魔王》をたった一人で討伐した英雄だ。しかし彼はあまりの強さに権力者達から疎まれ『反逆者』の濡れ衣を着せられ社会から追放される。それから数年後、焔は訳あって魔術師学校に入学し『お荷物小隊』と揶揄される少女達の面倒を見ることに。少女達を導き瞬く間に学園最強の小隊に成長させる焔。彼の強さと優しさに心惹かれていく少女達。だが世界に再び《魔王》が襲来するとき少女達は知る。『本物の最強』にとって仲間とは戦友ではなく、守るべき弱者でしかないのだと! いずれ救世主と全ての人間に讃えられる少年が紡ぐ、敵も味方も誰一人ついて行けない常勝無敵ファンタジー開幕!
リアル・マスターテリオンじゃないか、こやつ! ガチでシャイニング・トラペゾヘドロンとか使えそうなんですけどっ!
ぶっちゃけ、その実力たるやラスボス級で主人公として備え持つ力としては完全に反則である。いや、ほんとに【斬魔大聖デモンベイン】の大敵たるマスターテリオンがそのまま主人公サイドで出てきた、と考えてもらって間違いはないくらい。つまるところ、存在からしてデウスエクスマキナなわけです。
そんなんを主人公にして話が成り立つのか、どんな展開にしようとも緊張感が保てないんじゃないか、と思われても仕方ない所なのですけれど、よくよく読んでいるとこの物語の主人公って神代焔であるように見えるんだけれど、実のところ焦点があてられているのはヒロインの星河純華の方なんですよね。それが明確になるのが、焔の真の実力が明らかになり、彼が人間の想像を絶した隔絶した存在だと目の当たりにした上で、彼女が決意を固めた瞬間である。
あの瞬間から、この物語の真核は焔が権力者たちの悪意や魔界の侵攻を問答無用でぶっ飛ばしていくという痛快無双というところではなく、人類が本来望んでも絶対に届かない領域、地上から手を伸ばして月に触ろうとするような行為を本当に成し遂げようとする一人の少女の、血反吐と涙に塗れ何度も心折れ挫折しそれでもがむしゃらに辿り着こうする、その泥臭いまでに無様で美しい姿へと定まったのである。
本作は、厳密には焔は教師や教官という役職についたわけじゃないけれど、その無限に近い知識と実力を活用して、預けられたチームの少女たちを教え導く役割を与えられているので、広義には最近とみに増えている教官モノにあたるのだと思うのだけれど、面白いことにアプローチは逆なんですよね。
いわゆる主人公が教官役としてヒロインたちを教え導く教導者としての立場に立つジャンルである教官モノは、概ね生徒たちは影響を与えられる側でしかなく、師弟としての上下関係が固定されてしまってるんですね。ここに異性間の感情が交じることはあっても、少なくとも実力については追随者に過ぎず、教官役に認められることに喜び、その指導によってメキメキあがっていく力に充実感を得て、その影響下に収まり続けることに満足して、すでに完成されている教官役の主人公の価値観を覆すような事もまずないわけです。
逆に、生徒の側から教官役を担う、既に完成してしまっている主人公に対して決定的な影響を及ぼす、それこそ価値観や考え方、在りようを根底からひっくり返すような、強烈な……攻撃的と言っていいくらいのアプローチがあるケースは本当に滅多と見ない。覚えている限りでは、すえばしさんの【祓魔科教官の補習授業】くらいか。あれも、まだヒロインが決意を固めるというスタート地点に立ったところなのだけれど。
そして、この作品もその数少ない一作になりそうなんですよね。既に完成品である人物を、根本から作り変えるだけの、必死で懸命でがむしゃらで一途な……思いの篭った挑戦の意思を、挑む決意を、純華はこの1巻を以ってスタンバイしたのでした。
しかし、寄りにも寄って、同じ教官モノの中でも特に隔絶した能力を持つであろう焔に対して、あれだけの啖呵を切ってみせた純華は、文句なしにカッコ良い惚れ惚れするようなイイ女ですよ。いやなるほど、中途半端はいけないよなあ。高みへと昇るというのなら、人類最強程度じゃ小さい小さい。頑張れば届いてしまう程度の高みなら価値はない。やるなら、これでもかこれでもか残虐なほどに積み上げた絶対無理筋の領域を用意して、じゃあここまで辿り着いてみろ、と指し示してこそ、其処へ至ろうとする意思と過程に価値が生まれるというものだ。
マスターテリオンと称されるほどのハードルあげまくった焔の実力は、無双する為に用意されたものじゃない。ただただ、星河純華の為に用意された、と見るべきだろう。だからこそ、この作品の本当の主人公は誰であるか、は常に問い続けながら見守るべきであろう。さて、彼女に感化される娘があとどれだけ増えるだろうか。そうなれば、焔は正しくマスターテリオンとしてラスボスの座に腰を降ろせるのだろう。その日が、まことに楽しみである。

海空りく作品感想