聖煉の剣姫と墜ちた竜の帝国2 (一迅社文庫)

【聖煉の剣姫と墜ちた竜の帝国 2】 瀬尾つかさ/美弥月いつか 一迅社文庫

Amazon

アリシアに連れられて賢者の学院に入学したグレイだが、生物学や薬草学など狩猟以外の座学ではまったくの役立たずであることが判明する。実母の故郷であり、かつて地上に墜落し地下迷宮と化した竜の帝国の廃墟へ向かうのだが、そこには意外な人物が待ち受けていた…。

あれぇ、二巻で打ち切りですか。長期シリーズを睨んだ仕込みが随所に見られる作品でしたし、主だったキャラクターもまだ出揃ってもいない段階でこれはキツいなあ。
主人公グレイの、シスコンを通り越した妹教狂信者的な妹至上主義なキャラは面白かったですし、そんな妹にしか眼中にない彼をアリシアが必死こいて靡かせていく流れは楽しみだったんですけれど。どこか、動物の調教めいていて(マテ
振り返ってみると主人公のグレイは天然のスットボケたアホの子であり、ウェンディは瀬尾作品の小人族らしい自爆教派で引っ掻き回すのが大好きな享楽家、新登場のイルミナは恋愛脳の妄想家、んで唯一のツッコミ役をあてがいたいアリシアからして、真面目ゆえにどんどん空回りしていって歯止めを見失うタイプなので、カオスを止める人が全く居ない。これでは、掛け合いもポンポンと弾むはずです。この手の漫才はキャラの立ち位置がある程度定まってからガッチリ噛みあうのが常ですから、まず出会いがありそこから交流があり親密になっていく紹介と微調整という過程が必要な1巻よりも2巻からが本番であり、実際本作もこっから調子出てるんですよね。一旦軸が定まれば、後からキャラが追加されても上手いこと嵌り込むので停滞はなく、イルミナやラストの彼女の登場と加入はよいアクセントになるはずだったのですが……。特にイルミナは、まだ本番はこれからといった風情で、馴染む前に終わっちゃうというのは辛いなあ。アリシアの噛ませ臭がプンプンしていたのは確かですけれど。
興味深いのはエルシオーネという人の存在。彼女に近似するのが【銀閃の戦乙女と封門の姫】のエリカなんだけれど、このパターンのヒロインは中々他では見ることの出来ない属性なんですよね。エリカだけだったなら、特別で済んだのだけれど、ここでエルシオーネという存在を改めて登場させてきたとなると、作者にはそっちの嗜好もあるということなのか。もしかしたら、以後のシリーズでも似たような存在についてはお目にかかれるかもしれない。
魔王側の埋伏作戦といい、妹フィーネの暗躍といい、竜の一族の謎といい、ここで放棄されるのは勿体無いネタと伏線と謎ばかりで、本当に勿体無い限りです。頼むからほんと、2巻打ち切りというのは勘弁してほしいなあ。3巻切りと比べても余りにも中途半端になってしまうし。

瀬尾つかさ作品感想