エスケヱプ・スピヰド 七 (電撃文庫)

【エスケヱプ・スピヰド 七】 九岡望/吟 電撃文庫

Amazon

戦う、守りたいものがあるから――。
神速アクション、本編ついに完結!

雪解けの始まった落地では、鬼虫と甲虫の最後の戦いが始まった。剣菱の前に立ちふさがるのは戦闘狂の烏帽子。
上空では、竜胆が虎杖と兄弟の因縁の戦いを繰り広げていた。叶葉達も、神鯨の乗組員の説得に当たろうと艦橋へと赴く。そして、九曜と朧の戦いもまた――。
人間から兵器になった鬼虫達の、戦中から続く長い戦いがついに終わりを告げる。譲れない信念を掲げた鬼虫と甲虫、果たして生き残るのはどちらか――。
最強の兵器達の神速アクション、本編感動の完結!

お見事!!
素晴らしい映画を見終えた後に、自然とスタンディングオベーションが発生するように、思わず拍手してしまいたくなるような、見事な締めでありました。一つのエピソードとして、ここまで過不足無く完成度が高い作品も珍しいんじゃないだろうか。それも余裕のないぴっちりとした完成度ではなく、優雅で実に美しい余韻を与えてくれる、気持ちのよい完成度、それはもう機能美と言っていいくらいの。
兎にも角にも、この物語の根源である「戦争を終える」というテーマを、全体の物語としてもひとりひとりの個人としても完膚なきまでに描き切った事が、この見事なまでの幕引きに繋がっているのでしょう。なかなか、ここまで行き届かせて書けないですよ。
実のところ、前回に鬼虫の何人かが潰えてしまったことで、未来へと引き継ぐために過去に引きずられている人な根こそぎ「託す」という形で切り捨てるんじゃないかと、恐々としていたんですね。具体的には、九曜と叶葉たち若者や幼い子どもたちを除いた大人たちは、特に鬼虫や姉姫様などは軒並み退場するはめになるんじゃないかと。
それはそれで、戦後も続く「戦争」の決着だし、次世代に想いを繋いでいく、という意味では一つの正しい形でもあって、作品の形としては間違っていないのだけれど、それは美しくとも哀しい結末になってしまうなあ、と痛みを噛みしめる用意はしていました。逝ってしまった柊たちの在り方なんか見てるとねえ、どうしてもそんな予感は否めなかったわけですけれど……。
いい意味で、予想を覆してくれました。悪しき怨念は黒塚が、未練と哀しい想いは伍長が、全部持っていてくれました。結局、敵側の敵役としての格については、黒塚は小人物の域を脱せなかったのですけれど。小物というには、御大尽なんで小物、器が小さいというのは違うと思うんだけれど、思想といい過去から現在までやっている事といい同志に対する容量にしても、お世辞にも敵としてもボスとしても、多くを受け止める器の持ち主ではなかったんですよね。所詮は遺物に過ぎなかった。はじめから、何も背負えていなかった、とも言えるのですけれど。結局、彼自身何も変われず、得ることもなく潰えてしまったわけですし。
正直、弟の竜胆とは格が違ったなあ。
戦う敵として、痛みも後悔も受け止めて、先へ進むための壁であり踏み台であってくれたのは、やはり伍長一人であったと言えるのでしょう。
実は最後の最後まで、巴姐さん、ラスボスなんじゃないかとハラハラして見てたんですけれど、違ったみたいで、良かったです。いやあ、絶対何か企んでると思ったんだがなあ。精神的にもちょっと狂気入った人だったし、家族である鬼虫たちの為なら何しでかしてもおかしくない雰囲気あったし。逆に言うと、もしラスボスにならないのならまず途中で消されるキャラなんだという予想もあったんですよね。それは、竜胆兄さんも同じだったんだけれど、だからこそこの二人が残ってくれたのは実に心健やかにしてくれる展開でした。
生真面目で遊びのない堅苦しい人だと思ってた竜胆が、実は結構スットボケた天然っぽいところもある人だと知れたのは嬉しいところでしたし。
最後の旅立ちのシーンに至るまで、これ以上ない「見事」さでありました。デビュー作のシリーズとしては出色の出来だったんじゃないでしょうか。これからの活躍にも期待が募るばかりです。
完結、お疲れ様でした。

シリーズ感想