聖剣使いの禁呪詠唱<ワールドブレイク> 9 (GA文庫)

【聖剣使いの禁呪詠唱<ワールドブレイク>9】 あわむら赤光/ refeia  GA文庫

Amazon

日英仏三大ランクS合同の大規模作戦決行!!

謎に包まれていた異端者発生地の特定に成功した白騎士機関。これを叩くべく、日英仏の三支部合同による史上最大の作戦が敢行される。

諸葉、エドワード、シャルルの三大ランクS、さらに初めてその姿を現した中国支部長・迭戈が一同に会し《群体要塞級》攻略の糸口を模索する。作戦の核を成す、最難関ミッションを一任される諸葉。気配を殺し、且つ迅速なる隠密行を要求される任務で、諸葉がパートナーに選んだのはなんと――モモ先輩!?
「もうアタシ……逃げないから! 」
往け、超神速のその先へ――!!

新たなる一歩への勇気と覚悟が試される、最大規模の総力バトル勃発な学園ソード&ソーサリィ第9弾!!
モモ先輩、アニメのキービジュアルではレーシャと並んでちゃんとサツキと静乃と同格の所にいるんですよね。静乃は、モモ先輩のことを周回遅れと言って余裕ぶってますけれど、彼女のスピードからすると周回遅れ程度で大丈夫なのかなあ、と。この人、走りだすまではモタモタとなかなか動き出さない人ですけれど、一端動く出したら思い切り良く全力で突っ走る人だからなあ。それは戦闘面だけじゃなく、恋愛関係でも同じなんじゃないかと。一途ですよ、この人。そりゃもう、ぐるぐると変な方向突っ走っているサツキや、微妙に落ち着いちゃってるレーシャと比べても、一度恋を自覚したらひたむきに前進してきそうで、周回遅れ程度じゃ全然遅くないんじゃないかなあ、と。静乃だって、いざとなるとヘタレそうなところあるし、余裕ぶってる場合じゃないですよ。
まあ、影ではちゃくちゃくとマーヤが侵略侵食洗脳を推し進めているので、気がつけばロリが大勝利、という危険性も。事実、若干既に手遅れ気味な事が発覚してますしw
しかし、この英仏との合同作戦という大舞台で、モモ先輩を引っ張ってくるとは思わなかった。彼女のポディションからして、ヒロインとして扱われるにしても、日常回を含めて、もっと余裕のある所で着々と彼女の実力や関係を積み立てて、という形になると思っていただけに、この場面でサツキや静乃を差し置いて彼女を持ってくるあたりは、モモ先輩の抜擢はかなり本気だと思われる。
実際、戦闘シーンを見てても、ことバトルの相棒という意味では黒魔の静乃や対人専門のレーシャ、そしてタンクのサツキと比べて、モモ先輩の諸葉との相性は抜群なんですよね。彼女のスピードは、諸葉の万能性に対して応用力が非常に高いのである。勿論、サツキや静乃も状況に寄るんだろうけれど……実はサツキはエドワード、静乃はシャルルの下位互換みたいな節もあり、本気で大物とガチで戦う場合にはエドワードたちと組む方が強そうなんだよなあ(苦笑
これまでの様子を見ていると、サツキは今やストライカーズのメインタンクの一人として、部隊に欠かせない一員となってるけれど、静乃の方は微妙に実力を存分に発揮できるポディションがまだ出来てないみたいなので、彼女の取り扱いどうなるのかは興味深いところなんですよね。

しかし、ストライカーズの石動隊長、前回ルー・ヂーシンに為すすべなく負けてしまったので、精神的に大丈夫か心配していたんだけれど、とりあえず大丈夫そうで安心した。この人、さり気なく闇堕ちしそうなフラグの気配があって心配なんですよねえ。精神的にもタフネスで気持ちのよい人でもあり余裕も懐の広さもバランス感覚も面白みもある人で、簡単に闇堕ちしそうな隙が見当たらないんですが、だからこその危うさがありそうな気もあり、でも逆に真っ当に強くなっていきそうでもあり、どっちにでも振りそうな可能性があって、この人も目が離せないんだよなあ。
やっとこ登場した日本支部のセイバーたちは、案の定イマイチパッとしない人たちで、もうちょい頑張れ、という感じなので、余計に石動隊長含めてストライカーズの面々には期待が膨らむのです。亀吉先輩が変な方向に才能を開眼させてしまったり、丈弦がえらく頼もしいポディションになってたり、とそろそろ副長の斎子さんがパワハラとセクハラしかしてない人みたいに見えてきたので、あんたもちょっと頑張れw

話の方は、要塞級三体との決戦に合わせて、囚われた人たちの潜入救出という、日本だけじゃなく英仏のセイバーたちも総動員したこれまでにない大規模戦闘なのだけれど(AJが荒ぶっておられる!)、色々倒す方法にも順番にも条件がある、というあたりは、大規模レイドバトルを連想させるシステムで面白かった。シャルルもエドワードも、単独自の戦闘スタイルと、パーティーリーダーとしての戦い方はそれぞれいつもとはまた違っているのねえ。
と、派手にバトルが進む一方で、物語はついにこの戦いそのものの核心へと踏み込みだす。ついに、真の敵の正体、その一部が明らかに……。
やっぱり、人間の敵は人間か。

シリーズ感想