クロニクル・レギオン (ダッシュエックス文庫)

【クロニクル・レギオン】 丈月城/BUNBUN  ダッシュエックス文庫

Amazon

皇女は少年と出会い、反逆を決意した――。
時は20世紀末。極東の島国『皇国日本』は古代ローマの世より甦った英雄カエサルの手で攻略され、隣国『東方ローマ帝国』によって事実上支配されていた! カエサルを最強の征服者たらしめる力の名は『レギオン』。それは列強諸国がこぞって主力兵器とする神秘の軍団、有翼巨人兵の軍勢である。
皇国日本の皇女・藤宮志緒理は日本の覇者になるという野心を胸に秘め、ついに行動を起こす。皇女が腹心の将として選ぶのは一見何の変哲も無い高校生・橘征継。しかし彼もまたいにしえの世より甦った武人、大英雄カエサルと同じ偉大なる復活者『レガトゥス・レギオニス』であった……!!
復活せし英雄達と美少女が奏でる極大ファンタジー戦記、開幕!!
相変わらず、グローバルで雄大な世界観にはワクワクさせられる。やっぱりこう、話のスケールが大きいと男の子としてはトキメキが違うんですよね。設定も盛りだくさんで、レギオンや復活者など、それ一つ一つでシリーズ一編作り上げられるであろう要素をこれでもか詰め込むこの山盛り感は、ヨダレが垂れてくるというもの。
そして肝心要のヒロインたちは、トビっきりに可愛いのは大前提として、それぞれがもう一廉の「人物」なんですよね。特に志緒理姫ときたら黒幕志望の野心家であり、威風堂々とした為政者であり、既に姫というより女王の風格の持ち主。そう、この娘、王様なんですよね。しかし、突っつくと初心なところもある姫でもある。政治や謀に関しては獰猛な狼のように鋭く猛々しい一方で、女の子としては隙も多く、結構容赦なくツッツいてくる征継に対してあたふたと翻弄されるあたりは、非常に可愛らしい人で、もう素晴らしい。動揺しながらも結構積極的だったりするところは、何気に甘え上手なのかもしれません。
その突っついてくる側の橘征継はというと……この人、丈月作品の主人公の中でも一番すけべえというか、女好きなんじゃないか? あまり熱を感じさせないクールな言動で、平然と女が好きみたいだ、と公言するあたりとか、わりと遠慮無く志緒理に迫ってるあたりとか。王様や竜殺しとはまた別のベクトルの助平さであります。
しかし、その征継の正体というと……これ、その国にはその国由来の復活者、という決まり事はちゃんとあるんだろうか。カエサルや、大英帝国の復活者を見ていると、一応その原則には沿っているようなのだけれど、となると征継の正体って既に名前が出てしまっているあの人、ということになるんだけれど、ちょっと露骨にすぎるんだよなあ。
さすがに土方歳三は、いくらこの世界では救国の英雄になっているみたいだけれど、カエサルや黒騎士レベルの偉人に対すると格落ちが否めないのでちょっとどうよ、と思ってたら、違ってて安心したようなちょっと残念なような。近現代の人間だと日本人に限らず、ちと時代的に近すぎて、威光が足りないんですよね。
とはいえ、日本人でこのレベルに対抗できる名前の格となると、やはり少ない。実力能力に関しては戦国時代や南北朝の騒乱期など、探せばなんぼでも化け物クラスはいるんだけれど。
明らかに大陸の騎馬民族か、或いは逆に騎馬民族を北伐などで下していった中華の名将のいずれか。中央・西アジアや中東、東欧州にも騎馬軍団の名将勇将は数知れずいるので、挙がる名前は尽きないわけですが。
それでも、かのカエサルや黒騎士卿を相手にするには生半な人物では太刀打ちできそうにないんだよなあ。これ、二人共本当に人類最高峰といって全く過言ではない英傑なわけですし。
しかし、この騎士侯はレギオンを召喚して軍団として運用出来る、というシステムは面白いなあ。いわゆる信長の野望とかのシミュレーション的な戦争形式を実地でやるようなものですし、レギオンにもそれぞれ呼び出した騎士侯の所属する国や、その個人にあわせた個性があるあたりも非常に面白い。
満を持して、というべきか、イラスト担当にBUNBUNを持ってきてくれたのは嬉しい限り。とにかく、とびっきりに楽しみなシリーズの開幕ということで、大盛り上がりに期待。

丈月城作品感想