東京レイヴンズ (12) Junction of STARs (富士見ファンタジア文庫)

【東京レイヴンズ 12.Junction of STARs】 あざの耕平/ すみ兵 富士見ファンタジア文庫

Amazon

空を舞う『スワローウィップ』の群れ、くちばしからたなびくピンクのリボン―それは、天馬から夏目への“秘密の伝言”。そのメッセージは夏目だけでなく、決起の日を待つ仲間たちのもとにも届いていた。そして、都内にて潜伏する春虎にも。夏目が東京へ戻ってきたことを知った春虎は、焦燥を募らせる。夏目とは会えない事情があった。早く“捜し物”―『鴉羽』と対になる呪具を見つけなければいけないのだが、成果のないまま徒に時が過ぎていく。そんな春虎を追い詰めるように、夏目の危機を知らせる報がもたらされ…!?東京の闇の中、運命を背負う星々が瞬き、交錯する―!
おっおっおっおおおおおお、おおおおっ! かかか加速、ブーストが始まったぁ! こうなると止まらんよ、この振り落とされそうな疾走感。これこれ、あざのさんの作品はこれがたまらんのですわ。この質量があるかのような怒涛の展開。読み手の襟首を鷲掴みにされて、そのまま全力疾走で引きずり回されるかのような掌握力。ここまで圧倒的な展開力を持ってる作家さんは、まだまだ数少ないだけに、いざそれを食らってしまうと、構えていても「持って行かれ」てしまいます。
これから本巻を読む人は、是非余裕を持った読書時間の確保を。まさに火蓋が切られてからは、何があっても途中で読むのを中断するわけにはいかなくなりますから。
ついに、というべきなのでしょうか。蜘蛛丸と夜叉丸が動いたこの時こそ、皮肉なことに雛鳥たちが本当の意味で親鳥たちの庇護から離れる時だったんですなあ。すでにもう、旅立ちに対する心の準備は天馬があの花火を上げた時にできていたのでしょうけれど、夏目の危機の報が轟いた瞬間、あそこまで一気に何もかもが動き出すとは。籠の中の鳥たちまでもが、自力で飛び出してくるとは。
京子や鈴鹿はもっと面倒な展開を挟むのかとも思っていたので、あそこまで迷いなく檻をぶちぬいていかれたら、痛快以外のなにものでもありませんでした。いや、物理的な障害以上に、彼女たちの気持ちの問題としてもうちょっと回り道があるかな、と思ってたんですよね。見縊ってました、夏目のもとに駆けつけるのに、空白期間も置かれた立場も環境も、彼女たちにとって何も関係なかったことが、なんだかすごく嬉しかった。
こいつら、まったくもって最高ですわ。そして、最近の天馬くんが色々な意味で頼もしすぎる。みんな行き当たりばったりの中で、天馬が居なけりゃ何も成り立たないじゃない、これ。これほどの大重要人物をノーマークだった、というだけで敵さん大チョンボですよ。いつだって、此処一番で大仕事をやってのけたのは彼だったのに。上ばかり見ているから、こうなるのだ。ざまあw
しかし、今もって春虎の目的は定かじゃないんですよね。夜叉丸がだいぶ探り入れていましたけれど、いまいち的を絞れない。いや、春虎としては夏目の不具合を完治させるという目的は一貫しているのかもしれないけれど、夜光としてはどうなのか。
ぶっちゃけ、夜叉丸たち双角会は、というか世間の人たちは皆揃って、夜光が行った大儀式を「失敗」したと決めつけて疑いもしていないようだし、春虎も否定はしていないのだけれど……土御門夜光は、本当に「失敗」したのか?

一方で、ジョーカーとして動きまくっていた大友先生は、まさかまさかのダメ出しにここまで来て立ち止まってしまうことに。大友先生の危うさは、二期に入って強調されていたところではあったのですが、あそこまでキッパリと拒絶されるとはさすがに思わなかった。でも、今の大友先生ってべらぼうに強くはなっているのかもしれないのですが、一方で講師をやっていた頃の、誰と相対しても揺るがなかった安心感がなくなってるんですよね。あの頃は、負ける姿が想像できなかった、どんな相手展開でも最悪引き分けにまで持っていくような強かさやしぶとさが感じられたのに、今の大友先生は……鏡がまた張り切ってビンビン蓄えてるんだよなあ。
その意味では、ここで一度キッパリダメ出しされるのは良かったような、はたまた余計に不安定になってしまいそうな気配もあり、なんとも……。
そういえば、ようやく大友先生と木暮さん、そして涼が袂を分かった原因となる事件が見えてきましたね。その事件、あの女性記者の姉の、陰陽塾の講師だった人の死が、全く今の事態と関係のない独立した事件だった、とは考えにくいので、今後また深い所で絡んでくるのでしょうけれど、子供たちが独り立ちした分、ちょっと早めに三羽烏たちのエピソードも進展してほしいなあ。

と、状況は収まるどころかどんどんカードをつぎ込む形で留まる所を知らないまま盛り上がりはうなぎ登りの常態のままこの巻終わっちゃったので、次早く出ないと死にます。死にます。

シリーズ感想