焦焔の街の英雄少女3 (MF文庫J)

【焦焔の街の英雄少女 3】 八薙玉造/中島艶爾 MF文庫J

Amazon

ベヒーモス、カルキノスの襲来に乗じ、“桔梗”本部を強襲した“八雷”。杏の奮戦空しく、“八雷”を率いる嵐樹の剣皇・イザナミによって光義が連れ去られてしまう。後悔に苛まれ、一刻も早く光義の奪還に向かおうとする杏。しかし、常に傍で自分の支えとなっていた光義がいないことで、杏は「烈火の剣皇」としての自分の姿を見失っていた。一方の光義も、イザナミを始めとする“八雷”メンバーの目的を知り、迷いを覚える。そんな中、敢行される光義奪還作戦。杏と共に投入される“獣人殺し”と呼ばれる部隊。善意から生まれたはずの戦いがやがて大いなる悪意を呼び込み…。世界の運命に翻弄される、英雄の少女とその幼なじみの物語。愛と悲しみの第3巻。
違う違う、普通は自分を見失うというのはそういうのじゃないから。杏さん、それちょっと違うから。

案の定、豆腐メンタルの杏は拠り所でもあった光義を攫われてしまったことで余裕を失い、これまで演じてきた「烈火の剣皇」としての自分の姿を見失ってしまうのですが……そこはね、普通に元の臆病で内気な一人の少女に戻ってしまえばいいんですよ。剣皇としての自分を見失うってそういうことでしょうに、この娘ってばそういう弱さだけは頑として受け入れないのよね。
なので、ひたすら威厳ある強い剣皇を演じようとして……キャラが迷走し始めちゃいましたよ、この娘ッ!?
突然高笑いキャラになったり、スケコマシキャラになったり、薩摩隼人になったりと舞台上で頭真っ白になってパニックになってる新人女優並みの右往左往っぷり……可愛いなあ、ほんとにこの娘は。
それでも、片時も光義を助け出すことは諦めないんですよね。逃げ出すことも引きこもることもせず、内心半泣きになりながら、パニックになって冷静に何も考えられなくなりながらも、戦うことからは助けることからは決して背を向けない。どれだけ豆腐メンタルでも、その芯だけは揺るがない。これだけ弱くて儚くて可愛らしく守ってあげたくなる少女でありながら、揺るぎない強さを見せるヒロインはなかなか居ないですよ。

こういう娘がヒロインだからこそ、あれだけ光義という少年が身も心も消費し尽くして彼女に尽くそうとする姿が自然に感じるわけです。その一心不乱さ、一途さにいびつさを感じさせない。それだけの献身に足る、相応しいヒロインなんですよね。
新キャラにしてヒロインであろうイザナミこと碧も、凄くいい子で良いキャラしているのだけれど、光義はあまりにも杏に一途すぎて、割って入る余地が殆どなさそうなのが、ちと可哀想になるくらい。鉄板すぎる。
まあ、そんな状態にメゲずに明るく強く輝いてみせるだけのパワフルさと健気さを、碧も持っているのでヒロインとしての輝きはいささかもくすむことはないのですが。新たな剣皇として、仲間としてもこの上なく頼もしいですし。
テロリスト「八雷」として登場した立場の危うさは危惧するところでしたけれど、そもそも八雷という組織からして反政府組織ではなく、こっそりと企業や政府筋から支援を受けて表沙汰にしにくい案件を解決していた、という裏側からとはいえちゃんと秩序を守る側にいた事で、合流にもそんなに不具合を感じさせませんでしたし。
テロリストとしてのヤバイ部分に関しては、あの展開がある意味全部持って行ってくれたとも言えますし。

次の目標も近畿侵食圏の解放と定まり、光義の自分の置かれた境遇への悩みも、この事件を通じて払拭され覚悟も定まったことだし、一気に新展開に突入できる態勢は整いました……整いました。続き、でますよね!?

1巻 2巻感想