ソードアート・オンライン オルタナティブ ガンゲイル・オンライン (1) ―スクワッド・ジャム― (電撃文庫)

【ソードアート・オンライン オルタナティブ ガンゲイル・オンライン 1.スクワッド・ジャム】 時雨沢恵一/黒星紅白 

Amazon

『キノの旅』の時雨沢恵一&黒星紅白による、もう一つの『ソードアート・オンライン』が登場!

銃と鋼鉄の世界《ガンゲイル・オンライン》を舞台にしたアニメ『ソードアート・オンラインII』ファントム・バレット編。
その銃器監修を担当した時雨沢恵一だからこそ描くことができた、新たなSAOワールドがここに!

身長183cmの女子大生・小比類巻 香蓮(こひるいまき かれん)。長身コンプレックスが災いし《現実世界》では人付き合いが苦手な彼女を変えたのはVRMMO《GGO》だった。
身長150cmにも満たない理想の"チビ"アバターを手にした香蓮は、全身ピンクの戦闘服を身に纏い、プレイヤー"レン"となってGGO世界を駆け回る!
そんなレンの前に現れた美人プレイヤー"ピトフーイ"。GGO内ではレアな女性同士、意気投合するが――ある日レンは、最強ガンナー決定戦《BoB》のチームバトルロイヤル版《スクワッド・ジャム》への参戦をピトフーイから打診され……。
ふおおおお、面白い面白い面白いよーー!! 時雨沢さんが一心不乱に趣味全開に走るとこうなってしまうのか。SAOはどうしても性に合わなくて結局10巻を前にして脱落したのだけれど、GGO編は読んでいたので、設定云々については覚えていたのでその辺りはすんなり頭に入ってきた。元々SAOの世界観はエンタメとしての枠はしっかりしつつ、その中身の詳細については相当柔らかくてどうとでもなるので、こんな風にスピンオフで他の作家が手がけられる余地は相当にあったのだと思うのだけれど、こうしてバッチリ成功してしまうと、時雨沢さんだけではなく他の人のスピンオフみたいなのも増えてくるかもしれないなあ。ただ、このベテランさん並にしっかりと自分の作風というものを確立していないと、容易に埋没してしまうのもスピンオフの怖い所だけれど。
しかし、うん、本当に面白いなあ。キノの旅からアリソンから、銃と冒険の世界にどっぷりと浸かってきた人だけれど、ただひたすらガンガンガン、という作品はこれまでなかったんですよね。当然と言えば当然で、そんな銃塗れの世界なんてよっぽどの世紀末か紛争地帯の渦中かマフィアの抗争状態である、早々ライトノベルで書ける領域ではない。のだけれど、この作者さんの何気に真っ黒ノワール色が強かったりするので、バルカン半島とか香港でドンパチしている話書いても、案外不思議じゃないような気もするのだけれど。
ともあれ、このGGOではどれだけ銃弾をぶち込んでも誰も死なない仮想世界であり、後腐れなく楽しくドンパチできるということで、本当に伸び伸びと好き放題好みの要素をぶち込んでゲラゲラ笑っているのが伝わってくるようなノリノリの話なんですよね。いや、楽しい楽しい。ただ、ノリノリすぎて、いつものレベルの完全に危ない人までぶち込んでしまっているのは、これ今後どうするつもりなんだろう。はっちゃけすぎて、リアルでドンパチしはじめないか心配なレベルである。何しろ、実際に実銃経験者、それもかなり熟練と思しき人も登場しているわけで、その人って結局それができる環境にあったわけですしねえ。いやまさか、そんな話になるとは思わないけれど、思わないけれど、この作者さんもいわゆる「油断できない」タイプの作家さんだからなあ(苦笑
しかし、このリアルで180センチを越える身長にコンプレックスを抱える女性が、150センチのチビアバターを手に入れて、心ゆくまでチミっ子のちょこまかすばしっこいプレイを満喫する、という設定は面白いなあ。彼女に限らず、リアルの自分とネットゲームのアバターの自分を大きく変えることで、多かれ少なかれ現実から逃避し、しかしなりたい自分に仮想とはいえなってみて、そのアバターで全力を振り絞ることで、逃避ではなく現実の自分との折り合いをつけていく、という形に収束していくのは、一つの成長物語なんですよね。違う自分になり、その経験を現実に還元していく、というのはネットゲームものの成長譚における一つの王道なんでしょうけれど、意外と女性主人公で、というのは覚えがないですし、それが小から大ではなく大から小という方向なのも新鮮で、面白かったです。
結構分厚いページ数だったのですけれど、まあ時雨沢さんの作品はスルスルとわんこそばみたいに喉越しスルリとしているので、最後まで一気に読めましたし、テンション落ちなかったなあ。
やたら不穏な要素が残っていますが、ガンシューティング、存分に堪能させていただきました。でも、まだまだ足りない、もっと読みたい!!

時雨沢恵一作品感想