B.A.D.チョコレートデイズ(4) (ファミ通文庫)

【B.A.D.チョコレートデイズ 4】 綾里けいし/kona ファミ通文庫

Amazon

「人間は、さ。わけわかんねぇ方向から、なんでっていうことで、無理やり救われちまうことがある」
蟲の怪異に怯える私に名も知らぬ金髪の人はそう言った。そして古書店で働く霊能探偵を紹介してくれたのだが――『B.A.D. AFTER STORY』。
狐との決戦後、白雪は未だ小田桐と再会できずにいた。
一族の掟と自らの恋心に悩む彼女の前に婚約者を名乗る男が現れ……『恋しき人を思うということ』
他3編を収録したチョコレートデイズ・セレクション第4弾!
『小田桐は今日も理不尽と戦う』『七海は幽霊を信じない』
毎度の如く怪異に巻き込まれ、肉体的にも精神的にもひどい目にあってきた小田桐くんだけれど、それは大概にして自業自得、起こってしまった事に対して自分から余計な首を突っ込むからで、決して繭さんの事務所で働いているから、という訳ではありませんでした。そりゃあ、繭さんのところに来た依頼にひっついていくから巻き込まれるわけですけれど、その時に余計な事をしなければそれほど酷い目に合わなくても済むケースも多かったですしね。そもそも、彼が繭さんの側に居なくてはいけなくなったのも、何だかんだと彼本人のせいという部分が大きかったわけですし。
とはいえ、何もかもが彼の自業自得というわけじゃあありません。実は彼が余計な被害を被るのは、繭さんじゃなくてとある人物が巧妙に厄介事を押し付けてくるから、という場合も少なくなかったのです。そう、大家代理の小学生七瀬七海の暗躍であります。この短篇集にも二編、彼女によって怪異の解決を押し付けられてしまった小田桐くんの苦闘が描かれております。小田桐くん、その人の良さもあってか自分が七海に厄介事をおしつけられた、という認識が全くないのも哀れなのですが。
この七海ちゃん、自称小学生で実際小学生にも通っている自他共認める小学生なのですけれど、小学生離れした得体のしれない、不気味なところが散見されてある意味繭さんよりも謎な子だったんですよね。あまりにも賢すぎる上に、賢さの方向性がどこか仄暗くて魔女めいたところがあったのです。
長らく、本当の大家である彼女の祖母は、実はとっくに死んでいて七海がそれを隠しているんじゃないか、という疑惑がつきまとっていましたしね。今回、ようやく大家の生存が確認されて、疑いが払拭されたのですけれど。
彼女が本当にいい子だということは、綾とのエピソードでちゃんとわかっていますし、彼女なりに小田桐くんをちゃんと慕っているのも理解しているのですけれど、小田桐くんを巧妙に利用するあのこなれた手腕は彼女が大人になった時が恐ろしくなってきます。あれで、決して他者を利用することを楽しんでいる訳でもなさそうなんですけどね。なんか息をするようにやってるあたりが、ヤバいなあ。

『愛しき人を、思うということ』
白雪さんが、小田桐くんへの愛を貫き通す決意を固めるエピソード。当の小田桐はあの白雪さんに出した酷い手紙以外は登場せず、水無瀬家本邸で話の一切が纏まってしまうあたりに、小田桐という青年の残念さが詰まっているような気がしないでもない。
小田桐くんを愛してしまいながら、白雪さんにはどこか儚げで叶わぬ想いを抱えながら遠くから見つめ続けるような印象が強かっただけに、一度離れて小田桐くんが手紙を送ったあとに再登場したあとの、あの不退転の決意で破滅の道をひた走る小田桐くんの体にしがみついて留めようとする白雪さんの、あの強い意思、断固とした想いにはちょっと圧倒され、驚いたものです。結局、最後まで小田桐くんを救い続け支え続け自分を放棄するのを許さなかったのは白雪さんで、彼女が居なかったらまずこの物語は文句なしのBADエンドだったのでしょう。離れている間に一体彼女に何があったのか、それを物語るのがこのエピソードだったわけですな。
最愛の兄との決別への気持ちの整理、水無瀬家の当主としての責任、それらもろもろに決着をつけて女として一回りも二回りも大きく強くなったお話に、肝心の小田桐くんが直接何も関わらず、白雪さんが一人で乗り越えたというあたりに、最初に書いたように小田桐くん……(苦笑)な気持ちが湧いてきてしまいます。
もちろん、白雪さんの中に小田桐くんへの想い、という捨てられず揺らす事の出来なかった支えがあったからこそ、なんですけれど……でも、この時小田桐くん、白雪さんフッてるんだもんなあ。フラれた事で余計に奮起した白雪さんには感心せざるを得ないです。


『繭墨は今日も僕の隣で微笑む』
時系列としては、繭墨と小田桐くんが一緒に過ごすようになってからまもなく、初期のエピソードにあたるのか。
原点に帰るような、人間の残酷さと醜悪さがこれでもかと詰め込まれたグロテスクな惨劇であり、尤も繭墨が好むお話でありました。案の定、小田桐は巻き込まれ、繭墨は何もせずに惨劇を鑑賞するばかり。誰も救うこと無く、しかし事態はしっかり解決に持ち込む繭さんは、確かに悪趣味なのだろうけれど、彼女は決して状況を悪化させようとはしていないし、ちゃんと自分は誰も救わないと明言して、確認して、念を押してるんですよね。決して理不尽ではないのです。
それでも、この頃の小田桐くんは中々彼女の邪悪な誠実さを飲み込めずに、怒り苦しんでいる。自分がかなり巻き込まれ酷い目にあっているから、というのもあるんだろうけれど。
この頃の様子を思うと、最後のあたりは小田桐くん、随分繭墨に歩み寄り、彼女を理解してるんだよなあ。

『B.A.D. AFTER STORY』
理解しその在り方を受け入れることが出来ても、ずっと一緒に居られるわけではない。本編のあの終わり方からして、繭墨の事務所を辞めた小田桐くんはそのまま繭さんとは縁が切れてもう二人は逢う事もなくなってしまっているのだろうと思っていた。
だから、何だかんだと普通の友人のように、折があえばちゃんと会っているというのが分かって、なんだかホッとしてしまった。良かった、良かった。
本当に、芯からバッドじゃないエンディングだったんだなあ。
後日談であります。果たしてあの後、みんながどのように過ごしているのか、というのが異能に目覚めてしまった一人の少女の目線を通して描かれるのがこのエピソード。
繭墨の事務所を辞めた小田桐くんが、一体どうしたのかは一番気になるところだったんですよね。無職ですよ、無職。その経歴からもまともな職にはつけるはずもないし、これはもう白雪さんに養われるしかないよなあ、と思っていたのですが、何と自立していました。薄給だし繭さんのところに勝るとも劣らずな変な本屋だけれど、ちゃんと就職できたのか……おまけに霊能探偵なんて続けてるとかw
本人は霊能探偵なんかじゃない、と言い張ってますが。実際、雨香もいなくなって当人には何の力も無いですけれど、見える目はちょっと残ってるみたいですし、何より人脈が凄い。繭さんともまだ連絡取り合っているし、舞姫のところにもコネがある。そして、何より白雪さんの水無瀬との繋がり。小田桐くん当人も何だかどっしりとして頼りがいが生まれちゃって、これも嫁さん貰ったからかねえ。まだ、正式には結婚してないみたいですけれど。幸仁がラスボスとして立ちふさがってるみたいですけれど。リアル『神』の試練(笑
でもこの野郎、ドヤ顔で俺の嫁、とか白雪さんの写真掲げてのたまってるあたり、本当にこの野郎め、爆発しろ! あの雄介が辟易とするほどですから相当です。その様子を見てる七海さんがガチで怖いです。まあ雄介もなんだかあの後輩ちゃんとよろしくやっているようですし、舞姫と久々津もあのまま幸せそうで、あさとですらもフラフラとしょっちゅう旅に出て根無し草ですが、あの『猫」と一緒で……。
しっかりと、これ以上無くしっかりと、皆のその後が、不幸も悲劇も惨劇もないその後が描かれて、安心しました。ちらりと語られた、目撃された雨香の様子も……。彼女も、もうひとりの繭墨も決して不幸ではなさそうで。あとはもう一度、あの父娘が再会出来たらいいのになあ、と願うばかり。でも、いつか叶う気がします。いつか、いつか……。

これにて、【B.A.D. Beyond Another Darkness】は終幕。
本当に、素晴らしいシリーズでした。良き物語との出会いに感謝を。

シリーズ感想