ひとりで生きるもん!  ~粋がるぼっちと高嶺の花~ (MF文庫J)

【ひとりで生きるもん! 粋がるぼっちと高嶺の花】 暁雪/へるるん MF文庫J

Amazon

「性格のいい美少女なんてものは、地球上のどこにも存在しない」
そんな信念を持った結果、クラスヒエラルキーの底辺にいるお笑い好きの少年・織田慶人。彼の心のよりどころは校内で唯一交流を持つ文通相手・手紙の君だ。ある日慶人はその手紙の君と会う約束を交わし―強く後悔することになる。そこに現れたのはなんと学校一の美少女・湊千紗だった。たとえぼっちになろうとも、美少女とは決して関わらない。そう誓っていた慶人に、千紗はとんでもないお願いを口にする―「わたしの相方になってください!」第10回新人賞“佳作”受賞、ぼっち×高嶺の花で贈る、「ひとりでだって生きられるけど、やっぱそれって難しいよね」系ラブコメ!
文句の付けようがないラブコメ!! というタイトルにしてもおかしくないんじゃなかろうか、と唸らされてしまったド直球青春恋愛小説。いやもう、ここまで小細工抜きのストレートで来られてしまうと、コチラとしても真っ向から迎え撃たなくては、という気になってしまいますがな。
とはいえ、最初は主人公の慶人には良い心証はあまりなかったんですよね。美少女嫌いという「信念」に何か根拠とか過去のトラウマでもあるのかと思ったら、単に自分が女の子と関わりを持てないことに対する予防線に過ぎなかったわけですし。このあたりの慶人の信念については、物語上あんまり掘り下げるテーマがあったように見えず、添え物的なものでしかなくて、千紗のアプローチにあっさりと引っ込めてしまったあたり、あんまり意味なかったんじゃないかなあ。殆ど抵抗らしい抵抗もせずに、千紗のこと受け入れちゃいましたし。
むしろ、本番は二人が親密になってから。千紗って、慶人と漫才したいという目的があって彼と接触して、その触れ合いの中で恋心が芽生えた、というよりも、既に相方になってくれと申し込んだ時にはココロは定まっていて「思い出づくり」という意識が強くあったようなので、彼女のアプローチというのは決して無意識天然の産物ではなく、意図的で恣意的で、さらにいうと必死ですらあるものですから、その攻撃力たるや生半可なものじゃあありません。所詮、ぼっちを粋がるだけで予防線を敷くだけ敷いて本体の防御力は皆無に近い主人公が、懐に入られてしまって直接攻めて攻めて攻められまくったら、そりゃああっさり陥落しますわ。
しかし、最大の被害を出すのは背を向けて逃げてる時の撤退戦。逃げ腰をやめてドンと構えることができたら、受けて立つ気構えさえ整えば、案外早々に崩れる、なんてことはなくなるわけで。男の子だって覚悟を決めれば、真っ向からの打ち合いだって出来るのです。しかし、相手は既に退路を絶たれて突き進み、玉砕してととと散り去る覚悟と来たもんだ。で、起こってしまったのはその場で一歩も譲らずのノーガードでの血みどろの殴り合い。年頃の男女の恋模様に置き換えるなら、こっ恥ずかしさも照れも世間体も関係なく、ひたすらお互いへの想いに際限なく熱を上げていくようなもの。凄いよね、恋に夢中になるというのはこういう事を言うんでしょう。ひたすら、ひたすら、ひたすら、好きな相手のことを考えて考えて脳が茹だってくるほど想いを募らせていく、それも独り善がりではなくて、お互いがお互いの事を真っ向から見つめ合って、ですよ。これをノーガードの打ち合いと言わずして何という。だからこそ、千紗がその抱えた秘密が為に目をそらした途端に、均衡は崩れ、ある意味慶人はどこまでも前のめりに倒れ続けなくてはならなくなるわけです。あえて、そこで自分も向き合うのを辞めるという選択肢がありながら、そこで退かず逃げず立ち止まらず、そのまま前のめりに勇躍倒れ込もうとするあたりは、若さよなあ。怖いもの知らずだよなあ。若いからこそ、その熱情だけで突き進める。それが羨ましくもあり、青くもあり。なるほど、これが青春か。
これ、本当に二人きりだけのお話だと、千紗も慶人も本当に視野が狭くなってしまって、ドツボにハマってしまった可能性は多分にあるので、千紗の妹の七海の役割は思ってた以上に大きかったんじゃないでしょうか。小学生にも関わらず、この娘イイ女すぎるぞw

これで綺麗に話もまとまっているのだけれど、どうやら続編出るみたい。蛇足にならなきゃいいんですけど。