千の魔剣と盾の乙女15 (一迅社文庫)

【千の魔剣と盾の乙女 15】 川口士/アシオ 一迅社文庫

Amazon

魔王ケンコスの手からエリシアを救いだすも、ロックらの力及ばず、伝説の竜クロウ=クルワッハが永い眠りから目を覚ました。それと呼応するかのように各都市に大型竜たちが出現し、バルトゥータスやニーウらは都市防衛戦を展開する。世界崩壊のときが近づく中、ロックとエリシアは魔剣ホルプとともに最悪の破壊竜クロウ=クルワッハを再び封じることができるのか。ついに完結!
近年においては15巻まで辿り着くような長期シリーズはお目にかかれないので、その意味でも貴重だった本シリーズもこれにて完結。書ききったなあ、うん余すこと無く書くべきこと書きたい事を全部書けた、という達成感が伝わってくる結末でした。残念ながら数巻で幕を閉じざるを得なかった【星図詠のリーナ】の後日談というか本番の話もさり気なくホルプの過去回想で盛り込んでくれたお陰で、何となく欲求不満だったあっちのシリーズもケリをつけてくれたような側面もあって、二重の意味で大満足。どうやら、あとがきによるとロックは当初の作者さんの考えを超えて成長し、自分なりの目的を見つけ、師匠の後追いだった魔王討伐のその先へと突き抜けていったのは、ご覧のとおり。そして、ついにエクストラボスともいうべきクロウ=クルワッハとの決戦に、世界の都市に放たれた竜の眷属たちと、かつて旅の中でロックたちが出会った人たちの戦いが同時展開されて、うん最終決戦に相応しい盛り上がりでした。
このシリーズの一番のピークはやはり王道魔王戦の極地と言えた魔王バロール戦だったと思うのだけれど、本身を現したホルプとともにケンコスの残した妖剣を携え、魔王バロールの力をも借りて、仲間たちと共に滅びの竜と立ち向かう、という文字通りの総力戦はバロール戦に負けぬ大舞台だったと思います。
なんか、ロックとエルシアが盛り上がりすぎて、先走ったというか抜け駆けしてしまった模様ですが。うん、最終決戦前にはありですよね。でも、それなら他の二人にも……。生き残れるかも分からない戦いの前だったのに(苦笑
正直、この展開だとホルプについては色々と諦めてた部分があったので、あの結末はむしろ救いでありました。今生の別れではあっても辛い別れでも哀しい別れでもなく、竜としての正しい在り方の末でありまた「いつか」……ロックとホルプ当人同士ではないにしろ、「いつか」を夢見させてくれる「さようなら」でありましたから。
唯一「えーー」と思ったのは、ヴァル師匠ですけどね。あんたには、弟子と同じくらいの甲斐性を期待したんだがねえw ニーヴ師匠、二年後に帰ってきたというし、そこからの粘り腰の寄り切りを期待するばかりです。
大作、ほんとお疲れ様でした。

シリーズ感想