世界の終わりの世界録<アンコール>3 熾天の女神 (MF文庫J)

【世界の終わりの世界録<アンコール> 3.熾天の女神】 細音啓/ふゆの春秋 MF文庫J

Amazon

伝説の英勇エルラインが遺した至宝「世界録」。その在り処を世界中の国や旅団が探し求める時代―レンたち「再来の騎士」は竜帝カルラとの激闘を経て、世界録の在り処を推し当てる。“その地”の封印を解除するため、一行は天界を総べる女神レスフレーゼの下へ旅立つ。時同じく、世界最大の旅団「王立七十二階位特務騎士団」が、天界への侵略を画策。さらに聖女エリエスや剣聖シオンたち実力者は、得体の知れぬ不穏な脅威との遭遇を予見する。「強くなるさ。…これ以上、守ってもらう立場でいたくない」。その決意は世界を震わす狂詩曲の一片となり、偽英勇を歴史上にたった一人の存在へと昇華させる―いま、最も王道を行くファンタジー、覚醒の第3弾!
これ、どう見てもフィア先輩がぶっちぎりで残念というか、実は脳筋なんじゃ、という疑惑が。なんだよ、この「弓矢使うより、思いきり拳で殴った方が強くないかしら」という事に気づいて武闘家に転身した、とかw
猫かぶってるけれど、わりと理性蒸発するの早いし、ブチ切れたらぶちきれたで奥歯ガタガタいわしたろか?系になるし、セクハラ上等のエロエロ先輩だし……ひとりでアウト枠使いきってますよ?
別作品の同名の天使フィアが本当に純真無垢で天使らしい天使なのに、この差はいったい……。
竜の谷で法印を受け取り、次は天界にあるはずの封印をとく法印をもらうために、フィアの案内で天界を訪れるレン。今度は天使か女神が相手か、と思ったのだけれどさすがにそんなワンパターンではなかったのか。世界録が隠された場所とそこに施された封印、そしてかつての終焉戦争の真実と、立ち向かうべき謎が徐々に明らかになると同時に、同じ場所、同じものを求めて動き出している他のグループの存在も浮き彫りになってくる。同じ人間の旅団でも、法印をめぐり対立するものたちも居れば、共闘できる人たちも現れて、と段々忙しなくなってきた。強すぎる仲間たちの直接の支援は受けず、レンが一人で戦う場面もさらに増えてきているのだけれど……これかつてのエルラインがむちゃくちゃすぎる上にキルシェやフィアたちも図抜けているだけで、現状で既にレンって人間の範疇だと十分突き抜けちゃってるんですよね。それでもまだ求めるレベルは上の上だから立ち止まること無く修練を続けているせいで、成長速度が尋常でないことになってしまってる。いや、こんなにグイグイ強くなっている時点でかなりおかしいのだけれど。将魔クラスの高位魔族とガチで渡り合えてるわけですから。
それでも、レンに求められるものには足りなくて、彼が目指す先はキルシェやフィア、エリーゼと対等に、そして彼女たちを守れるだけの強さを得ること。今回の一件で、その確かな取っ掛かりは得られたんじゃないでしょうか。これ、エリーゼのお墨付きだもんなあ。彼女の興奮具合は、なんとも擽ったかった。
順当に行くと、次は魔界。エリーゼのお膝元であり現魔王であるエリーゼの弟の元を訪れることになるんだろうけれど……ラブコメの予感w

シリーズ感想