異世界食堂 1 (ヒーロー文庫)

【異世界食堂 1】 犬塚惇平/エナミカツミ ヒーロー文庫

Amazon

オフィス街に程近い商店街の一角、犬の看板が目印の雑居ビルの地下一階にその店はある。
猫の絵が描かれた扉の食堂「洋食のねこや」。
創業五十年、オフィス街のサラリーマンの胃袋を満たし続けてきた。洋食屋といいながら、洋食以外のメニューも豊富なことが特徴といえば特徴なごく普通の食堂だ。しかし、「ある世界」の人たちにとっては、特別でオンリーワンな一軒に変わる。
「ねこや」には一つの秘密がある。
毎週土曜日の店休日、「ねこや」は“特別な客"で溢れ返るのだ。
チリンチリンと鈴の音を響かせやってくる、生まれも、育ちも、種族すらもばらばらの客たちが求めるのは、世にも珍しい不思議で美味しい料理。
いや、オフィス街の人なら見慣れた、食べ慣れた料理だ。
しかし、「土曜日の客たち」=「ある世界の人たち」にとっては見たことも聞いたこともない料理ばかり。特別な絶品料理を出す、「ねこや」は、「ある世界」の人たちからこう呼ばれている。
―――――「異世界食堂」。
そして今週もまた、チリンチリンと鈴の音が響く。
ああ、ずっと気になってた「ねこや」のマーク、こんなだったのか。なるほどなあ、これほど可愛らしい猫のマークなら、怪しいドアでも開けてみる気になるか。
「小説家になろう」でもいくつか散見できる、料理系のお話の中でも特にお腹を直撃してくるのが、この【異世界食堂】でした。いやもう、本当に美味しそうなんだわ。料理の描写もさることながら、食べる人が本当に美味しそうに食べるので、読んでいるこっちもだらだらとヨダレが溢れてくる。一つ一つの料理は洋食屋や家庭でも食べられる一品ばかりなので、この本を読んだ後に思わずフラフラと食べに行ってしまう人も少なくないのではないだろうか。
一話一話は短くて、それぞれ一つの話で完結している短篇集の形式。実際、この一冊で実に二十話もの話が詰め込まれているのですが、あっさりと読めるわりには一話一話結構密度が濃いんですよね。これは、一話につき一品、ガッツリ食べた気になるのもあると思うのですけれど、さらには一話につき一人以上の、その話の主役となるお客さんの人生を垣間見ているからなのかもしれません。ねこやを訪れる異世界のお客たちは、老若男女を問わず、また人種すら人間に留まらず多種多様な顔ぶれが揃っています。中にはこのねこやとの出会いによって人生の幕を開く若者たちの物語もあれば、この7日に一回土曜日に開くねこやと共に人生を歩んできた老境の人たちも居る……。
この「洋食のねこや」は最近、ぽっと出で異世界と開通したようなお店ではなくて、先代の頃から50年近く居世界に門扉を開き続けた老舗なんですよね。それだけ、つながりがあり歴史がある。それだけの年月続けていると、常連となったお客さんの中にも環境が変わって来れなくなったり、寿命を迎えて亡くなってしまう人もいる。そしてねこやの方も、初代の店主であった老人は亡くなり、その後を引き継いだ今の二代目ももう若くなく、中年に差し掛かっている。
一方で、新たに常連となるお客さんも居て、その中にはかつての常連客が残した情報を頼りにねこやへ続くドアに辿り着いた者も居れば、幼いころに祖父に連れられて訪れた記憶を元に再び訪れるようになった人も居る、後継者としてドアを引き継がれた者もいる。そんな風に、世代を超えて引き継がれていくような一幕がまた、散見出来るんですよね。ここの常連客となった人たちは、同じ常連たちから好きな贔屓のメニューの名前で呼ばれるようになるのですが、古くからいる常連客がいつの間にか現れなくなった常連の後を継ぐように、同じメニューばかり頼む新しい若い常連の姿を見て目を細めて二代目だな、なんてつぶやいてるシーンなんか、凄い好きでねえ……。
そう、このお話、それぞれの主役となる来店客と彼らが目を輝かせて頬張るそのメニューに焦点があたる一方で、その食べてる姿の背景には他のテーブルで同じように夢中になって食べている人たちの姿も一緒に映り込んでるんですよね。その光景の、国際色豊かというのを通り越した混沌とした賑やかさの、なんと幸せそうなことか。それぞれ色んな立場があり、苦しい状況に置かれているものもいれば、世知辛い身の上に置かれているものもいる。でも、ここで美味しいものを食べてる時、みんなが本当に幸せそうなんですよ。外の世界で出逢えば剣を突き合わさなければならないような関係でも、滅ぼし合わなければならない対立があっても、この店の中だけでは誰も決して争わず、トラブルを起こさないように示し合わせているのです。ただ、美味しいものを楽しむ場を守るために。
面白いことに、舞台となるのはこの異世界食堂「ねこや」であるのに、訪れる人達は世界中の様々な場所から来るものですから、不思議と異世界の様々な国々や異郷を旅して回る旅行記を読んでいるような気にもさせられるんですよね。様々な文化のもとに暮らし、王族や商人、聖職者、冒険者や山の奥に篭もりっきりの狩人。他にも辺境の特殊な環境で暮らすものたちや、そもそも人間とは異なる習慣の元に生活を成り立たせている異種族の面々も居る。住んでいる環境も温暖な場所もあれば、寒冷地もあり、山から海からねこやがある世界では見たこともないような不思議な場所もある。そんな、様々な場所から訪れた人たちが一同に会して、同じ食堂の中でニコニコと笑いながら、美味しい料理を食べている。
もうねえ、見てるだけで幸せな気分になるんですよ。食べてる人の気持に引きずられるように、お腹が空いて空いて空きまくると同時に、読んでいると笑顔がいっぱいにこぼれてくる。あふれてきてしまう。
一番好きな話は、これは人気あるんでしょうけれどやはり「サンドイッチ」でしょうか。常連客が老いも若きも大人げなく、自分の好物料理こそがサンドイッチに一番合うのだと、言い争いになってしまうお話。
お客たちは基本的に不干渉で、自身の頼んだ料理に夢中になっているのですが、それでも料理が出てくるまでの時間や、食後の一杯などを嗜んでいると、いつも顔を合わす常連客たちと話が弾んでいく事もあるわけで、ここでの出会いは決して内だけで完結せず、外の世界でも繋がっていくこともある。
ただ、あくまでねこやは料理を楽しむ場所、という大前提は崩れないので、そのバランスも実に絶妙なんですよ。
あと、好きな話というと「チョコレートパフェ」かなあ。あのパフェを幼心に雲に例えて、雲を食べた、とする感性は素晴らしいなあ、と。そして何より、美味しい料理を食べることで外での出来事で曇っていた彼女の顔が輝く瞬間が、色々とたまんなかったです。店主の言い様じゃないですが、美味しい料理を食べて喜んでいる姿をみるのが一番、という事なのでしょう。「パウンドケーキ」の話も思わずニヤニヤしてしまったなあ。悪魔の誘惑w
描き下ろしの「豚に角煮」は、まさに店主も含めて世代を引き継いでいく、という点を照らしだしたようなお話で。この仕込みが、アレッタの登場に繋がっていくというのもなかなか粋な演出じゃないですか。
お客さんたちが、幾人か世代交代していく一方で、ねこやはどうなんだろう、と思う所はあったんですよね。店主、もういい歳で幼馴染の洋菓子店のおっちゃんなんか子供二人も作ってるのに、店主には後継者の姿が見えなかったので微妙に心配してた向きがあったんですが、最近ウェブ連載の方でそのあたり、ちゃんと描いてくれたので一安心。ねこやはまだまだ元気です。
うん、まだまだお話のストックは十分以上たまっているので、早く続きを読みたいものです。なお、当作品は食事の直前に読むことをオススメします。食事の時間までまだまだ余裕があるときに読んでしまうと致命的です。さらに、食後の満腹時に読んでも、お腹いっぱいなのに全然喰い足らない気になってしまいお腹が空いてたまらなくなるという悲惨なはめになってしまうので、ご注意の程を。