カナエの星 (2) (電撃文庫)

【カナエの星 2】 高橋弥七郎/いとうのいぢ 電撃文庫

Amazon

カナエの妹とも言える少女・一条摩芙は、世界を破滅に導く『ハインの手先』だった。その真実を知らずに『ハインの手先』への再戦を誓うカナエと、その真実を隠し彼を想い慕う摩芙。『運命の糸』は、そんな二人を奇妙な『魔術師』と巡り合わせる。八十辻夕子。カナエのクラスメイトであり現代の魔術師であった彼女は、自分の裸を目撃された代償にカナエを許嫁に仕立て上げる。一方、『ハインの手先』となった摩芙が夕子の父に『半閉じの目』を見出し…。恋もバトルも見逃せない第二巻!
やっぱり、この「凶」を連想させるタイトルの星のデザインは好きだなあ。
さて、二巻となった本作。世界観の説明も済んでさくさくと話が進み始めるかと思ったら、むしろ初っ端のブーストが一旦終了してなんだか落ち着いてしまった感すらある。というのも【点火済みの爆弾】こと主人公のカナエがなんだかおとなしかったんですよね。爆弾にしては爆発しないというか、彼が思慮深くなっちゃうとダメなんじゃないかな。物分かりが良い、というのは彼の魅力をある意味削いじゃっている気がする。何しろ、彼は物をわかるわからない以前の段階ですでに動き出してしまっている先の先の先をとってしまうような超々速攻型の敵も味方もまるっと引っくるめて後方に置き去りにしてしまうキャラなのだからして、考えるのはいいんだけれど立ち止まって考えては欲しくないかなあ、と思うのである。まあ、こういうキャラ、扱いが難しいというかそういう風に書くこと自体が非常に馬力とかが居るキャラだろう事は理解できるのだろうけれど。むしろ、整然とした構成の物語を描こうとした場合、全部シッチャカメッチャカにしながら驀進していくカナエみたいなキャラってどうしたらいいかわからんもんなあ。
この二巻の見所は、魔術師という本来なら俗世や日常、一般常識という括りから隔絶しているはずの存在の描き方だろう。夕子やその父ちゃんも含めて当人たちも「アチラ側」のつもりである、世界の真理の裏側を知る者たちとして厳然とした独自の世界観を抱いているはずなんだけれど……面白いことに、そよぎたちや「ハインの手先」というこの物語の核心に住む存在たちからすると、その魔術師たちも「何も知らない一般人」サイドなんですよね。このギャップがなかなか面白い。
同時に、今回の事件の因果というのは魔術師の業とかじゃなくて、どちらかというと普通の父娘のすれ違いであって、家庭問題なのである。むしろ、魔術師であるという自負と観念こそが、この父娘の問題をこじらせていた、と言っていい。だからこそ、カナエたちの登場はある意味、魔術という特別な世界に浸っていて問題の大事な部分を見過ごしていた八十辻父娘に対して、魔術師としての「特別」を吹き飛ばす効果があったんじゃないだろうか。より特異で異常で不可解で未知であり真理であるそよぎとその協力者であるカナエの存在感は、八十辻父娘をどうしようもなくただの父親と娘にしてしまったわけだ。
勿論、魔術師という「素養」はやっぱり普通の人よりもそよぎたちをそのまま理解する助けにはなっているわけで、手助けしてくれる存在としては魔術という力にしても見識にしても、今後大いに助かるわけだけれど。
それ以上に、夕子はそよぎと摩芙という両頭に対して、第三ヒロインとして強烈に食い込んできた感がある。1巻のメインである先輩は、何だか今回蚊帳の外だったし。何より、夕子は直球でカナエに対して意識しだしてますしねえ。摩芙としては、何だか訳の分からないそよぎよりも、よっぽど強力なライバル出現じゃないだろうか。何気に、夕子とは趣味関係で意気投合してしまっているあたり、ある意味噛み合っちゃってるわけだし。
次回は、もうちょっとカナエの危なっかしさを見たい所。

1巻感想