棺姫のチャイカ (12) (富士見ファンタジア文庫)

【棺姫のチャイカ 12】 榊一郎/なまにくATK 富士見ファンタジア文庫

Amazon

ガズ皇帝との激戦後、消息不明となったトールとチャイカ。二人を探す旅に出たアカリと紅チャイカ。フェルビスト大陸に訪れた束の間の平和の中で、彼らは、彼女らは、どこで何をしているのか?そしてガズ皇帝亡き後も『チャイカ』という存在を警戒するジレット。いまだ明確な『終わり』が見えない中、ダチア子爵領で『ガズ帝国軍』―旧ガズ帝国の正統後継を名乗る少女を旗頭とした武装集団が現れ―。「我が名はチャイカ・ガズ」そう名乗った彼女のそばには、機杖を持った少女と黒衣の若者の姿が…。『チャイカ』サーガを締めくくる真のエンディング!!
後日談、これは騙されたわー。これ、あらすじからミスリードしてるし。
というわけで、ガズ皇帝との決戦で行方不明になってしまったトールとチャイカ+フレドリカ。彼らを探して赤チャイカとアカリがコンビを組んで旅に出る、というところで前巻が終わっていたので、そりゃあそのまま続きかと思うよねえ。
後日談の話としては、ちょうどアニメのオリジナル回でもあったガズ帝国の残党が偽物のチャイカ姫を旗印にして抵抗運動っぽい山賊活動をしていたお話をそのままアレンジしたような展開でしたけれど、そのアレンジの度合いがかなり大胆というか、パないよ!!
トールたち、もうちょっと田舎に引っ込んでおとなしい生活を送るものだと思い込んでましたがな。ちょっとあのメンツでラストの展開持って行くには、人材の質が偏りすぎてるような気がしないでもないのですが。内政家とか外交官とか、政治家と官僚がいません!! 実は傭兵と乱破ばかりで正規の軍人も居ません!! 個人戦闘力については、尋常じゃないのはわかってるんですが。あ、亜人兵たちはあれでも本職の軍人か……特殊兵だけど。
いやでも、トールやアカリが辣腕だというのはわかってましたけれど、チャイカもあれ、凄腕だったんですねえ。赤も白も。そう考えると、赤チャイカの仲間だった二人の傭兵コンビも、同じ傭兵の業界じゃあ相当に名前の売れてた人たちだったのかも。子供が出来て落ち着いたあと、どうやらまた合流することになったみたいだけど。
いや、この後日談で何が驚いたって、フレドリカがトールの子供産めるという、ドラグーンなんでもあり設定だったんですけどね!!
何気にボケ役しかいなかったヒロイン衆の中で、最後の最後になって正統派ヒロインが現れて、何気に美味しいところ持って行きそうな雰囲気だったのには笑いましたけれど。トールから見て頭痛いヒロインばっかりでしたから、最後の娘はトールの精神的にも癒し系になってわりと大事にされそうな感じだったんですよねえ(苦笑
とりあえず、こっちのトールと愉快な仲間たち帝国はいいとして、ジレット隊長とヴィヴィさん、ご結婚おめでとうございましたw トールが、ジレットたちの不在が新婚中だからと知らされて、素でそれはおめでとう、と祝辞してたのにも笑いましたけれど。でも良かったよ。ジレット隊長の鈍さからしてもっと拗れるかと思ってたし。
ズィータとニコライがわりと良い雰囲気な感じだったのは気のせいかなあ。イケメンのジレット隊長よりも、いかついニコライの方がその辺気になるのでした。

もう一つの中編は、八英雄の一人の弓士グレン・ドンカーブートから遺体の一部をもらうために、彼の依頼を果たすお話。アニメだと、赤チャイカたちに遺体奪われてた人だけれど、こっちだと小説の中では八英雄の中でも随一の強さを見せる。【弓聖】の異名を取ってたみたいだけれど、作中でも語られているようにその本質は狩人。それもマタギとかそっち系統の人だよね、これ。普通に実力勝負していたら、完全にトールたちが敗北していたパターン。八英雄はどうしても、実際に英雄と呼ぶには微妙な人たちも多かったけれど、実際にその程度の連中だったら、突入部隊の精鋭として選抜されたりしないものねえ。

結局、本物のチャイカ姫。本物は居ないと言われてますけれど、実際ガズ皇帝討伐の際に城の中で首を切られた白チャイカそっくりの娘は居たわけで、白いチャイカがどういう素性だったのかも語られないままでしたが、そのへんは触れぬが良しかしら。
なんか意外と意表を突かれる結末でしたが、明らかに死亡フラグを立てていた赤チャイカとその一行も生き残れましたし、登場人物の多くも概ね幸せになれましたし、綺麗にまとまった完結編だったんじゃないでしょうか。榊氏のシリーズとしては、【スクラップド・プリンセス】系統の話として、大変おもしろかったです。満足。

シリーズ感想