ロクでなし魔術講師と禁忌教典 (3) (富士見ファンタジア文庫)

【ロクでなし魔術講師と禁忌教典(アカシックレコード) 3】 羊太郎/三嶋くろね 富士見ファンタジア文庫

Amazon

魔術競技祭後、学修旅行の行き先をクラスに告げたグレンは、男子生徒から神と崇められていた。その理由、ロクでなしを神とまで高めたその旅行先は…リゾートビーチで有名な離島。水着、お泊まり―。グレンに焚きつけられた男達は女子の露わな姿を求め、帝国軍顔負けの作戦を計画し…!?一方、男子を『馬鹿の巣』と揶揄するシスティーナは、ルミアの護衛員・編入生リィエルと仲良くしようとするも…リィエルはそれを拒絶。さらに、その不安定な心に付け入る男が訪れ―。生徒を惑わす闇を払うため、グレンの力が試される!
うーーん、正直言って普通。いやあ、ダメだよ普通でこじんまり落ち着いちゃったら。久々にレーベルの看板スターを張れるんじゃないか、というくらいの輝きを二巻では見せていたのに。微妙とは言わないけれど、これだと多数の中に埋没しちゃうよ。
しかし、こうして振り返ってみると、この人の作品の武器というかあの面白さって具体的に説明するのが難しいですよね。二巻とこの三巻、いったい何が違うのか。とりあえず、リィエルのキャラの掘り下げについてはあんまりよろしくない。彼女を扱いきれなかったのが、最大のウィークポイントだったんじゃないだろうか。少なくとも、ルミアとシスティーナの二人とリィエルが打ち解け仲を深めた描写の弱さと、リィエルの心の闇の深さの描き方、これにねちっこさが足りなかった為か、リィエルの反転のインパクトが軟いんですよねえ。あの程度でひっくり返ってしまうリィエルに危なっかしさよりも軽さを感じてしまった次第。彼女を引き止めるルミアたちとの絆も薄いため、それを振りきってしまう闇の深さも感じ取れないという往還になってしまってる。
あとねー、これはかなり偏った見方なのかもしれないけれど、クラスメイトの何人かに明確なキャラの配置の中での役割を与えてしまった事が、逆にキャラの枠や幅、関係性の自由度を限定してしまったような感じがして、眉間にシワを寄せてしまった次第。うーんでもこれって個人的な印象なんて、自信はないんですよねえ。これについては極々私的な感想ということで。
できればこのエピソードは一巻である程度決着をつけて欲しかった。これで続いてしまったのは冗長の感が否めない。全体的に微妙に物語の密度が薄かったんだよなあ、今回。
一方で、問題教師グレンをはるかに上回る常識知らず世間知らず無知無茶無謀の編入生リィエルの参入は、必然的にグレンに教師としての仕事を真面目にやらざるをえない状況に追い込むことになって、けっこうまじめに生徒のために走り回るグレンの姿を堪能できたのは楽しかった。
リィエルがちゃんと生徒の中に溶け込めるか、心を砕くグレンは何だかんだともう教師らしい考え方になっちゃってるんですよね。リィエルだけじゃなく、自分の担当クラスの生徒たちのことはよく見ていて、その生活や教室内での振る舞いなんかをきっちりチェックしていて、気を配っているんですよね。人を教える、ということについて疎かにせずに描いているあたりは、やはり好感が持てます。
できれば、次の巻はここを停滞とせずに打破していって欲しいのですが、果たして……。

1巻 2巻感想