異界の軍師の救国奇譚 (3) (角川スニーカー文庫)

【異界の軍師の救国奇譚(フェアリーテイル) 3】 語部マサユキ/ 明星かがよ 角川スニーカー文庫

Amazon

エクレアとの同盟締結の功績から開かれたティアのためのパーティー。にもかかわらず、そこで継承権争いを繰り広げるティアの兄姉たちに耕は怒り心頭!キリカと大暴れしてしまい、『炎の女王』の異名をとる長姉ジュリアに目をつけられてしまう。そんな中、闇渡りが狙う東西水神国に向かう耕だったが、そこでジュリアの秘密を知ってしまい…!?魔力を持たず女にもモテぬ主人公が、今回挑むのはお家騒動!?異世界救国奇譚第3弾!
うん、3巻まで来ても変調へず面白いなあ。火竜の長老、フットワーク軽すぎ(笑
耕くんも相変わらず、上から解決策を与えて皆を動かす、という形ではなく一緒の立場に立って考え悩み一緒になって答えを導き出す、というやり方を続けていて、これが本当に心地よい。現代でも多くの女の子たちに恋愛お助け人として頼られてたというけれど、ちょっとした回想を聞いているだけでも耕くんって助言して終わりとか、スキルを教えて終わり、てな感じじゃなくてその娘の恋愛に対する努力に一緒になって寄り添って手助けしてるんですよね。そして、その方向性をねじ曲げず、想いのベクトルを正しく支え続けるわけだ。間違っても、自分の方には向かせない。そりゃあ、手伝って貰った女の子が耕くんを好きになってしまう、なんてことはないよねえ。でも、現代の方でも彼への信頼度、親愛度はパないんじゃないかなあ。恋愛感情は無くても、男女問わずものすごく好かれていそう。
面白いことに、この異世界においても彼に対して女の子として好意を抱いてるのって、ティアくらいなんですよね。男女問わず、身分問わずにこれだけ好かれ慕われているにも関わらず。面白い属性の主人公だわ。
さて、これまでは未然にトラブル、戦争に至る不和や争いが起こる前に防ぐ形で事件を解決していた耕だけれど、今回は既に国同士で感情的な諍いが起きてしまっている東西水神国が舞台。既に起こってしまっている争いを、いかに破滅的な状況に至るまでに解消するか、という点に推移する。段々と難易度があがっているのは、闇渡りのわざとなんだろうけれど、実にいやらしいやり方である。
前巻の感想でも触れたことだけれど、ハートフルでほんわか温かな緩い空気の作品に見えて、一歩踏み出す先を間違えれば途端に地獄変となり、ハードモード、救いのない血まみれの歴史へと移行してしまう世界なのは相変わらず示唆され続けている。それが緊張感を絶やさないんですよね。登場する人物は概ね良い人ばかり。善良で聡明で優しい人達ばかりなのだけれど、それがそのまま優しい世界を約束していない、というのはなかなか冷徹な話なんだと思いますよ。どれだけ良い人ばかりでも、誤解や錯誤、立場の違いからくる視点の相違やボタンの掛け違いなどで、世界は容易に破滅してしまうのだという危うさを提示している。優しさや善意は、ただそれだけでは決して平和をもたらすものではないのだ、と。
でも、だからこそ耕たちの頑張りによって、善意によって善良さが肯定され、優しさによって優しい世界が生み出され、努力が実り、誤解が解消され、良いことをすれば良い結果がもたらされる、という当たり前の事が当たり前に成立することに、これだけの幸福感が得られるのでしょう。耕は、当たり前の事が当たり前に成り立つように、手助けしてるだけなんだよなあ。それは、でも決して簡単じゃなくて、だからこそこの上なく素晴らしい。
王家の中で不遇をかこつていたティアだけれど、ようやく家族である王族たちのティアへの態度の秘密が解けたんだけれど……姉のジュリアにしても、いやマジでこの面倒臭さはティアそっくりだわ。確かに血が繋がった姉妹だわ。痛感したw
全員が全員、根っこがこんなに面倒くさいんだったら、そりゃあ拗れるわ。解きほぐしてしまえば、本当に簡単に仲良くなれるんだけれど。その解きほぐすのを、出来る人が居なかったんだよなあ。偉いよ、ほんとに耕くんは。
ちょいと注目したいのは、例の盗賊団……王子と王女の極々狭い個人的な関係だけじゃなくて、幼い頃から一緒に遊んだ仲間たちが噛んで、みんなで一緒に目的のために動いてたんですよね。前回までもそうなんだけれど、極一部の人だけの働きじゃなくてモブに当たるような無数の人たちも一緒に、同じ気持で協力し、戦ってくれる。それが、このクライマックスでの大逆転への一体感につながるんでしょう。この作品は、そういう盛り上げ方が本当に上手いですわ。


1巻 2巻感想