ネトゲの嫁は女の子じゃないと思った? Lv.7 (電撃文庫)

【ネトゲの嫁は女の子じゃないと思った? Lv.7】 聴猫芝居/ Hisasi 電撃文庫

Amazon

結婚はアコだけの特権だと思った? ――待て、私たちだって結婚したい! 大混戦の婚活×バトルが始まる!?

もう滅茶苦茶のクリスマスを乗り越え、やっと来ましたお正月。リアルではやっぱり衣装に全ステ振りの残念美少女・亜子をはじめ、ネトゲ部員の着物姿にほっこり一息。一方、ネトゲ内では――新春記念・猫姫王国新年会が開催されていた。そこでルシアンとアコが見たのは、もはや握手会まで発生してアイドル(笑)扱いの猫姫様。大丈夫かコレ……という不安が的中、ぶちキレた猫姫は全王国民を絶望のどん底へ突き落とす一言を放った!
「何が……何が王国にゃああああああああああ!」
結婚してギルド引退にゃ、という猫姫をめぐり、ネトゲ部も参戦する大争奪戦が勃発! しかも、なぜか対抗して突如リアル婚活を始めたマスターの無駄な行動力が、輪をかけてアレな騒動を引き起こす……!? 残念で楽しい日常≒ネトゲライフ、婚活×バトルの第7弾!
このシリーズも長期安定政権になってきたなあ。しかも、ダラダラと進行するんじゃなくてキャラが馴染んできた分、むしろエンジンが快調になってきた感すらある。
だいたい、サイドキャラクターが大暴れし出した作品は面白くなるんだよなあ。前回の妹ちゃん編からこっち、脇のキャラクターにスポットを当てて物語を展開できる余裕を得た分、メインキャラにも以前にもました躍動感が出てきてるんですよね。
今回のメインは、猫姫先生。いきなり婚活騒動とか言い出すから、猫姫先生も独身生活に危機感を覚えて暴走し出したのかとおもいきや……この人、何気に先生としても妙齢の女性としてもスペック高いし、何よりすげえ余裕あるんですけど。全然ガツガツしてないじゃん! 単にマスターがいつものように暴走しただけで、先生はむしろマスターが暴走しすぎないようにお付き合いしていただけ、という大人の余裕っぷり。ってか猫姫先生、本当に今のところそのつもりがないだけで、この人が本気になったらガチですぐに結婚とか出来てしまいそうだなあ。
しかし、なんかリアルにまで猫姫キャラが侵食しだしているようなきがするのは気のせいか!?
ネトゲ内だけじゃなくて、リアルの方でも語尾にニャがつきだしていたような(笑
レスポンスが毎回素晴らしいと云いますか、あのノリの良さといじられ上手なキャラは大したもんなんですけれど、それが段々リアルの方にも出てきてしまっているような。それが、更に魅力になってるんですけどねえ。今回は一から十まで猫姫さまを堪能できたような満足感があって、妙な幸せ感がw
あと、秋山さんことセッテが最近ほんとにネトゲ内のキャラ立ってきましたよね。前はリア充サイドでネトゲは腰掛け感たっぷりだったのに、今となっては……と言ってもネトゲ廃人に染まっているわけではなく、両方をきちんと両立させているあたりがこの人の凄いところで。猫姫先生と同レベルでスペック高いんだよなあ。何気に、リアルではマスターと比肩するレベルの名家の人らしいっぽいことがチラホラと明らかになってきてるわけだけれど、リアルの方であれこれ苦労している分、このネトゲ部の方では心から肩の力抜いて楽しんでいる様子が伝わってきていて、以前のような場違い感もなくなってるし、セッテさんもイイキャラになってきたなあ、と。
それに比べて、加速度的にポンコツ度を深めていくマスター(苦笑
黒の魔術師さん、どうもマスターの事知っているっぽい伏線は回収されないまま先送りされちゃったけれど、この人誰か身近にいる人なんだろうか。ラブコメに関しては、もうメインの二人は完全にくっついて、今更他の娘たちが割って入る様子はないだけに、黒の魔術師さんの動向はちょっと気になってるんですよねえ。

1巻 6巻感想