エスケヱプ・スピヰド/異譚集 (電撃文庫)

【エスケヱプ・スピヰド/異譚集】 九岡望/吟 電撃文庫

Amazon

鬼虫達のその後を描く本編後日談と学園編を収録した、ファン必携の短編集登場!

『前夜』九曜が鬼虫として目覚める前夜を柊目線で描いた物語。
『幕間/昭和一〇一年の学校の怪談』帝都への旅の途中、九曜と叶葉が廃校で体験した一夜の不思議とは?
『幕間/迷宮電気街奇譚』廃墟の電気街・神原迷宮で九曜達が出会ったのは、機械仕掛けのメイドだった!?
『異説/私立やしま学園』もしも九曜達が普通の高校生だったら。まさかの学園編!
『後日談/ヱピグラフ』黒塚部隊との戦いで生き残った鬼虫達と叶葉は、世界を巡る旅をしていた。彼らにはある目的があって――?
電撃文庫MAGAZINE掲載の3編に加え、書き下ろし2編を収録した特別編!
というわけで、本編終了後の短篇集であります。打ち切りになった作品は終わった後にこんな風に余韻を楽しみ、作品を振り返り、味わいを思い返し、終わりの先を思う為の物語なんて出せませんからねえ。こればっかりは、きっちり完結した作品の特典かと。

【前夜】
九曜にとっての祝福だった少女・柊。蜉蝣の鬼虫に相応しく、瞬くように現れ消えていった彼女だけれど、その一瞬があまりにも鮮烈すぎて、果たしてヒロインとしての輝きはいかほどばかりだったのか、と思いを馳せるものでしたが、こうして前日譚においての天真爛漫な姿を見ていると、本格登場していたら果たしてどれだけ強烈なヒロインとして君臨していたか、とやはりIFを想像してしまいます。とはいえ、柊の場合は鬼虫みんなのヒロインという感じで、九曜一人のヒロインだった叶葉とはいい意味でかち合わなかった気がしますけれど。

【幕間/昭和一〇一年の学校の怪談】
そういえば、本編ってそれこそ本筋の話のみに徹底していて、こうした余談というか寄り道というか、本筋とは関係ない話って全然と言っていいほどなかったんですよね。それだけ、本筋の話がみっちり詰まっていたとも言えるし、わざわざ脇道に逸れてキャラを描かなくても、その本筋だけで登場人物の魅力をきっちり描けるだけ詰め込めていた、とも言えるんだけれど、こうした決して肩に力が入らない話でもちゃんと楽しい作品だったんですなあ、このシリーズ。いや、だからこそ終わった後にこうして短篇集という形で世に送り出せたんだろうけれど。オチがまたなかなか味わい深いもので。このシリーズ、人間ベースの鬼虫たちだけじゃなくて、生来機械であるはずのロボットたちにもちゃんと魂篭ってるのが好きでした。

【幕間/迷宮電気街奇譚】
これもある意味、ロボットたち機械人形たちにも魂があるのだ、と語りかけてくるような話で。方向性はいささかならず、ギャグ方面にすっ飛んでますけれど。真面目な方面だけではなく愉快な方面にもきっちり魂魄実装してます、みたいな? メイド化させられていたムキムキの機械兵士たちのその後が非常に気になるw
戦後の荒廃しながらも復興しつつ帝都、というイメージ、街の様子など九曜や叶葉たちの狭い行動範囲しか描写されていなかったので、こうして一旦とは言え帝都の復興の活況の様子を垣間見ると、なんとなくよりクリアに世界観が見えた気がして、そういう方面でも良かった話でした。あと、叶葉はプロメイドだったのか。

【異説/私立やしま学園】
凄い、学園モノに変換してもまったく違和感がない! 学生から先生にいたるまで、互換性が素晴らしい。キャラのキャパシティが想像以上に大きかったことを思い知らされた。ヤンキー先生はいいなあ(笑
ってか、先生たちが集まって視聴覚室でゲームとか、遊びすぎww
このお話、鬼虫たちもコードネームじゃなくて、人間の時の名前で呼ばれているんですけれど、お陰でこの話で人間名がちゃんと馴染むんですよね。九曜も、真一くんとして改めて頭のなかに入力出来ましたし。
お陰で、後日譚でもすんなり違和感なく入れたのはうまい構成だなあ、と。

【後日談/ヱピグラフ】
鬼虫としての名前を捨て、再び人であった頃の名を名乗り、大陸を旅する真一たち。
平和や平穏の中でちゃんと過ごせるのか心配なメンツだったのですが……ラブラブな真一と叶葉だけじゃなく、他の連中もしっかり平和を堪能して、しかもちゃんと楽しんでいたのを見て、なんだか心底安心した。
というか、このメンツで一番エンジョイしてるのが竜胆さんだった、というのに仰天だよ!! め、めちゃくちゃ旅を楽しんでるよ、この人!! あの堅物が、こんなんなるとは。もっと、平和になってやることなくなって戸惑うタイプかと思ってたのに。すんごい楽しそうだ! エンジョイしまくってる! 馬乗ってはしゃいでるよ、この人w
生きてるって素晴らしいなあ、と何故かしみじみ実感してしまった。
みんな、本当に仲いいし、当てども無い旅だけれどそれをみんな心底楽しんでいる。未来は明るい。良かったなあ、良かったなあ。本編の終わりに、さらに明るさと温もりを与えて貰った気がする。
もう、何も心配することもなく、不安に思うこともない。作者が書き切った、というのもよくわかる。あとは、もう見送るだけでいい。そんな気分。手を振って、笑って見送ろう。さようなら、よい旅を。

シリーズ感想